2017年07月15日

本「童門冬二著 水戸黄門異聞」

童門冬二著「水戸黄門異聞」(発行日:2000. 2.15、発行所:(株)講談社)を読みました。これは講談社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、つまらなかったです。これ、短編集で8編が収録されているのですが、そのいずれもつまらなすぎです。加えて、この本、あまりに文章が少ないためか、文字を普通の大きさの倍位にして、少しでも厚くなるようにしていると言う代物で、文字があまりに大きいので、読みにくいこと、甚だしかったです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:童門冬二
posted by matsumo at 09:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 7月12日(水)の「東京文化会館 上野 de クラシック」

2017. 7.12(水)、上野駅近くの「東京文化会館・小ホール」にて、「東京文化会館 上野 de クラシック」を聴いてきました。

170715W.jpg

聴衆の入りは満席で、演奏された曲は以下です。

(1)J.S.バッハ:イタリア協奏曲
(2)グリーグ:「抒情小曲集」より「アリエッタ」・「蝶々」・「こびとの行進」・「愛の調べ」・「トロルハイゲンの婚礼の日」
(3)シューベルト:幻想曲ハ長調「さすらい人幻想曲」
(4)グリーグ:「抒情小曲集」より「ハリング」
西村翔太郎(pf)

さて、感想ですが、まあまあでした。ただし、久しぶりに演奏途中で携帯電話の呼び出し音を鳴らす人がいたのには参りましたが。

(1)は元はチェンバロ曲ですが、ピアノで演奏しても中々、聴かせてくれました。と言うか、ピアノで演奏すれば十分だと思いました。

(2)は全部で66曲もあるのだそうですが、演奏された5曲を聴いた限りでは、似たような感じの「メンデルスゾーン:無言歌集」の方が遙かに私に合っていると思いました。

(3)はシューベルトの曲にしては浅い感じですが、それでも、やはり、ダイナミックさにおいて、傑作だと思いました。演奏も熱が籠もった素晴らしいものでした。

(4)は勿論、アンコール曲で、(2)よりは良かったです。

と言うことで、本日は(3)を聴けたことが収穫でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 08:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 3月23日(木)の「飛鳥山公園」と「無量寺」

2017. 3.23(木)、王子駅近くの「飛鳥山公園」に行くと「サンシュユ」の花が咲いていました。

170715O.jpg

170715P.jpg

170715Q.jpg

ここより、南下します。

170715R.jpg

170715S.jpg

170715T.jpg

上中里駅近くの「無量寺」(東京都北区西ケ原1-34-8)に行くと、「陽光」の花が咲いていました。

170715U.jpg

170715V.jpg

以上は、「レンズ+CCD」ユニット交換式コンパクトデジカメ「リコー:GXR」+「リコー:RICOH LENS P10 4.9-52.5mm F3.5-5.6VC」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 08:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 7月14日(金)の「不忍池」(1)

2017. 7.14(金)、いつもより早め、すなわち、朝の9時半頃に上野駅近くの「不忍池」に「蓮」の花の撮影に行ってきました。

170715A.jpg

170715B.jpg

170715C.jpg

170715D.jpg

170715E.jpg

やはり、朝、早い方が蓮の花は咲いています。

170715G.jpg

170715H.jpg

170715I.jpg

170715J.jpg

ここの蓮の花は、弁天堂近くと、その反対側の桟橋みたいのが池に突き出ている場所が撮りやすいです。

170715K.jpg

170715L.jpg

170715M.jpg

170715N.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:不忍池
posted by matsumo at 08:13| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

本「浜辺祐一著 救命センター部長ファイル」

浜辺祐一著「救命センター部長ファイル」(発行日:2008. 6.30、発行所:(株)集英社)を読みました。これは集英社文庫の1冊です。著者は現役の救急救命医で、第三次救急である「都立墨東病院救急救命センター」で活動している方のようです。

さて、感想ですが、つまらなかったです。著者は救命センターの部長になったのですが、やはり、若手医者との軋轢と言うか、若手医者に物足りなさを感じるようで、それがこの本の主題のようです。でも、救急救命医療って、体力的に若手にまかせねばならない訳で、やはり難しいところなのでしょうね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:浜辺祐一
posted by matsumo at 20:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 3月11日(火)の「日タイ修好130周年記念特別展 タイ 〜仏の国の輝き〜」

2017. 3.11(火)、上野駅近くの「東京国立博物館・平成館」にて、「日タイ修好130周年記念特別展 タイ 〜仏の国の輝き〜」を観てきました。

170714ZC.jpg

ここの開館は9:30なので、その10分前に着いたのですが、何と並んでいたのはたった6名でした!! ううん、普通は20名は並んでいるのですが、たった6名では余程、人気がない展覧会だと思いました。そして、9:25に門内に入れたのですが、20m程進んだ所で止まってしまい、9:30になり、係員の誘導で、平成館前に行きます。すぐに入れるのかと思ったのですが、ここで、また、2分程、待って、ようやく、中に入ることができました。エスカレーターで2階に行きますが、何と、今回は右回りと言うか、第1室はエスカレーターを降りて右折したところで、今までとは逆になっていました。

さて、感想ですが、つまらなかったです。と言うのは、この展覧会のメインはタイの仏像で、これは多数あったのですが、顔や姿態がタイ風と言うか、日本の仏像とは大きく異なるため、私の趣味ではなかったからです。

しかしながら、展示品でも私の興味を惹くものが幾つかありました。すなわち、まずは、「アジア航海図」で、これは江戸時代の日本で作成(写し?)されたもので、日本や東南アジアが現代の地図とよく似ていたのには驚きました。そして、最も素晴らしいものは「末吉船図衝立」で、これ、貿易船の上での酒盛りを描いたものですが、あまりの素晴らしさには驚きました。と言うか、これこそが今回の展覧会の最高のものだと思いました。後は、本物は無くなってしまった写しなのですが、「山田長政奉納戦艦図絵馬写井奉納記」も中々でした。

と言うことで、今回の展覧会は、肝心なタイの仏像は私も趣味の範囲外でしたが、それでも、幾つか、素晴らしいものを観ることができて良かったです。

なお、この展覧会、8/27(日)までですので、ご興味がある方、行かれてください。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 3月15日(水)の「子安天満宮」

2017. 3.15(水)は大塚駅と巣鴨駅の間にある「子安天満宮」(東京都豊島区北大塚1-7-3)に行きましたが、

170714ZA.jpg

170714ZB.jpg

そこに行く途中と帰りの途中に咲いている花を撮影しました。

まずは、「寒桜」や「寒緋桜」等のピンク色の桜です。

170714O.jpg

170714P.jpg

170714Q.jpg

170714R.jpg

170714S.jpg

僅かに幹の所に咲いていた「染井吉野」です。

170714T.jpg

香り高い花なので、「沈丁花」でしょうか。

170714U.jpg

「ハクモクレン」です。

170714V.jpg

170714W.jpg

170714X.jpg

「ユキヤナギ」と

170714Y.jpg

「レンギョウ」です。

170714Z.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:子安天満宮
posted by matsumo at 17:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 7月 8日(土)の「六義園」(2)

前述のごとく、2017. 7. 8(土)は上中里駅近くの「旧古河庭園」と、駒込駅近くの「六義園」に行ってきましたが、魚眼ズームレンズでの写真や赤外線写真のほか、上記2つの園内で咲いている「ヤマユリ」の花の撮影も行いました。内、「六義園」で、昨日の続きで、縦位置の写真です。

170714A.jpg

170714B.jpg

170714D.jpg

170714C.jpg

170714E.jpg

ヤマユリは清楚な感じが良いですね。

170714F.jpg

170714G.jpg

170714H.jpg

170714I.jpg

その後は、途中、途中で

170714N.jpg

咲いている花を撮影しながら、

170714J.jpg

170714K.jpg

170714L.jpg

170714M.jpg

家に戻りました。

と言うことで、六義園でもヤマユリの最盛期に撮影することができました。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:六義園
posted by matsumo at 17:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

本「浜辺祐一著 こちら救命センター 病棟こぼれ話」

浜辺祐一著「こちら救命センター 病棟こぼれ話」(発行日:1992. 8.25、発行所:(株)集英社)を読みました。これは集英社文庫の1冊です。著者は現役の救急救命医で、第三次救急である「都立墨東病院救急救命センター」で活動している方のようです。

さて、感想ですが、つまらなかったです。と言うか、本当の救急救命センターって、TVドラマとは異なり、殺伐としたものであると言うことです。この手の話って、やはり、救命センターに来るまでの物語があって、かつ、命が助かって、後日談があると言うのでないと、読んでいて、面白くはないですね。まあ、勿論、これが現実なのでしょうが。それにしても、救急救命のための医師や看護師、自分の命を削って活動してくれているのですから、感謝、感謝です!

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:浜辺祐一
posted by matsumo at 17:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP”ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」”(ラインスドルフ指揮)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしておりますので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは7/20(木)に自動的に削除されます。

<ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」>
Rossini: Il Barbiere di Siviglia
エーリッヒ・ラインスドルフ指揮メトロポリタン歌劇場管弦楽団
Erich Leinsdorf - Metropolitan Opera Orchestra
アルマヴィーヴァ伯爵:チェーザレ・ヴァレッティCesare Valletti(T)
バルトロ:フェルナンド・コレナFernando Corena(Bs)
ロジーナ:ロバータ・ピータースRoberta Peters(S)
フィガロ:ロバート・メリルRobert Merrill(Br)
ドン・バジリオ:ジョルジョ・トッツイGiorgio Tozzi(Bs)
フィオレオ:カルヴィン・マーシュCalvin Marsh(Br)
アンブロージオ:カルロ・トマネリCarlo Tomanelli(Bs)
ベルタ:マーガレット・ロッジェロMargaret Roggero(MS)
巡査部長:カルヴィン・マーシュCalvin Marsh(Br)
1959年録音
LPレコード ビクター音楽産業 RGC-1108〜1110

第1幕
Rossini_IlBarbiereDiSiviglia_Act1_Leinsdorf_MetropolitanOpera_O_1959A_E.flac(479MB)
http://fast-uploader.com/file/7055463874785/
削除予定日時 2017年07月20日 10時12分09秒

第2幕
Rossini_IlBarbiereDiSiviglia_Act2_Leinsdorf_MetropolitanOpera_O_1959E_G.flac(289MB)
http://fast-uploader.com/file/7055464062227/
削除予定日時 2017年07月20日 10時15分16秒

歌詞の伊和対訳は以下の「オペラ対訳プロジェクト」をご覧下さい。
https://www31.atwiki.jp/oper/pages/251.html

なお、このアップローダー、ダウンロード同時人数制限があるようで、もし、ダウンロード画面まで達しなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
タグ:ロッシーニ
posted by matsumo at 17:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする