2017年06月23日

2017年 4月 6日(木)の「駒込〜田端」

2017. 4. 6(木)は駒込駅から田端駅まで歩いて、咲いている「染井吉野」等の花を撮影しました。

まずは、駒込駅前の「染井吉野記念公園」です。

170623ZJ.jpg

170623ZK.jpg

その隣の「駒込公園」です。

170623ZL.jpg

170623ZM.jpg

ここより、「中里」を通って、「上田端八幡神社」(東京都北区田端4-18-1)に行きます。

170623X.jpg

170623Y.jpg

山手線の踏切を渡って、田端駅方向に進むと「光明院」(東京都北区田端3-21-5)です。

170623Z.jpg

170623ZA.jpg

170623ZB.jpg

更に進んで「大久寺」(東京都北区田端3-21-1)です。

170623ZC.jpg

170623ZD.jpg

更に進み、


170623ZE.jpg

谷中七福神の1つの「東覚寺」の隣が「田端八幡神社」(東京都北区田端2-7-2)です。

170623ZF.jpg

170623ZG.jpg

170623ZH.jpg

ここより、別な道を駒込駅方向に進み、途中の「東中里公園」に寄って、

170623ZI.jpg

駅に戻ります。

と言うことで、満開ではなかったのですが、かなり咲いている状態の「染井吉野」を撮影することができました。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:駒込 田端
posted by matsumo at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 6月20日(火)の「旧古河庭園」

インターネット上の「都立庭園 園長の採れたて情報」に、上中里駅近くの「旧古河庭園」のバラ園は「二番花の見頃が近づいてきた」旨が書かれていたので、それの撮影と共に、日本庭園の赤外線写真の撮影を目的に、2017. 6.20(火)に行ってきました。赤外線写真は既にup済みなので、普通の写真の方です。まずは、石造りの洋館です。

170623B.jpg

170623C.jpg

170623D.jpg

170623E.jpg

バラ園のバラで、赤いものです。

170623F.jpg

170623G.jpg

170623H.jpg

170623I.jpg

170623J.jpg

赤紫色のものです。

170623K.jpg

橙色のものです。

170623L.jpg

170623N.jpg

橙色と黄色のグラディエーションのものです。

170623M.jpg

170623Q.jpg

黄色いものです。

170623O.jpg

170623P.jpg

ここより、日本庭園に行きますが、ここで撮ったのは紫陽花だけです。

170623R.jpg

と言うことで、二番花が見頃と言うことで行ったのですが、咲いている花の数は少なく、また、花の形の綺麗でないものが多いが残念でした。

以上は、レンズ交換式コンパクトカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF5」+「パナソニック:G VARIO 12-32mmF3.5-5.6」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:旧古河庭園
posted by matsumo at 17:04| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

本「池波正太郎著 仕掛人・藤枝梅安(4) 梅安針供養」

池波正太郎著「仕掛人・藤枝梅安(4) 梅安針供養」(発行日:2001. 6.15、発行所:(株)講談社)を読みました。これは講談社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。これ、例によって、針を使って人を殺すと言うものですが、珍しくも長編小説になっています。話は、主人公が裏切り者と言うことで、命を狙われると言うものですが、勿論、主人公は相手を殺してしまいますが、いずれにしろ、この話は後味が良くないですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:池波正太郎
posted by matsumo at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「シューベルト:楽興の時」(デムス)

シューベルトのピアノソナタは今でこそ、よく演奏されるようですが、以前は冗長とのことで滅多に演奏されませんでした。しかしながら、同じ作曲家のピアノ曲の「楽興の時」、「即興曲集op.90」、「即興曲集op.142」、「軍隊行進曲第1番」等は良く演奏されていました。

その「シューベルト:楽興の時」を「イエルク・デムス(pf)」が演奏・録音したLPを

170622ZD.jpg

再生・録音・編集したもの「Schubert_ MomentsMusicaux_Demus_1963B.mp3」(25.2MB)を以下のURLにupしたので(sound1189)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcVjRCS05wNXJpSWM?usp=sharing
posted by matsumo at 19:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 6月19日(月)の「六義園」(2)

前述のごとく、2017. 6.19(月)は駒込駅近くの「六義園」に「紫陽花」の花の撮影に行ってきました。池より離れて、背の高い枝垂れ桜のある場所に行きます。ここにも紫陽花の花が咲いています。

170622O.jpg

170622P.jpg

170622Q.jpg

ここより、池の周りに戻り、更に進むと、水の流れと土橋があり、その付近にも紫陽花があります。

170622R.jpg

170622S.jpg

この側は、池に面した所にある茶店の対岸になります。

170622T.jpg

170622U.jpg

170622V.jpg

ここより更に進むと、幾つかの茶室の建物がある場所に着きますが、そこにも紫陽花の花が咲いています。

170622W.jpg

170622X.jpg

170622Y.jpg

茶室のすぐ側にも紫陽花があります。

170622Z.jpg

170622ZA.jpg

170622ZB.jpg

170622ZC.jpg

ここを出て、進むと、先程、入った正門に戻ります。

と言うことで、本日は六義園の紫陽花の最盛期に撮影することができました。

以上は、レンズ交換式コンパクトカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF5」+「パナソニック:G VARIO 12-32mmF3.5-5.6」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:六義園
posted by matsumo at 18:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 6月19日(月)の「六義園」(1)

前述のごとく、2017. 6.19(月)は駒込駅近くの「六義園」に「紫陽花」の花の撮影に行ってきました。

170622A.jpg

いつもとは異なり、正門から入ったのは10時頃です。まずは、大きな枝垂れ桜付近の紫陽花です。

170622D.jpg

170622E.jpg

170622C.jpg

170622B.jpg

ここより、大きな池のそばに行きます。

170622F.jpg

170622G.jpg

池の周りを反時計まわりに進むます。池の側に茶店があり、その側の紫陽花です。

170622H.jpg

170622I.jpg

170622J.jpg

170622K.jpg

園内で最も高い場所である「藤代峠」から見た六義園です。

170622L.jpg

170622M.jpg

170622N.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:六義園
posted by matsumo at 18:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

本「池波正太郎著 仕掛人・藤枝梅安(3) 梅安最合傘」

池波正太郎著「仕掛人・藤枝梅安(3) 梅安最合傘」(発行日:2001. 4.15、発行所:(株)講談社)を読みました。これは講談社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。これ、例によって、針を使って人を殺すと言うもので、全6話が収録されていますが、これも、(2)と同様に、読んでいる時はともかく、その後は、一体、何が書かれていたのか思い出せないと言う状態の話ばかりでした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:池波正太郎
posted by matsumo at 17:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 6月21日(水)は

2017. 6.21(水)、本日は活発な梅雨前線による激しい雨が降るとのことで、1日中、家にいて、LPのWAVEファイル化を行いました。

170621ZB.jpg

時々、窓を開けて、雨の降り方をチェックしましたが、私の家の辺りでは、思った程の雨の強さではない上、強い雨が降っても、その時間は極めて短いものでした。しかしながら、スマートフォンには、「YAHOO!防災速報」が「12:24豪雨予報 激しい雨(32mm/H)」、「12:53豪雨予報 非常に激しい雨(53mm/H)」、「13:05豪雨予報 猛烈な雨(115mm/H)」と通知が3回も表示されました。また、スマートフォンで、「雨量・雷観測情報」や「東京アメッシュ」もチェックし、もうすぐ、家のある辺りがひどい雨になるか等もチェックしました。でも、雨は表示されたほど酷いものではなかったので、良かったです。しかしながら、15時を過ぎてからは、台風並みの風が吹き荒れましたが、18時頃にはかなり弱まりました。

と言うことで、本日は、酷い状態になった場所もあるようですが、家の辺りは予報程、ひどい状態にならなくて良かったです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:23| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月 4日(火)の「谷中・上野」(3)

前述のごとく、2017. 4. 4(火)は「本行寺→東京芸術大学→東京国立博物館→両大師→寛永寺」と桜の花の撮影を行いました。「東京国立博物館」よりその隣の「両大師」に行きます。

170621L.jpg

170621M.jpg

170621N.jpg

残念ながら、大きな枝垂れ桜はまだ、咲いておらず、咲いているのは「染井吉野」と「ツツジ」だけです。

170621O.jpg

170621P.jpg

170621Q.jpg

ここより、両大師と東京国立博物館の間の通りを鶯谷駅方向に進むと、「寛永寺」に着きます。ここの境内は広いです。

170621R.jpg

170621S.jpg

170621T.jpg

170621U.jpg

170621V.jpg

「根本中堂」に行きます。

170621W.jpg

170621X.jpg

170621Z.jpg

170621Y.jpg

170621ZA.jpg

これで、撮影を終了とします。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 6月19日(月)の「六義園」の赤外線写真

2017. 6.19(月)は駒込駅近くの「六義園」に「紫陽花」の花の撮影に行ったのですが、雲が多いながらも青空だったので「赤外線写真」も撮影してきました。

まずは、正門近くの大きな「枝垂れ桜」です。

170621A.jpg

ここより、大きな池に向かって進みます。

170621B.jpg

170621C.jpg

ここより、池の周りを反時計回りにまわりながら、進みます。

170621D.jpg

170621E.jpg

170621F.jpg

170621G.jpg

170621H.jpg

170621I.jpg

170621J.jpg

以上は、「ペンタックス:PENTAX *istDS」+「コシナ:MC COSINON-W 24mmF2.8」+「富士フィルム:IRー80」(ISO:1600、WB:直射日光が当たっている葉を白く写るように設定、シャッター速度:1/10、絞り:2.8)で撮ったものを、画像ソフトを使用してコントラストを上げたものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:六義園
posted by matsumo at 16:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする