2017年12月03日

2017年12月 2日(土)の「目黒不動尊」の狛犬

前述のごとく、2017.12. 2(土)はまず、「国立科学博物館付属 自然教育園」に行き、その後は、西方向に進んで、東京都庭園美術館の前を通って、目黒駅に出て、更に進み、「大円寺」、そして、目黒川に架かった橋を渡って、更に進み、「不動公園」を通って東急目黒線「不動前駅」近くの「目黒不動尊(瀧泉寺)」(東京都目黒区下目黒3-20-26)に行きました。しかしながら、朝、目が覚めた時は空のほとんどが青空だったのに、自然教育園を出た辺りから雲が出てきて、ここに着いたときにはほぼ全天が雲で覆われていました。

171203ZB.jpg

ここには、鉄筋コンクリート製の「仁王門」があり、

171203S.jpg

その前には狛犬がいます。

171203T.jpg

171203U.jpg

また、仁王門の中と言うか、仁王門の裏にもいます。

171203V.jpg

171203W.jpg

仁王門をくぐると、石灯籠があり、その後ろにも狛犬がいますが、犬と言うより狐みたいな感じです。

171203Y.jpg

171203Z.jpg

台の部分に安置した年が彫られており、それによると、文久2年、すなわち、1862年だそうです。

そして、石段を登ると、すぐに、狛犬がいますが、

171203ZA.jpg

171203ZM.jpg

こちらは足に安置された年が彫られているようですが、経年変化により、残念ながら私には読めません。しかしながら、インターネット上の情報によると、承応3年、すなわち、1654年だそうです。

そして、更に石段を上がると、鉄筋コンクリート製の本堂に着きます。

171203R.jpg

そして、本堂の後ろと言うか、不動公園との境界線にもう1組、狛犬がいます。

171203ZC.jpg

171203ZN.jpg

と言うことで、少なくとも、ここには4組の狛犬がおり、内、2組は古いものです。

なお、境内には、このほか、湧き水が出ており、石の不動尊が安置されている「独鈷の滝」、

171203ZD.jpg

171203ZF.jpg

171203ZG.jpg

木造の「観音堂」、そのそばには「十月桜」が咲いていました。

171203ZI.jpg

171203ZH.jpg

このほか、「恵比寿堂」の側のモミジや

171203ZK.jpg

本堂のそばのモミジを撮影して、ここでの撮影を終了としました。

171203ZL.jpg

そして、来た道を戻り、目黒駅より山手線で家まで戻りましたが、駅に着いたときには何と、全天が青空となっていました。ううん、この天気が欲しかったです。

それにしても、狛犬って、基本的に神社にあるものだと思っていますが、ここはお寺ですので、やはり、珍しいと思います。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」、「リコーイメージング:PENTAX K-3II」+「リコーイメージング:smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED[IF]」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:目黒不動尊
posted by matsumo at 19:01| 東京 ☀| Comment(2) | 地蔵尊・庚申塚等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

2017年 9月24日(日)の「吾嬬神社」と「亀戸香取神社」の狛犬

前述のごとく、2017. 9.24(日)は錦糸町駅近くの「すみだトリフォニーホール」で行われたコンサートを聴きに行ったのですが、その前に、まずは、東武鉄道「東向島駅」近くの「向島百花園」に行き、その後は南下して、地下鉄「押上駅」近くの「吾嬬神社」(東京都墨田区立花1-1-15)に行きました。

171130O.jpg

ここは「北十間川」に面したところが入口で、

171130P.jpg

そこより北に向かって参道がある形になっていますが、何と、一端、下って、そして、登る形になっています。

171130Q.jpg

171130R.jpg

そして、拝殿に出るのですが、その後には、石祠の本殿がありますが、柵で囲まれているため、近寄ることはできません。

171130S.jpg

そして、石祠の前には1773年製作の狛犬がいます。

171130T.jpg

171130U.jpg

ここより更に南東方向に進み、亀戸駅近くの「亀戸香取神社」(東京都江東区亀戸3-57-22)に行きます。

171130V.jpg

ここは「亀戸七福神」の「恵比寿神」と「大国神」を祭っている所です。

171130Y.jpg

ここにも狛犬がおり、

171130W.jpg

171130X.jpg

また、ここは「彼岸花」がかなり咲いている場所のようですが、残念ながら、終わりに近い状態でした。

171130Z.jpg

171130ZA.jpg

171130ZB.jpg

ここより、南西方向に進んで、錦糸町駅近くの「すみだトリフォニーホール」に行きました。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:23| 東京 ☁| Comment(2) | 地蔵尊・庚申塚等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

2017年11月 7日(火)の田端駅・尾久駅間の石仏

2017.11. 7(火)、田端駅から尾久駅まで歩いたのですが、いつもとは異なる道、すなわち、新田端大橋を渡り、左折して下って、道路に出て、そのまままっすぐ、線路と脇の道を進みました(すなわち、北上です)。ここ、東京新幹線車両センターと尾久操車場に挟まれた道で、新田端大橋を渡った所から300m程、進んだ所に、「右 六阿弥陀 西新井弘法大師道」と彫られた道しるべ石碑がありました。

171123X.jpg

「西新井弘法大師」は東武鉄道「大師前駅」近くの西新井大師のことだ思いますが、「六阿弥陀」は「江戸六阿弥陀」、すなわち、1本の木から6体の阿弥陀仏を彫り、余った木から更に2体の阿弥陀仏を彫り、それを8つのお寺に納めたものだと思います。

江戸六阿弥陀
木余り「貞香院性翁寺」(東京都足立区扇2-19-3)
第1番「西福寺」(東京都北区豊島2-14-1)
第2番「恵明寺」(東京都足立区江北2-4-3)
第3番「無量寺」(東京都北区西ヶ原1-34-8)
木残り「昌林寺」(東京都北区西ヶ原3-12-6)
第4番「輿楽寺」[与楽寺](東京都北区田端1-25-1)
第5番「常楽院」跡(東京都台東区池之端1-4-11)
第6番「常光寺」(東京都江東区亀戸4-48-3)

住所から考えると、おそらく、第4番の与楽寺から第1番の西福寺に向かう道なのでしょうね。

更に北上し、特別養護老人ホーム「上中里つつじ荘」のところを右折すると、「馬頭観音」が安置されていました。

171123Y.jpg

171123Z.jpg

171123ZA.jpg

その後は更に進んで、尾久車両センターの線路の下をくぐるトンネル「タイムカプセル平成ロード」をくぐって、尾久駅に出ました。

と言うことで、本日は、外に安置されている石仏等を撮影している私にはうれしい発見でした。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 10:58| 東京 ☔| Comment(0) | 地蔵尊・庚申塚等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

2017年 9月18日(月)の「日本橋中洲金刀比羅宮」

前述のごとく、2017. 9.18(月)は「清澄白河駅→清澄庭園→清澄公園→清澄橋→人形町→秋葉原→不忍池→上野公園→上野駅」と歩きました。すなわち、まずは、地下鉄「清澄白河駅」近くの「清澄庭園」に行き、その後は、その隣の「清澄公園」に行きました。そして、隅田川に架かっている清洲橋を渡って、50m程先にある「日本橋中洲金刀比羅宮」(東京都中央区日本橋中洲11-1)に行きました。

170928A.jpg

拝殿の前には可愛らしい感じの狛犬がいます。

170928B.jpg

170928C.jpg

また、拝殿に向かって右前には「慈愛地蔵尊」が安置されています。

170928D.jpg

170928E.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 08:27| 東京 ☔| Comment(2) | 地蔵尊・庚申塚等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

2017年 9月23日(土)の「六郷神社」

2017. 9.23(土)、京浜急行電鉄「雑色駅」と「六郷土手駅」の間にある「六郷神社」(東京都大田区東六郷3-10-18)に「狛犬」の撮影に行ってきました。と言うのは、本日は蒲田駅近くの「大田区民ホール アプリコ」にてコンサートがあり、それを聴く前にその神社に行き、その後、アプリコに行こうと考えたからです。

品川駅にて京浜急行電鉄の各駅停車に乗りましたが、次々と快特列車に抜かれるのには参りました。そして、「雑色駅」で降り、そこより、駅のすぐ東側にある大通り「第一京浜」に出て、大通りを1km程、南下し、「六郷神社バス停」を過ぎた所にある六郷神社に行きます。

170924A.jpg

大通りより左折し、裏参道と思われる道を進みます。

170924B.jpg

「ヤブラン」は今が盛りです。

170924C.jpg

更に進み、

170924D.jpg

境内に入ると、まずは、「手水石」があり、

170924E.jpg

ここより、僅かに進むと、木が沢山、植えられている丸い形の場所があり、その周りには綱を張っていて入れなくなっています。その中に、2匹の狛犬がいます。

170924F.jpg

170924G.jpg

この狛犬、すなわち、不細工で面白い顔をした狛犬が本日の撮影目的なのですが、残念ながら、綱が張ってあるために側に寄れない上、この狛犬が小さなものであり、加えて、木や説明板等が邪魔で、1つの方向からからしかまともに撮影することができません。また、持参したデジカメが3倍弱のズームレンズが付いているものなので、狛犬は大きく撮影することができません。と言う訳で、この大きさが限度でした。

ここより、僅かに進んで、左折すれば、拝殿です。

170924H.jpg

170924I.jpg

拝殿の前にも狛犬がいます。

170924J.jpg

170924K.jpg

拝殿の右側には、願い事が書かれた絵馬があります。

170924M.jpg

拝殿の後は勿論、本殿です。

170924L.jpg

拝殿より、まっすぐ進むと、鳥居と石橋があり、こちらが表参道のようです。

170924N.jpg

170924O.jpg

この後は第一京浜に戻り、ここを北上し、雑色駅からの通りを過ぎ、更に進んで、京浜急行電鉄の京急空港線の高架の直前を左折し、先程、電車で通った京急蒲田駅付近の高架をくぐり、更に進めば、蒲田駅に着きます。駅そばで昼食後、アプリコに行きました。

と言うことで、本日はコンサート前に撮りたいと思っていた狛犬を撮影することができましたが、意外に小さかったことと、そばに寄れないことにはガッカリしました。

以上は、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF5」+「パナソニック:G VARIO 12-32mmF3.5-5.6」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:六郷神社
posted by matsumo at 08:00| 東京 ☀| Comment(2) | 地蔵尊・庚申塚等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

2017年 9月11日(月)の「西向天神社」

前述のごとく、2017. 9.11(月)は地下鉄「東新宿駅」近くの「新宿文化センター・大ホール」にて「ランチタイムコンサート」を聴いたのですが、その前にここのそばにある「西向天神社」(東京都新宿区新宿6-21-6)に行き、「狛犬」の撮影を行ってきました。

家からここまで歩いたのですが、その途中、都電「荒川線・学習院下停留所」付近を進んだのですが、線路の脇に「彼岸花」が咲いていました。

170922D.jpg

170922B.jpg

170922E.jpg

170922C.jpg

そして、西向天神社の前に着きました。

170922F.jpg

鳥居をくぐり、石段を登った所に、狛犬がいます。

170922G.jpg

170922H.jpg

更に、鳥居をくぐると、

170922I.jpg

拝殿があり、

170922J.jpg

その前にも狛犬がいます。

170922K.jpg

170922L.jpg

拝殿に向かって右には、舞殿みたいな建物があり、また、ここからやや離れた所に、富士塚「東大久保富士」があります。

170922N.jpg

170922O.jpg

170922P.jpg

170922Q.jpg

と言うことで、前回、ここに行った時は、2組の内、1組を撮り忘れてしまった「狛犬」をようやく、撮影することができて良かったです。また、このほか、紅葉が始まった「モミジ」に出会えました。

170922A.jpg

以上は、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF5」+「パナソニック:G VARIO 12-32mmF3.5-5.6」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:西向天神社
posted by matsumo at 15:18| 東京 ☀| Comment(0) | 地蔵尊・庚申塚等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

関西への桜の撮影旅行[33](2016年 4月 3日(日)・書写山圓教寺)

「第22番:補陀洛山 総持寺:千手観世音菩薩」、

160416A_22.jpg

「第23番:応頂山 勝尾寺:十一面千手観世音菩薩」、

160416B_23.jpg

「第24番:紫雲山 中山寺:十一面観世音菩薩」、

160416C_24.jpg

「第25番:御嶽山 清水寺:十一面千手観世音菩薩」、

160416D_25.jpg

「第26番:法華山 一乗寺:聖観世音菩薩」です。

160416E_26.jpg

次は「第27番:書寫山 圓教寺:六臂如意輪観世音菩薩」の筈ですが、これは、ここには安置しておらず、最初にあったこの圓教寺の本尊の写しがその代わりのようです。

160414D_27.jpg

「第28番:成相山 成相寺:聖観世音菩薩」、

160416F_28.jpg

「第29番:青葉山 松尾寺:馬頭観世音菩薩」、

160416G_29.jpg

「第30番:厳金山 宝厳寺:千手千眼観世音菩薩」、

160416H_30.jpg

「第31番:姨綺耶山 長命寺:千手十一面聖観世音菩薩三尊一体」、

160416I_31.jpg

「第32番:繖山 観音正寺:千手千眼観世音菩薩」、

160416J_32.jpg

「第33番:谷汲山 華厳寺:十一面観世音菩薩」です。

160416K_33.jpg

これで、前回、来た時に撮影し損なった第33番も撮影することができました。なお、第33番は大きな「仁王門」の側にあり、9:39これをくぐります。

160416L.jpg

9:42「寿量院」の前を通りますが、

160416M.jpg

この辺りの石垣には苔が生えています。

160416N.jpg

多数の石仏が並んでいる場所がありました。

160416O.jpg

160416P.jpg

160416Q.jpg

9:45「円教寺会館」の前を通り、9:48「十妙院」に着きました。

160416R.jpg

そして、階段を下って、石橋を渡ると、9:51舞台造りの「摩尼殿」(本堂)の下に着きました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地蔵尊・庚申塚等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

関西への桜の撮影旅行[32](2016年 4月 3日(日)・書写山圓教寺)

「第11番:深雪山 上醍醐寺 准胝堂:准胝観世音菩薩」、

160415A_11.jpg

「第12番:岩間山 正法寺:千手観世音菩薩」、

160415B_12.jpg

「第13番:石光山 石山寺:如意輪観世音菩薩」、

160415C_13.jpg

「第14番:長等山 園城寺:観音堂如意輪観世音菩薩」、

160415D_14.jpg

「第15番:新那智山 観音寺:十一面観世音菩薩」、

160415E_15.jpg

「第16番:音羽山 清水寺:十一面千手千眼観世音菩薩」、

160415F_16.jpg

「第17番:補陀洛山 六波羅蜜寺:十一面観世音菩薩」、

160415G_17.jpg

「第18番:紫雲山 頂法寺:如意輪観世音菩薩」、

160415H_18.jpg

第18番と第19番の間に見晴らしの良い場所があります。

160415I_.jpg

「第19番:霊麀山 行願寺:千手観世音菩薩」、

160415J_19.jpg

2体の石仏が小さなお堂の中にありました。

160415K_.jpg

「第20番:西山 善峯寺:十一面千手観世音菩薩」、

160415L_20.jpg

「第21番:菩提山 穴太寺:聖観世音菩薩」です。

160415M_21.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地蔵尊・庚申塚等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

関西への桜の撮影旅行[31](2016年 4月 3日(日)・姫路駅→書写山圓教寺)

2016. 4. 3(日)、本日の天気は全く期待できない、すなわち、天気予報によると、「午前中は曇り、15時頃には雨」ですので、ゆっくりとホテルを出ます。本日はとりあえず、昨年も行った「書写山圓教寺」に行くこととします。と言うのは昨年、行った時に撮り損ねた石仏があるからです。と言うことで、普段より1時間は遅い、8:10にホテルを出て、姫路駅の駅前のバス停に行きます。インターネットをチェックしたら、「書写山ロープウェイセット券」と言うの割引キップがあったので、それを神姫バスの券売場で入手してから、バス停より、8:20発書写山ロープウェイ行に乗ります。乗客はちょうど10名です。空は完全に曇りです。姫路城の桜は昨日の夜に見た通り、満開です。山が近くなります。山腹には山桜でしょうか、桜が結構、咲いています。そして、川を渡り、8:48終点の書写山ロープウェイバス停に着きました。終点まで乗った客は半分の5名です。

160414A.jpg

9:00発のロープウェイに乗りますが、乗客は何と20名近くいました。動いているロープウェイの窓から撮影します。

160414B.jpg

そして、9:04上に着き、降ります。出ると、染井吉野が満開です。

160414C.jpg

料金所(志納所)で500円を払い、圓教寺の境内に入ります。土の道です。ここより大きな門「仁王門」までの間に西国33観音巡礼のお寺の本尊の写しの青銅製の仏像が安置されているので、順番に撮影して行きます。まずは、「第27番:書写山 圓教寺」の観音像、すなわち、本尊の「六臂如意輪観世音菩薩」の写しの仏像です。

160414D_27.jpg

以下、「第1番:那智山 青岸渡寺:如意輪観世音菩薩」、

160414E_01.jpg

「第2番:紀三井山 金剛宝寺 護国院:十一面観世音菩薩」、

160414F_02.jpg

「第3番:風猛山 粉河寺:千手千眼観世音菩薩」、

160414G_03.jpg

「第4番:槇尾山 施福寺:十一面千手千眼観世音菩薩」、

160414H_04.jpg

「第5番:紫雲山 葛井寺:十一面千手千眼観世音菩薩」、

160414I_05.jpg

「ツツジ」の花が咲き始めています。

160414J_.jpg

「第6番:壺阪山 南法華寺:十一面千手千眼観世音菩薩」、

160414K_06.jpg

「第7番:東光山 龍蓋寺:如意輪観世音菩薩」、

160414L_07.jpg

また、「ツツジ」の花です。

160414M_.jpg

「第8番:豊山 長谷寺:十一面観世音菩薩」

160414N_08.jpg

地蔵尊が安置されていました。

160414O_.jpg

160414P_.jpg

160414Q_.jpg

「第9番:興福寺 南円堂:不空羂索観世音菩薩」、

160414R_09.jpg

「第10番:明星山 三室戸寺:千手観世音菩薩」、

160414S_10.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:14| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 地蔵尊・庚申塚等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

2016年 2月16日(火)の「天祖神社」

前述のごとく、2016. 2.16(火)は「天祖神社」(東京都江東区亀戸3-38-35)に行きました。

160216O.jpg

160216P.jpg

中々、格好が良い狛犬がいました。

160216Q.jpg

160216R.jpg

ここは「亀戸七福神」の「福禄寿」が祭られている神社ですが、本日、ここに来た目的は境内に多数の道祖神があるとのことで、その撮影のためです。

まずは、門の所にあるものですが、大きな扉が邪魔で、まともに撮影できませんでした。

160216S.jpg

後は、境内の方々にありました。

160216T.jpg

160216U.jpg

160216V.jpg

160216W.jpg

見つかったのは合わせて8体でした。

160216X.jpg

160216Y.jpg

160216Z.jpg

しかしながら、ここの道祖神は新しいためか、彫り方のためか、あるいは、場所のためか、どうも理由はよくわかりませんが、安曇野のある道祖神と比較して、ピンときません。と言うか、安曇野の道祖神の方が遙かに好きです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:天祖神社
posted by matsumo at 19:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地蔵尊・庚申塚等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする