2017年09月11日

2017年 9月11日(月)の「ランチタイムコンサート 五線譜からのメッセージ」

2017. 9.11(月)、地下鉄「東新宿駅」近くの「新宿文化センター・大ホール」にて、「ランチタイムコンサート 五線譜からのメッセージ」を聴いてきました。

170911ZD.jpg

聴衆の入りは200人程度で、演奏された曲は以下です。

(1)シューベルト:アヴェ・マリア
(2)ガーシュイン(ハイフェッツ編):3つのプレリュード
(3)武満徹:悲歌
(4)ブラームス;バイオリンソナタ第2番
(5)ラヴェル:ツィガーヌ
(6)エルガー:愛の挨拶
宮本めぐみ(vn)、松岡あさひ(pf)

さて、感想ですが、(1)は期待していたのですが、残念ながらバイオリンが響かなかった上、ピアノの音が大きすぎて、全体的に全く期待はずれの演奏でした。

(2)はラグ・タイム風な感じの曲で、中々、面白かったです。

(3)はこんな曲ばかり作るから、いくら経っても、演奏されないのだと思いました。これに比べれば、所謂、ポピュラー音楽の作曲家の方が演奏されるだけ、マシですね。

(4)はブラームスと言うのに、ウッウッとしたものは感じない代物で、ダメな演奏の典型と言うべきものでした。

(5)は技巧、技巧で、演奏者としては面白いのかもしれませんが、聴く方としては、同じジプシーを扱ったものとしては、「サラサーテ:チゴイネルワイゼン」の方が余程、良いと思いました。

(6)はアンコール曲で、ホッとしたせいか、演奏もリラックスした感じで、ようやく、音楽が聴けた感じがしました。

と言うことで、本日は(6)が聴けたとは言え、それまではほぼガッカリの連続でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
なお、ピアニストですが、この名前だと女性のような気がしますが、実際は男でした。


posted by matsumo at 16:37| 東京 ☀| Comment(2) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月20日(木)の「浮間公園」から自宅まで(2)

前述のごとく、2017年 4月20日(木)は浮間舟渡駅近くの「浮間公園」に八重桜の撮影に行ったのですが、その後は、埼京線の線路伝いに進んで北赤羽、赤羽駅、王子駅と経由して、家まで歩いて戻りました。

北赤羽駅を過ぎ、川を渡ると、道は大きく右に曲がって、南下することとなります。すぐに「赤羽台桜並木公園」に着きます。ここは、黄色い「山吹」の花のほか、

170911U.jpg

「八重桜」の木が何本かありますが、残念ながら、花は盛りを過ぎていました。

170911X.jpg

170911V.jpg

170911W.jpg

170911Y.jpg

170911Z.jpg

170911ZC.jpg

白い花や、

170911ZA.jpg

「柳」の新緑が綺麗でした。

170911ZB.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:23| 東京 ☀| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 9月 3日(日)の「御岳山」(10)

前述のごとく、2017. 9. 3(日)は青梅線「御嶽駅」よりバスとケーブルカーを乗り継いで、「御岳山」に「レンゲショウマ」の撮影に行ってきました。

川(多摩川)の側の遊歩道を下流方向、すなわち、御嶽駅方向に進みます。

170911A.jpg

170911B.jpg

170911C.jpg

170911D.jpg

「ススキ」が綺麗です。

170911E.jpg

170911F.jpg

170911G.jpg

170911H.jpg

白い花が咲いています。

170911I.jpg

170911Q.jpg

170911J.jpg

また、ススキが沢山、生えている場所に着きました。

170911M.jpg

170911K.jpg

170911L.jpg

170911N.jpg

170911P.jpg

170911O.jpg

12:34御嶽駅前の橋「御岳橋」の下に着きました。

170911R.jpg

170911S.jpg

170911T.jpg

ここより階段を上がって、12:35御嶽駅に戻りました。

12:51発青梅行普通列車に乗り。13:08青梅駅着。13:13発立川行普通列車に乗り、13:45立川駅着。13:49発東京行特別快速に乗り、14:11新宿駅に戻りました。

本日は朝、目覚めた時の青空が続かず、一時期、曇り空になってしまいましたが、それでも、目当てだったレンゲショウマは、既に終わっていても不思議ではなかったのですが、それでも、まあまあの状態で撮影できたので、ヨシとすべきだと思います。また、私が下った表登山道ですが、ここ登ってくる人達が結構、多かった上、その半分位は白人系の外人で、高尾山だけではなく、この御岳山まで外人達に浸食されるようになったのには驚きました。

また、デジカメですが、今回は荷物を少しでも軽くするために、赤外線デジカメとレンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF5」+「パナソニック:G VARIO 12-32mmF3.5-5.6」の組み合わせだったのですが、このパナソニックのレンズ、マクロ撮影ができないため、花のクローズアップ写真が撮れませんでした。普通のコンデジだと、マクロ撮影ができるものが多いので、これもてっきりできると誤解していたのが原因です。このため、とりあえず、既に入手済みのレンズフィルター形式のクローズアップレンズ「ケンコー:クローズアップレンズ No.3 52mmφ」をこのレンズの前に取り付けて対応することとしましたが、このレンズのフィルター径は37mmφと珍しいものであるため、ステップアップリング37→52mmを入手することとしました。

以上は、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF5」+「パナソニック:G VARIO 12-32mmF3.5-5.6」、「ペンタックスリコーイメージング:PENTAX K-5」(赤外線写真用改造済)+「HOYA:smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6 ALII」+「NEEWER:IR850nm」(ISO:800、WB:直射日光が当たっている芝生を白く写るように設定、絞り:F9、シャッター速度:AE、ライブビューによるAF)で撮ったものを、画像ソフトを使用してコントラストを上げたものです。また、後者より、赤外線フィルターを外し、また、WB:白熱電球で撮ったものもあります。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:御岳山
posted by matsumo at 15:33| 東京 ☀| Comment(0) | ハイキング・登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

2010年 9月 6日(月)の「京都」の大きな写真

前述のごとく、2010年 9月 6日(月)は京都市内の東山、すなわち、「知恩院」、「平安神宮」、「南禅寺」、「疎水」等を歩きました。

170910ZG.jpg

そこで撮った写真16枚です。

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=0353e0d0-5b9c-4395-a222-aa0201f3dced

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:京都
posted by matsumo at 09:14| 東京 ☀| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「ベートーベン:交響曲第5番」(ワルター指揮)

LPレコードの収録時間は片面約30分間、両面で約1時間と言うこと、その曲の有名さと演奏時間の関係から、「ベートーベン:交響曲第5番」と「シューベルト:交響曲第8番」の組み合わせが、「運命/未完成」と言うことで、黄金の組み合わせでした。

その「ベートーベン:交響曲第5番」を「ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団」が演奏・録音したLPを

170910ZF.jpg

演奏・録音・再生したもの「Beethoven_Symphony_No5_Walter_Columbia_so_1958A.mp3(30.1MB)」を以下のURLにupしたので(sound1149)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcVnVBS09ZeUc4ZXc?usp=sharing
ラベル:ベートーベン
posted by matsumo at 08:44| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月14日(金)の「染井吉野記念公園」

2017. 4.14(金)は「滝野川」近辺の撮影後は駒込近辺の撮影を行いました。内、駒込駅前の「染井吉野記念公園」です。

ここには、染井吉野は勿論ありますが、

170910U.jpg

170910T.jpg

170910V.jpg

ここは何と言っても、「花海棠」です。

170910X.jpg

170910W.jpg

170910Y.jpg

170910Z.jpg

170910Z.jpg

ここには何本かの花海棠があり、残念ながら盛りはやや過ぎていましたが、青空の下、ピンク色の花が映えていました。

170910ZC.jpg

170910ZB.jpg

170910ZE.jpg

170910ZD.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 08:25| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 9月 3日(日)の「御岳山」(9)

前述のごとく、2017. 9. 3(日)は青梅線「御嶽駅」よりバスとケーブルカーを乗り継いで、「御岳山」に「レンゲショウマ」の撮影に行ってきました。

沢の流れが見える場所より更に下ります。

170910A.jpg

また、沢の流れが見える場所に着きました。ここは私の好きな場所なのですが、木や草が大きくなってきたのか、以前ほどではないような気がします。

170910B.jpg

170910C.jpg

170910D.jpg

170910E.jpg

更に、下ります。

170910F.jpg

吉野街道との交差点間近に石仏があります(12:10)。

170910G.jpg

左側です。

170910H.jpg

170910I.jpg

右側です。

170910J.jpg

170910K.jpg

吉野街道を渡ると、例年通り、「キバナコスモス」の花が咲いています(12:11)。

170910L.jpg

170910M.jpg

170910N.jpg

ここより、川に下る細い道を下ります。色々な花が咲いています。

170910O.jpg

170910P.jpg

170910Q.jpg

170910R.jpg

川に着いたので、橋を渡ります(12:14)。

170910S.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 08:08| 東京 ☀| Comment(0) | ハイキング・登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

2010年 8月23日(月)の「諏訪大社」と「万治の石仏」の大きな写真

前述のごとく、2010年 8月23日(月)は「中央線・下諏訪駅→諏訪大社下社秋宮→諏訪大社下社春宮→万治の石仏→諏訪大社下社春宮→下諏訪駅」と歩きました。

170909ZI.jpg

そこで撮った「諏訪大社下社秋宮」・「諏訪大社下社春宮」、「万治の石仏」の写真9枚です。

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=5e1d919a-7f1d-435b-9793-d2a4b4dac2fb

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:36| 東京 🌁| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムック本「日本の貨幣コレクション 第1号」を入手

日本の貨幣のレプリカが付録として付いている「日本の貨幣コレクション 第1号」(発行所:アシェット・コレクション・ジャパン)を巣鴨駅前の書店「成文堂」にて税込み190円で入手しました。

170909ZD.jpg

この号には、明治3年発行の「20圓金貨」のレプリカが付いていました。中国製のレプリカと言うことで、私はてっきりプラスティック製だと思っていたのですが、一応、金属製でそれに金色のメッキを施したものでした。このため、見た目もよくできています。

170909ZG.jpg

第1号は税込み190円でしたが、第2号からは990円と約5倍に値上がりするので、勿論、入手するつもりはないのですが、付録の貨幣は、和銅開珎、八咫烏50銭銀貨、貿易銀、元禄一分金、隆平永宝、新20円金貨、旧10円金貨、新5円金貨、饒益神宝、水戸虎銭、甲州一分金のレプリカと続くのだそうです。また、買い続けると、慶長小判や天正大判、開基勝宝のレプリカももらえるのだそうです。

なお、大昔のバブル時代に10万円金貨が発行されましたが、それとの比較で、「20圓金貨」の方がかなり大きいようです。

170909ZH.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:11| 東京 🌁| Comment(2) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする