2017年04月25日

2017年 4月25日(火)の「西新井大師」(1)

2017. 4.25(火)、もう遅いのではと思ったのですが、とりあえあず、本日は朝から雲が多いながらも時々、直射日光が射す状態だったので、東武鉄道「大師前駅」近くの「西新井大師」の境内の牡丹園の花の撮影に行ってきました。

現地に9:15頃に西新井大師の境内に着いたのですが、

170425M.jpg

まだ、「第一牡丹園」は開門しておらず、開門は10時からと書いてあります、このため、本堂前の「藤棚」の撮影を行います。

170425O.jpg

170425P.jpg

170425Q.jpg

170425R.jpg

ここには牡丹園が3つあり、第二、第三牡丹園は自由に入れますが、驚いたことに第二牡丹園の隣にあったオオデマリと八重桜の木が撤去されています! このそばに大きな山門があり、これを本堂寄りに移動させるために、撤去されてしまったようです。ううん、このオオデマリと八重桜を合わせて撮るのが好きだったのに残念です。

9:30になり、第一牡丹園が開門されたので、中に入ります。ううん、書いてある時刻より30分前です。人が少ない内に、広い景色を撮影します。

170425A.jpg

170425D.jpg

170425B.jpg

170425E.jpg

170425C.jpg

170425F.jpg

西新井大師のホームページには4/22(土)に「当山の牡丹が見頃を迎えました」と書かれていたのですが、やはり、その後に雨が降ったこともあり、もう盛りは完全に過ぎています。

170425G.jpg

170425H.jpg

170425J.jpg

170425I.jpg

170425K.jpg

170425L.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:西新井大師
posted by matsumo at 19:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

本「久坂部羊著 ブラック・ジャックは遠かった 阪大医学生ふらふら青春記」

久坂部羊著「ブラック・ジャックは遠かった 阪大医学生ふらふら青春記」(発行日:2016. 2. 1、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。著者は医師だったとのことで、私はてっきり、医師の卵の頃の話だと思ったのですが、その部分は意外に少なく、実際は、それを含めた青春騒動記と言う趣の本でした。

これを読んで知った重要なことは、大学病院は治る患者は入院させるが、治りそうもない患者はさっさと追い出すと言うことです。ううん、大学病院に入りたい重症患者は沢山いるので仕方がないことでしょうが、患者やその家族からみれば、やはり、酷すぎる話ですね。

後、全身麻酔の場合、筋弛緩剤を使って全身の筋肉を緩めないと、例えば、腹部の手術の場合、メスを入れると腸が飛び出してくのだそうです。筋弛緩剤を使うと呼吸筋もゆるむので、口から気管にチューブを入れて人工呼吸を行わなければならないのだそうです。全身麻酔を行うと、寿命が何年分か減ると言われていますが、よくわかりますね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:久坂部羊
posted by matsumo at 19:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の入手品

最近の入手品です。

170424ZB.jpg

すなわち、秋葉原の「杉元ガレージ」で税込み300円で入手した交換レンズと、日本amazonで送料税込み1,327円で入手した、WAVE Recorder用の「ウィンドスクリーン」(風よけ)です。

前者はキャノンのFLマウントの交換レンズですが、このレンズを取り付けることのできるカメラやデジカメ、あるいは、マウントアダプターを持っていないので、「パナソニック:LUMIX GF5」に取り付けるためのマウントアダプターを日本amazonに発注しましたが、これが、何と、送料税込み1,836円もしますので、ううん、本体が300円は安いですが、最終的に300+1,836=2,136円もかかると言う高い買い物になりました(苦笑)。

後者は、「ティアック:TASCAM DR-07Mk2」で使用するために入手したものです。この手の人工毛皮で出来ているものは強風でも風による雑音が入りにくいと言う高い性能があるのですが、今までは3,000円以上と高かったので、入手できず、その代わりに、スポンジ製の1個170円位のものをしていましたが、先日、日本amazonをチェックしていたところ、1,300円強と、昔よりかなり安くなっていたので、入手したと言う訳です。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 3月24日(金)の「旧古河庭園」・「妙義神社」・「駒込富士神社」

2017. 3.24(金)は、まず、上中里駅近くの「旧古河庭園」に行きました。石造りの洋館の横の「枝垂れ桜」は、まだ五分咲き程度です。

170424Q.jpg

170424R.jpg

170424S.jpg

ここより、本郷通りを南下します。霜降り商店街の入口を過ぎた所を右折すると、「駒込妙義神社」(東京都豊島区駒込3-16-16)がありますが、境内の枝垂れ桜は七分咲き程度でしょうか。

170424T.jpg

更に、本郷通りを南下し、駒込駅前を過ぎ、不忍通りとの交差点を過ぎ、しばらく進んだ所を左折すれば、「駒込富士神社」(東京都文京区本駒込5-7-20)です。

170424U.jpg

ここには沢山のダイコンの花が咲いていますが、今はやはり、桜の一種「陽光」です。

170424V.jpg

170424W.jpg

170424X.jpg

陽光は染井吉野と比較して、ピンク色が濃いですし、光り輝いている感じなので、桜の中では、紅枝垂れ桜の次に好きな桜です。

170424Y.jpg

170424Z.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月16日(日)の「高尾山」と「裏高尾」(4)

前述のごとく、2017. 4.16(日)は「高尾山」と「裏高尾」に「山桜」と「山ツツジ」の撮影に行ってきました。

このほか、小仏城山の頂上には花壇があります。

170424A.jpg

170424B.jpg

170424C.jpg

170424E.jpg

ここはよく整備されていて、大抵は何らかの花が咲いていますが、特に春は咲いている花の数が多いです。

170424F.jpg

170424G.jpg

170424H.jpg

170424I.jpg

10:59ここを発ち、咲いている花を咲きながら、日影林道を下ります。「キブシ」の花が咲いていました。

170424J.jpg

11:19自動車の通行止めのためのゲートを過ぎ、11:36水場に着きました。

170424L.jpg

この辺りより、小さな白い花の群落が目立つようになり、特に、沢づたいに多いです。

170424M.jpg

170424N.jpg

11:46キャンプ場を過ぎ、

170424O.jpg

11:53道路に出ました。

ちょうど、「ミツバツツジ」が咲いています。

170424P.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:小仏城山
posted by matsumo at 17:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング・登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

本”関裕二著 検証! 古代史「十大遺跡」の謎 三内丸山、荒神谷、纒向、平城京・・・”

関裕二著”検証! 古代史「十大遺跡」の謎 三内丸山、荒神谷、纒向、平城京・・・”(発行日:2016. 5.11、発行所:(株)PHP研究所)を読みました。これはPHP文庫の1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。これ、三内丸山遺跡、板付遺跡、荒神谷遺跡、吉野ヶ里遺跡、纒向遺跡、鬼ノ城、箸墓古墳、稲荷山古墳、藤ノ木古墳、藤原京等を扱っているもので、私が知らなかったことが結構、書かれていました。

すなわち、荒神谷遺跡から大量の銅剣が出たことは知っていましたが、それらにはタガネ状の工具で×印を刻まれていること、吉備津彦命を祭っている吉備津神社の釜殿には、彼が殺した鬼ヶ城に住んでいた温羅の首が埋められている等は全く知りませんでした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:関裕二
posted by matsumo at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月22日(土)の「レ・クロッシュ リサイタル 〜ピアノとチェロの世界〜」

2017. 4.22(土)、田端駅と駒込駅の中間位の所にある「田端ふれあい館・第1ホール」にて「第236回 まちかどコンサート レ・クロッシュ リサイタル 〜ピアノとチェロの世界〜」を聴いてきました。

170412ZJ.jpg

聴衆の入りは100名位で、演奏された曲は以下です。

(1)アーン:私の詩に翼があったなら
(2)フォーレ:ロマンス op.69
(3)フォーレ:エレジー
(4)マルティーニ:愛の喜び
(5)トスティ:夢
(6)シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ
(7)サンサーンス:歌劇「サムソンとデリラ」より「あなたの声に心が開く」
レ・クロッシュ[宇宿真紀子(pf)、宇宿直彰(vc)]

さて、感想ですが、このチェリスト、テクニックがあまり無いのか、音が出る前に高い音を出すとか、音程が微妙に異なっているとか、聴いていて、「あれ」と思う箇所が5ヶ所ではきかなたかったです。ううん、この奏者達、自主制作なのかもしれませんが、6枚のCDを出していると言うことですから、それなりに評価されている人達だと思うのですが、変な音が時々あるのには参りました。これでは安心して聴いていられません。

しかしながら、そのような状況でも、いつもとは異なり、狭い場所で聴くことから、チエロから5m位の所ですので、やはり、すごい迫力でした。特に良かったのが(3)で、(6)も第3楽章は素晴らしかったです。なお、(7)はアンコール曲です。

と言うことで、全体的にはややガッカリなコンサートでした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月21日(金)の「東京国立博物館」

前述のごとく、2017. 4.21(金)は上野駅近くの「東京国立博物館・平成館」にて「特別展 茶の湯」を観てきましたが、曇り空ながら、撮影を行っています。

ここは、企画展は撮影禁止ですが、平常展では、展示品の大部分は撮影OKです。まずは、本館の展示品です。

170412X.jpg

源氏物語が描かれた屏風です。

170412Y.jpg

そして、東洋館のガンダーラ仏です。

170412Z.jpg

170412ZA.jpg

その後は、裏庭を撮影しました。ツツジです。

170412ZB.jpg

170412ZC.jpg

170412ZD.jpg

170412ZE.jpg

「シャガ」です。

170412ZF.jpg

そして、表庭です。

170412ZG.jpg

170412ZI.jpg

170412ZH.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

以上は、「レンズ+CCD」ユニット交換式コンパクトデジカメ「リコー:GXR」+「リコー:RICOH LENS P10 4.9-52.5mm F3.5-5.6VC」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:28| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月23日(日)の「旧芝離宮恩賜庭園」(1)

2017. 4.23(日)、昨日の夜は雨が降っていましたが、本日は朝から青空となったので、「牡丹」の花の撮影を主な目的として、まずは、浜松町駅に行き、その後は、「旧芝離宮恩賜庭園→浜離宮恩賜庭園→銀座→日本橋→秋葉原→旧岩崎邸庭園→谷中」と進み、家まで歩きました。

と言うことで、まずは、浜町駅前の「旧芝離宮恩賜庭園」です。「ツツジ」は園内の所々にあり、ほぼ満開状態です。

170412A.jpg

170412B.jpg

170412F.jpg

170412C.jpg

170412D.jpg

170412G.jpg

また、「八重桜」は最盛期をやや過ぎたあたりでしたが、それでも、青空の下、輝いていました。

170412H.jpg

170412I.jpg

170412J.jpg

170412K.jpg

ここの「牡丹」は奧の小山みたいな場所の山腹に、沢山、植えられているのですが、昨日の夜の雨のせいもあり、盛りを過ぎた感じでした。

170412M.jpg

170412N.jpg

170412O.jpg

170412P.jpg

170412Q.jpg

私が好きな牡丹の花はピンク色のものですが、それは状態が悪いものが多く、赤いものの方が状態が良いのが残念でした。

170412R.jpg

170412S.jpg

170412T.jpg

170412U.jpg

170412V.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

本「木谷恭介著 京都高瀬川殺人事件」

木谷恭介著「京都高瀬川殺人事件」(発行日:2005.12.25、発行所:有楽出版社)を読みました。これはJOY NOVELSの1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。これ、宮之原警部シリーズの1冊で、勿論、殺人事件を宮之原警部が解決すると言うものです。

あ、話は清水寺・音羽の滝で、クラブを経営する女性が青酸カリで死んだが、彼女には三年前にガス漏れでビルを全焼させたという疑いがあり、勿論、その時は沢山の保険金を受領していたと言うことから始まります。それにしても、音羽の滝で、青酸カリで死んだら、それこそ、大混乱になるでしょうね。普通だったら、滝の水に毒が入っていたと言うことになりますし。

また、これ、結局、土地の取引が原因なのですが、土地に関係する輩って、現実も禄な人がいない感じがします。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:木谷恭介
posted by matsumo at 18:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする