2018年11月08日

2018年11月 7日(水)の「チャイコフスキー 偉大な芸術家の思い出に 〜贅沢なトリオが贈るロシア音楽の真髄〜」

2018.11. 7(水)、王子駅近くの「北とぴあ・さくらホール」にて「チャイコフスキー 偉大な芸術家の思い出に 〜贅沢なトリオが贈るロシア音楽の真髄〜」を聴いてきました。

181108ZD.jpg

聴衆の入りは私がいた2階席では座席の3割程度と寂しいものでしたが、1階席は私の席から見える範囲では満席に近い状態でした。さて、演奏された曲は以下です。

(1)プロコヒエフ:チェロソナタ ハ長調 op.119
(2)プロコフエフ:バイオリンソナタ第2番
(3)チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調「偉大な芸術家の思い出に」
川久保賜紀(vn)、遠藤真理(vc)、上原彩子(pf)

さて、今回は女性3人組と言うことと、この演奏会のパンフレット、そして、私が持っている川久保氏のデビューCDから、ビュジュアル系のアーティストによるコンサートと言うイメージでしたので、双眼鏡を持参して、2階席から奏者を見ました。しかしながら、川久保氏は私の持っているCDの頃より随分、年取っていてガッカリ状態、また、他の奏者も双眼鏡で見る必要はないと思われる状態でした。また、着ているものですが、前半は3人共、地味な色のロングドレスで、上原氏は黒、川久保氏は濃い緑っぽい色、遠藤氏は灰色みたいな色のものでした。しかしながら、遠藤氏のドレスは両肩丸出しのものでした。休みの後の後半は何と遠藤氏と上原氏は橙色、川久保氏は暗めの赤い色のロンドドレスに着替えたのには驚きました。やはり、ビュジュアル系だと思いましたが、それでも、地味な色のものより華やかなものの方が良いですね。

さて、演奏の感想ですが、(1)は曲自体は私にとってはひどい代物の上、ピアノの音が大きめでしたので、チェロの音の半分位は聞こえない感じでした。

(2)もプロコフエフと言うことで、全く期待していなかったのですが、こちらの方はバイオリンの音もよく聞こえ、曲自体も(1)よりはマシで、一部、聴かせどころもあって、中々でした。

(3)は本日のメイン曲で、期待していたものです。(1)と同様にチェロの音はピアノの音にかき消されていまった箇所も多かったのですが、全体的には中々の演奏で、第1楽章と、曲の終わりの方が良かったです。

と言うことで、奏者の容姿にはガッカリでしたが、演奏の方は(3)を聴けて良かったです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:41| 東京 ☀| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD”ワーグナー:楽劇「ラインの黄金」”(フルトベングラー指揮)

CD時代になり、SPレコードや放送局のアセテート盤から作成されたCDが大量に発売されましたが、「オーパス蔵」等のマイナーレーベルのものを除いて、大手レコード会社が発売しているものは、SP雑音やアセテート盤雑音に対する強力な雑音除去処理が行われていることにより、高い音が出ない上、生気が無くなったものが多く、聴いてガッカリと言うものが頻発しています。これに対応するため、「CDプレーヤー→真空管式ラインアンプ→WAVE Recorder」で録音し、できたをWAVEファイル(24bit・48KHz)をパソコンに移動し、グラフィックイコライザーで高域を上げて、まもとに聴けるもの作成することとしました。

すなわち、所謂、真空管アンプでは歪みとして二次高調波が加わり、これは楽器の倍音と似た関係なので、真空管アンプを通すと、倍音みたいなものが加わると考えられ、更に、グラフィックイコライザーで高域部を上げることにより、強力な雑音処理により削除されてしまった高域を加えると言うものです。

と言うことで、真空管ラインアンプとして、中国製ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」を使用し、”CDプレーヤー「SONY:CDP-XE700」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイルを作成し、それをパソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げることとしました。

その第24弾です。

ワーグナー:楽劇「ラインの黄金」
ウイルヘルム・フルトベングラー指揮ミラノスカラ座管弦楽団
ヘルディナンド・フランツ(BsBr)、エリザベス・ヘンゲン(MS)
1950年録音
Gebhardt JGCD 0018-12

第1場・第2場
Wagner_Rheingold_Scine1_2_Furtwangler_MilanoScala_O_1950_Tube01J+GEQ.flac
http://fast-uploader.com/file/7097200635293/
削除予定日時 2018年11月15日 11時44分49秒

第3場・第4場
Wagner_Rheingold_Scine3_4_Furtwangler_MilanoScala_O_1950_Tube01J+GEQ.flac
http://fast-uploader.com/file/7097201427168/
削除予定日時 2018年11月15日 11時58分01秒

歌手の配役
http://fast-uploader.com/file/7097201474370/
posted by matsumo at 17:23| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

最近の入手品

最近の入手品です。

181107ZC.jpg

すなわち、秋葉原のヨドバシカメラで税込み8,640円で入手した日本語ワープロソフト「一太郎2018 バージョンアップ版」と、秋葉原のパソコン部品店「ark!」で税込み4,800円で入手した「東芝:1TB-2.5インチハードディスク本体」です。

パソコン用の市販ソフトを入手するのは10年振り以上だと思いますが(私のパソコンの使い方だと、インターネットにupするための文章書きはフリーソフトのエデッタ、Officeソフトは何か、入手した時に付いてきた「Kingsoft Office」、ホームページの作成は大昔の市販ソフト「ホームページ・ビルダー」、写真編集用の画像ソフトは全てフリーソフト、映像の編集もフリーソフト、WAVE Recorderで作成したWAVEファイルの声編集はWAVE Recorderについてきた編集ソフト、デジカメのRAWデータの現像はデジカメに付いてきた現像ソフトと言う訳で、新たに市販ソフトを入手する必要がなかったので)、以前は分厚いマニュアル本が入っていたのに、今は薄い紙とDVD-ROMしか入っていないのには驚きました。こんなものしか入っていないのであれば、大きな箱に入れずに、市販CD用のプラスチックケースに入れての販売で十分だと思いました。あ、これを入手した理由は、近い内にノートパソコンを入手する予定で、それにATOKを入れる為です。私が現在、使用しているATOKは大昔のものなので、64bitのWindowsパソコンでは使えないそうですので。

後者は、現在、使用中のノートパソコン4台の内の1台の内蔵ハードディスクが調子悪くなったので、そのハードディスクを入れ替える為です。当初、日本amazonから入手しようと思ったのですが、送料税込みで5.210円でした。それが秋葉原に行って、最初に入った店で、税込み4,800円と400円も安かったので、早速、入手したと言う訳です。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 09:46| 東京 ☁| Comment(2) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「ベートーベン:交響曲第9番」(クライバー指揮)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしましたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは11/18(日)に自動的に削除されます。

<ベートーベン:交響曲第9番>
エーリッヒ・クライバー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団,ヒルデ・ギューデン(S),ジークリンデ・ワーグナー(A),アントン・デルモータ(T),ルードウィッヒ・ウェーバー(Bs),ウィーン・ムジークフロイデ協会合唱団
1952年録音
LPレコード キングレコード MR5057

Beethoven_Symphony_No9_Kleiber_1952AB.flac(237MB)
http://fast-uploader.com/file/7095466772815/
削除予定日時 2018年11月18日 10時07分07秒

<使用機器>
Player:KENWOOD KP-1100,Cartridge:Audio-Technica AT-3M
Amplifier:Marantz PM78,Wave Recorder:Roland EDIROL R-09
いずれも普及価格帯品です。

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
posted by matsumo at 09:13| 東京 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月 3日(土)の「皇居東御苑」(3)

posted by matsumo at 08:52| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする