2017年11月08日

本「倉阪鬼一郎著 一本うどん 八丁堀浪人江戸百景」

倉阪鬼一郎著「一本うどん 八丁堀浪人江戸百景」(発行日:2014. 5.22、発行所:(株)宝島社)を読みました。これは宝島社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、つまらなかったです。と言うのは、この本、妙に明るいと言うか、明るすぎるのですね。この明るさ、佐伯泰英著「居眠り岩音江戸双紙」シリーズに似ているのですが、やはり、佐伯氏の方に分がありますね。

あ、この本、1本うどんを作る余技がある浪人が軽い事件を解決して行くと言うものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:倉阪鬼一郎
posted by matsumo at 17:29| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SP「ドボルザーク:弦楽四重奏曲第10番・第2楽章」(レナーSQ.)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしましたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは11/15(水)に自動的に削除されます。

<ドボルザーク:弦楽四重奏曲第10番・第2楽章>
レナー弦楽四重奏団
SPレコード Columbia Record S-1077

Dvorak_StringQuartet_No10_2ndMovement_LenerSQ_A_B.flac(40.6MB)
http://fast-uploader.com/file/7065683060631/
削除予定日時 2017年11月15日 16時51分54秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
ラベル:ドボルザーク
posted by matsumo at 16:59| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月 2日(木)の「小石川後楽園」(3)

前述のごとく、2017.11. 2(木)は飯田橋駅近くの「小石川後楽園」に行きました。大きな池の所に戻ります。今度は大きな池の周りを時計回りにまわりながら、撮影して行きます。

171108O.jpg

171108P.jpg

171108Q.jpg

171108R.jpg

171108S.jpg

171108T.jpg

池の中の中央の島のモミジが最も紅葉しています。

171108U.jpg

171108V.jpg

171108W.jpg

171108X.jpg

171108Y.jpg

更に進んで、池を一周して、ここでの撮影を終了とします。

171108Z.jpg

171108ZA.jpg

171108ZB.jpg

171108ZC.jpg

171108ZD.jpg

と言うことで、次回は紅葉の最盛期の時に行きたいです。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:小石川後楽園
posted by matsumo at 16:32| 東京 ☀| Comment(4) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月 5日(日)の「黒山三滝」・「役行者像」・「阿寺諏訪神社」(4)

2017.11. 5(日)、本日の朝方は白っぽいながらも全天が青空だったので、奥武蔵「大平山」の「役行者像」の撮影を目的に、「東武鉄道・越生駅→(バス)→黒山バス停→黒山三滝→大平山・役行者像→顔振峠→阿寺諏訪神社→福徳寺→西武鉄道・東吾野駅」と歩いてきました。

11:05奥武蔵グリーンラインに着きました。左折し、この舗装道路を進みます。

171108A.jpg

171108B.jpg

11:12高山不動尊との分岐点に着きましたが、舗装道路をそのまま進みます。

171108C.jpg

171108D.jpg

11:16見晴らしの良い場所に着きました。遠くに「富士山」が見えます。

171108E.jpg

そして、11:18「顔振峠」に着きました。左より、右に撮影して行きます。

171108F.jpg

171108G.jpg

171108H.jpg

今度は赤外線写真を撮ります。こちらだと、木の葉が白く写るので、クッキリとした感じになります。

171108J.jpg

171108K.jpg

171108L.jpg

反対側は紅葉が綺麗です。

171108I.jpg

少し、進んだ所からの赤外線写真です。

171108M.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:顔振峠
posted by matsumo at 16:20| 東京 ☀| Comment(0) | ハイキング・登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

本「川崎貴人著 東尋坊伝説殺人事件」

川崎貴人著「東尋坊伝説殺人事件」(発行日:2006. 1.25、発行所:有楽出版社)を読みました。これはJOY NOVELSの1冊です。

さて、感想ですが、眠気との戦いでした。これ、東京・多摩川渓谷の崖崩れ現場から、腐乱した女性の遺体が発見された。同じ頃、探偵事務所へ、行方不明になった妹を探してくれという依頼人が現れた。はじめは無関係な二つの事件に思われたが、調査を進めているうちに意外な結びつきがあることが判明すると言うものですが、政治家やその秘書、ホテル業者や会社がぐるとなって色々なことを起こしており、人身御供にされる社員までいるのですが、最後まで読んでも、どうも犯人がわからないと言う困りものでした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:川崎貴人
posted by matsumo at 15:28| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「ベートーベン:交響曲第5番」(クレンペラー指揮)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしておりますので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは11/14(火)に自動的に削除されます。

<ベートーベン:交響曲第5番>
オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団
Otto Klemprer - The Philharmonia Orchestra
1959年録音
LPレコード 東芝EMI AA5135

Beethoven_Symphony_No5_Klemperer_PhilharmoniaO_1959A_B.flac(202MB)
http://fast-uploader.com/file/7064964109992/
削除予定日時 2017年11月14日 09時09分24秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
ラベル:ベートーベン
posted by matsumo at 09:59| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月 6日(月)の「国営昭和記念公園」(1)

2017.11. 6(月)、本日も白っぽいながらも朝から青空だったので、西立川駅近くの「国営昭和記念公園」に紅葉の撮影に行ってきました。と言うのは、インターネット上の紅葉情報で、ここは「見頃」と書かれていたからです。

開園の10分程前に、西立川駅に着き、駅を出てから、国営昭和記念公園の西立川口まで間の撮影を行います。

171107O.jpg

171107P.jpg

171107Q.jpg

171107R.jpg

確かに紅葉はしていますが、期待した程、綺麗ではありません。ススキもまだ、残っています。

171107S.jpg

171107T.jpg

171107U.jpg

そして、花壇の花を撮影して、

171107V.jpg

入園券を入手し、開門を待ちます。30名程の人が並んでいます。9:31頃に開門したので、早速、中に入り、まずは、大きな池の前の紅葉を撮影します。

171107W.jpg

171107X.jpg

そして、左の方に進むと、結構、紅葉している木がある場所に着きます。

171107Y.jpg

171107Z.jpg

171107ZA.jpg

171107ZB.jpg

171107ZC.jpg

171107ZD.jpg

ここより、池に向かって左側の道を進みます。

171107ZE.jpg

そして、池と別れて進むと、

171107ZF.jpg

171107ZG.jpg

左奥に銀杏並木があるので、そちらを撮影します。

171107ZH.jpg

171107ZI.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 09:51| 東京 ☀| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月 5日(日)の「黒山三滝」・「役行者像」・「阿寺諏訪神社」(3)

2017.11. 5(日)、本日の朝方は白っぽいながらも全天が青空だったので、奥武蔵「大平山」の「役行者像」の撮影を目的に、「東武鉄道・越生駅→(バス)→黒山バス停→黒山三滝→大平山・役行者像→顔振峠→阿寺諏訪神社→福徳寺→西武鉄道・東吾野駅」と歩いてきました。

そして、10:40役行者像に着きました。

171107A.jpg

171107B.jpg

ここは大平山の頂上ですが、本当の頂上は像の後の高い場所です。しかしながら、そこは入場禁止となっています。

像は石造りで、左より、不動尊、

171107C.jpg

鬼、

171107D.jpg

中央のちょっと奥まった所に、役行者像、

171107H.jpg

171107E.jpg

鬼、

171107F.jpg

やや離れた場所に石仏があります。

171107G.jpg

10:49ここを発ち、奥武蔵グリーンラインに向かいます。

171107I.jpg

171107J.jpg

171107K.jpg

桟道かと思ったら、崖みたいな所の安全のためにもうけられたようです。

171107L.jpg

171107M.jpg

171107N.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 09:35| 東京 ☀| Comment(2) | ハイキング・登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

本「猪熊隆之著 山の天気にだまされるな! 気象情報の落とし穴を知っていますか?」

猪熊隆之著「山の天気にだまされるな! 気象情報の落とし穴を知っていますか?」(発行日:2016.12. 1、発行所:(株)山と渓谷社)を読みました。

さて、感想ですが、面白かったです。しかしながら、最後の方に、あのエベレスト下山家として有名な栗城史多氏のエベレスト登山における天気予報を担当していた旨が書かれていたので、いっぺんにううん、この本に書かれていること、まともなのかと疑ってしまいました。勿論、栗城氏とは商売でやっているのでしょうか、でも、やはり、そういうことをやっていると、信頼性がなくなってしまいますね。

この本の中では、山で雷にあった時の対処法が書かれていますが、耳に手を当ててしゃがむのが最も良いのだそうです。大昔、私は小海線・清里駅近くの飯盛山に登っている最中に雷雨にあったことがあり、その時は雷が遠い内にドンドン下り、平らな場所の灌木地帯で傘を差して座り込みましたが、その時は雹まで降って来た上、雷も結構近くに落ちました。あのような目には二度と遭いたくないです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:猪熊隆之
posted by matsumo at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日(火)の「虎ノ門金刀比羅宮」の「大祭」の里神楽「三番叟」の映像

前述のごとく、2017.10.10(火)は地下鉄「虎ノ門駅」近くの「虎ノ門 金刀比羅宮」の大祭で、10時・13時・16時からは神楽殿で「相模流 里神楽 萩原」による「里神楽」が奉納され、11時・14時からは境内を踊りながら練り歩く「おかめ・ひょっとこ民踊行列」が、そして、12時に神職さん達が境内を行列しながら進んで拝殿に入って「大祭式」が行われるとのことで、コンパクトデジカメ「キヤノン:PowerShot SX20IS」を持参して、映像の撮影を行ってきました。

10時からの回の里神楽を撮影しようと思って、神楽殿の前で待っていると、昨年と同様に定刻より6分早い9:54に太鼓・鼓・笛を吹く奏者達による演奏が始まりました。3分程でそれは終わり、すぐに、また、演奏が始まり、奥から派手な衣装の舞手が現れ、踊りが始まりました。あ、演目は「三番叟」です。20分間で終わりましたが、途中、乱れた衣装を整える時間が入ったので、前半と後半に分けることができたので、まずはその前半です。



後半です。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする