2018年06月17日

2018年 6月17日(日)の「ル スコアール管弦楽団 第44回定期演奏会」

2018. 6.17(日)、錦糸町駅近くの「すみだトリフォニーホール・大ホール」で「ル スコアール管弦楽団 第44回定期演奏会」を聴いてきました。

180617ZD.jpg

聴衆の入りはほぼ満席と盛況で、演奏された曲は以下です。

(1)チャイコフスキー:スラブ行進曲
(2)チャイコフスキー:舞踊音楽「白鳥の湖」抜粋
(3)チャイコフスキー:交響曲第4番
田部井剛指揮ル スコアール管弦楽団

さて、感想ですが、(1)はまあまあの感じでした。(2)はやはり、バレエを見ながら聴きたいですね。

(3)は第1楽章の終わりで急にテンポが遅くなり音楽が雄大になったところが素晴らしかったです。第2楽章はロシア民謡風の旋律をオーボエが吹いている所が素晴らしかったです。しかしながら、最も良かったのが第4楽章で、この楽章だけをとると、正しく名演でした。ともかく、音楽の格が急に上がった感じがしました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:41| 東京 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

2018年 6月10日(日)の「江東シティオーケストラ 第48回定期演奏会」

前述のごとく、2018. 6.10(日)は地下鉄「住吉駅」近くの「ティアラこうとう・大ホール」にて「江東シティオーケストラ 第48回定期演奏会」を聴いてきました。

180611ZD.jpg

本日の午後は小雨が降っていると言うのに、聴衆の入りはほぼ満席と盛況で、演奏された曲は以下です。

(1)ブラームス:大学祝典序曲
(2)シューマン:序曲、スケルツォとフィナーレ
(3)ブラームス:交響曲第1番
(4)ビラームス:「ハイドンの主題による変奏曲」より「第3変奏」
佐藤宏充指揮江東シティオーケストラ

さて、感想ですが、(1)は低音が豊かで、雄大な演奏で、良かったです。一方、(2)は曲がつまらないためか、冴えない感じでした。

(3)は緊張感ではなく、美しさを狙った演奏のためか、あまり心に入るものは無かったのですが、第4楽章の最後になり、これではダメだと思ったのか、急に迫力ある演奏に変わり、素晴らしい演奏になりました。

(4)は勿論、アンコール曲でしたが、(3)の最後の素晴らしさからは遠い演奏でした。

と言うことで、本日の成果は(1)と(3)の最後でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:33| 東京 ☔| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

2018年 6月 3日(日)の「OB交響楽団 第196回定期演奏会」を

2018. 6. 3(日)、荻窪駅近くの「杉並公会堂・大ホール」にて、「OB交響楽団 第196回定期演奏会」を聴いてきました。

180603Y.jpg

聴衆の入りは座席の7割程度とやや寂しい感じで、演奏された曲は以下です。

(1)ワーグナー:歌劇「リエンツィ」序曲
(2)ベートーベン:交響曲第1番
(3)グラズノフ:交響曲第6番
(4)チャイコフスキー:舞踊音楽「白鳥の湖」より「円舞曲」
田久保裕一指揮OB交響楽団

さて、感想ですが、(1)は低音が強くて、雄大な感じの演奏で、素晴らしかったです。(2)も第1・第4楽章は低音も低音が雄大で、特に第1楽章は素晴らしかったです。これだけの演奏はそうは聴けないと思いました。

(3)は多分、初めて聴いた曲だと思いますが、全体から言えば、わざわざ聴く必要がある曲とは思いませんでしたが、それでも、第1楽章はチャイコフスキー風で中々でした。

(4)は勿論、アンコール曲でしたが、「アマチュア・オーケストラはアンコールが一番」と言う格言通り、素晴らしい演奏でした。

と言うことで、本日は、あまり期待していなかったのですが、思いの外、良い演奏に出会うことができました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

2018年 5月28日(月)の「滝野川会館プチコンサート」

2018. 5.28(月)、上中里駅近くの「滝野川開館・大ホール」にて、「滝野川会館プチコンサート」を聴いてきました。

180528ZD.jpg

聴衆の入りは120名程度のまあまあで、演奏された以下の通りです、

(1)滝廉太郎:花
(2)ヘンデル:歌劇「アタランタ」より「親愛なる森よ」
(3)ベッリーニ:歌劇「カプレーティ家とモンテッキ家」より「ああ、幾度か」
(4)ショパン;子犬のワルツ
(5)マスカーニ:歌劇「友人フリッツ」より「僅かな花を」
(6)ドナウディ:優雅な絵姿
(7)モーツアルト:歌劇「ドン・ジョバンニ」より「恋人よ、さあ、この薬で」
(8)モーツアルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」より「ねえ、見てよ、ほら」
(9)ベッリーニ:歌劇「清教徒」より「あなたの優しい声が」
(10)マッツッキ:オー・ソレ・ミオ
鈴木美香(S)、平沢ゆかり(S)、石渡真知子(pf)

女性3人組ですので、3人共、華やかな色のロングドレス姿でしたが、鈴木氏は他の人の体重の2倍はあるではと思う程の太り方でした。このためか、鈴木氏は声量が豊かでしたが、平沢氏は声量不足で、サロンみたいな小さな部屋は良いのでしょうか、ここのような大ホールでは声が小さすぎると思いました。また、平沢氏はあがっていたのか、(1)(2)共、声が不安定でした。

さて、ピアノ独奏で演奏された(4)以外の(1)〜(9)の感想ですが、全体的に旋律が美しいと言うアリアや歌ではなかったので、地味過ぎる上、感情がこもっていないので、単に流れてるだけと言う感じでした。また、(2)はヘンデルの歌劇ですから、イタリア歌劇だと思うのですが、それだと、装飾音が満載の筈なのに、楽譜そのまま歌っているのですから、地味過ぎますね。(7)(8)もオーケストラ伴奏で聴くのならばともかく、ピアノ伴奏では面白くないです。

と言うことで、良かったのは(4)のピアノ独奏と、アンコール曲としてソプラノ2人で歌った(10)で、やはり、華やかな感じの曲の方が良いですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:23| 東京 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

2018年 5月20日(日)の「新宿フィルハーモニー管弦楽団 第78回定期演奏会」

2018. 5.20(日)m地下鉄「東新宿駅」近くの「新宿文化センター・大ホール」にて、「新宿フィルハーモニー管弦楽団 第78回定期演奏会」を聴いてきました。

180521W.jpg

聴衆の入りはほぼ満席と盛況で、演奏された曲は以下です。

(1)チャイコフスキー:交響曲第2番「小ロシア」
(2)チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」
(3)チャイコフスキー:大序曲「1812年」
(4)チャイコフスキー:舞踊音楽「胡桃割り人形」より「第1幕・第8番 情景」
長田雅人指揮新宿フィルハーモニー管弦楽団

今回のプログラム、極めて珍しいものでした。すなわち、普通は前半は序曲、協奏曲等、後半は交響曲が演奏されるのですが、今回はなぜか、その逆でした。

と言うことで、感想ですが、(1)はもしかして聴いたことはあるかもしれないが、どのような曲か全く覚えていないものです。ううん、曲も演奏もまあまあの感じでしたが、それ以上ではありませんでした。

(2)は愛の情景辺りからようやく、のった感じの演奏となり、後半は中々でした。(3)は、本来、大砲が鳴るのですが、今回は舞台の両端に大きなバスドラムが1台づつ鳴らすと言うもので、残念ながら、迫力に欠けました。そのせいもあり、全体的に冴えない感じで、あれ、この曲、こんな曲だったかと驚きました。

(4)は勿論、アンコール曲で、これが今回の最も聴き所でした。アマオケはアンコール曲が最も素晴らしいと言う法則の通りでした。

と言うことで、本日は(4)を聴けたことが収穫でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:36| 東京 ☀| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

2018年 4月25日(水)の「東京文化会館 上野 de クラシック Vol.14」

2018. 4.25(水)、上野駅近くの「東京文化会館・小ホール」で行われた「東京文化会館 上野 de クラシック Vol.14」を聴いてきました。

180425ZB.jpg

本日は朝から雨で、10時過ぎは台風みたいな感じの豪雨状態になったこと、また、入場料が普通の倍であったことからか、聴衆の入りは座席の95%程度でした。さて、演奏された曲は以下の通りです。

(1)モーツアルト:喜遊曲K.138
(2)モーツアルト:ピアノ協奏曲第14番・第1楽章
(3)チャイコフスキー:弦楽セレナードop.48・第3・第4楽章
(4)アンダーソン:フィドル・ファドル
軽井沢チェンバーオーケストラ(依田真宣・瀧村依里・小川響子・植村太郎(vn)、瀧本麻衣子・村松龍(va)、富岡連太郎・加藤陽子(vc)、高橋洋太(コントラバス))、居福健太郎(pf)

さて、感想ですが、(1)はまあまあでした。(2)はピアニストによる振り弾きでしたが、最初の方の管弦楽部が疾風怒濤の時代のような感じなのには驚きました。しかしながら、ピアノが入ると普通の状態に戻ってしまったのが残念でした。

(3)は一部にバイオリン独奏が入り、その部分は中々でした。加えて、この弦楽オーケストラ、コントラバスが1人のみでしたが、他の曲を含めて、これが雄大な感じで、低域が強くて良かったです。

(4)はアンコール曲でしたが、こちらも中々でした。

なお、本日は、(2)のための舞台変更、すなわち、ピアノの移動があったのですが、それにもかかわらず、いつもより5分以上早く終わったのには驚きました。

と言うことで、本日は豪雨の中、と言っても、上野駅・公園口から東京文化会館までの30m程でしたが、そこを歩いて行ったのですが、全体としては満足できるコンサートでした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:47| 東京 ☔| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

2018年 4月23日(月)の「滝野川会館プチコンサート」

2018. 4.23(月)、上中里駅近くの「滝野川会館・大ホール」で行われた「滝野川会館プチコンサート」を聴いて来ました。

180423ZK.jpg

聴衆の入りは160名程度で、演奏された曲は以下です。

(1)エルガー:朝の挨拶
(2)ドビュッシー:美しい夕暮れ
(3)ドビュッシー:小さな黒ん坊
(4)ドボルザーク:カヴァティーナ
(5)ショパン:夜想曲遺作 嬰ハ短調
(6)マスネー:タイスの瞑想曲
(7)ベートーベン:ロマンス第2番
(8)ラフマニノフ:ヴォカリーズ
(9)フランク:「バイオリンソナタ イ長調」第1・第4楽章
原田詩子(fl)、浅賀優子(pf)

さて、感想ですが、なぜか、フルート用の曲は全く演奏されず、演奏されたのはいずれも他の楽器用の曲ばかりでした。こう言うの、何でと思ってしまいます。

と言っても、いずれの曲の演奏もフルートで演奏しても違和感は覚えなかったので、それはそれで良いのですが。この中では、(1)と、初めて聴いた(4)が良かったです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:18| 東京 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

2018年 4月15日(日)の「東京楽友協会交響楽団 第104回定期演奏会」

2018. 4.15(日)、錦糸町駅近くの「すみだトリフォニーホール・大ホール」にて、「東京楽友協会交響楽団 第104回定期演奏会」を聴いてきました。

180416ZE.jpg

聴衆の入りはほぼ満席と盛況で、演奏された曲は以下です。

(1)ヒンデミット:交響曲「画家マティス」
(2)ブルックナー:交響曲第8番(ノヴァーク版第2稿)
森口真司指揮東京楽友協会交響楽団

さて、感想ですが、(1)は元々、私の趣味の曲ではないせいもありますが、眠ってしまいました(苦笑)。

肝心の(2)ですが、(3)のアダージョはもっと深いものが欲しいと思いましたが、他の楽章はいずれも力の籠もった演奏で、素晴らしかったです。この曲で、この位の力演を聴ければ大満足です。

と言うことで、行って良かったコンサートでした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:36| 東京 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

2018年 3月21日(水)の「都民交響楽団 第125回定期演奏会」

2018. 3.21(水)、上野駅近くの「東京文化会館・大ホール」にて「都民交響楽団 第125回定期演奏会」を聴いてきました。

180322ZG.jpg

聴衆の入りは座席の95%程度とまあまあの状態で、演奏された曲は以下です。

(1)マーラー:歌曲集「さすらう若人の歌」
(2)マーラー:交響曲第9番
末廣誠指揮都民交響楽団、大山大輔(Br)

(1)はオーケストラの音がちょうどよい大きさの、歌がよく聞こえる演奏でしたが、残念ながら、それ以上でもそれ以下でもない演奏でした。

(2)は第1楽章の最初の方は、アレッと言う感じでしたが、その後、盛り返し、素晴らしい演奏になりました。ともかく、緊張感が強くて、みんな息をころして聴いていると言う感じで、第1楽章が終わると、ホッとした感じが流れました。そして、第2、第3楽章も良かったのですが、長い第4楽章もものすごい緊張感でした。

これを聴いて思ったことは、「これぞ、音楽」と言うことで、完全にベートーベンの交響曲を越えていると言うことで、ベートーベンの後期の弦楽四重奏曲と同じ高さに達していると思いました。ともかく、曲も良ければ演奏も良いと言う名曲の名演奏でした。

と言うことで、行って良かった演奏会でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:都民交響楽団
posted by matsumo at 17:06| 東京 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

2018年 3月13日(火)の「地元アーティストを応援する ハートフルコンサート」

2018. 3.13(火)、京浜東北線「川口駅」近くの「川口総合文化センター・リリア・音楽ホール」で行われた「地元アーティストを応援する ハートフルコンサート」を聴いてきました。

180314ZA.jpg

聴衆の入りは座席の95%とまあまあの状態で、演奏された曲は以下です。

(01)横堀こけし:ざくろ日和
(02)服部良一:東京ブギウギ
(03)利根一郎:ミネソタの卵売り
(04)斎藤彰子編曲:フルーツポンチメドレー
(05)織田陽子編曲:新しき天然
(06)ルイ・プリマ:sing sing sing
(07)アルベイルト・ヒベイロ、ラマルティヌ・バボ、ジョアン・ジ・バホ:カントーラスドラジオ
ちんどんバンド☆ざくろ(織田陽子・斎藤彰子・神田亜希子・横山こけし)

(08)マスネ:タイスの瞑想曲
(09)ヘンデル:トリオソナタ ト短調op.2-6
(10)モシュコフスキー:2つのバイオリンとピアノのための組曲ト短調op.71
内藤歌子(vn)、和田春子(vn)、増田桃香(pf)

(11)ベートーベン:「ピアノソナタ第14番」より「第1・第3楽章」
(12)プロコヒエフ:悪魔の暗示
(13)ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より「プロムナード・リモージュの市場・カタコンベ・鶏の足の上に立つ小屋・キエフの大門」
藤原新治(pf)

(14)モリコーネ:ニュー・シネマ・パラダイス
(15)ロジャース:私のお気に入り
(16)田中庸介:紅緑灯のJAM
(17)ピアソラ:リベルタンゴ
(18)中山晋平:あめふり
(19)ダソフ、ナオバート、デンバー:カントリーロード
田中庸介(ギター)、仁詩(バンドネオン)

(1)〜(7)はいわゆる、チンドン屋さんですが、歌が入るためか、マイクとスピーカーを使っていました。スピーカーは大きなもので、舞台の両端に置かれていました。音響の良いホールでマイクとスピーカーを使っているためか、あるいは、わざわざ歪みを加えているためかわかりませんが、やや、音が歪んでいる感じがしました。おそらく、残響が無い屋外で聴くと異なった感じがするでしょうが、何だか、場違いな感じがしました。

(8)〜(10)は勿論、アコーステック、すなわち、マイク・スピーカー無しなので、音が出てホッとしました。やはり、ホールではアコースティックで聴きたいです。(8)はバイオリンとピアノ、(9)(10)は2台のバイオリンとピアノによる演奏で、(8)はやはり、名曲だなあと思いましたし、(9)はヘンデルのバイオリンソナタも中々、良いなあと思いました。(10)は多分、初めて聴く曲で、第1楽章はひどい曲だと思いましたが、他の楽章はまあまあでした。

(11)〜(13)も勿論、アコーステックで、(12)はわざわざ聴くに値しないものだと思いましたが、(11)も(13)も素晴らしい演奏でした。

(14)〜(19)もマイクと小型スピーカーを使用しての演奏で、こちらも歪みは感じましたが、スピーカーが小型で低音を伸ばしていないためか、(1)〜(7)よりマシな感じがしました。ギターの音は小さいのでマイクを使わざるをえないのかもしれませんが、アコーディオンの一種であるバンドネオンはマイクを使わなくても良いのではと思いました。あ、演奏自体はあまり私の趣味ではないものでしたが、リベル・タンゴのみは素晴らしかったです。

この演奏会、2時間位と思って行ったのですが、休憩時間を入れて2時間40分弱と長めだったのには参りました。加えて、コンサートで歪みっぽい音を聴くとは思ってもみませんでしたし。でも、(08)(09)(11)(13)(17)を聴けたので、良しとしなければなりませんね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする