2021年01月21日

2020年10月31日(土)の奥武蔵「諏訪神社近くの山道・顔振峠・黒山三滝」の映像

2020.10.31(土)は奥武蔵の「東武鉄道・越生駅→(バス)→黒山バス停→黒山三滝→役行者像→顔振峠→諏訪神社→阿寺地区→福徳寺→西武鉄道・東吾野駅」と歩いて、撮影してきました。内、黒山三滝、顔振峠、そして、諏訪神社近くの山道をアクションカメラ「HDCool:HCN5000」を使用して映像で撮影しました。しかしながら、映像としての効果の点から、「諏訪神社近くの山道→顔振峠→黒山三滝」と言う逆コースでまとめました。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:57| 東京 ☀| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

2020年11月23日(月)の「梅小路公園」で撮影した「SLスチーム号」の映像

前述のごとく、2020.11.17(火)〜11/25(水)に京都・奈良・大津に紅葉の撮影に行ったのですが、2020.11.23(月)は天気が良くなかったので、午前中は「東福寺」と「泉涌寺」の塔頭に行った後、東山のハイキングコースを「尊勝院」まで歩きましたが、その後は、「粟田神社」、「西本願寺」、「梅小路公園」と行きました。梅小路公園では紅葉のほか、「京都鉄道博物館」が走らせている「SLスチーム号」をアクションカメラ「HDCool:HCN5000」の動画撮影機能を使用して、映像で撮影しました。

しかしながら、なぜか、「設定」中の「録音」が「ON」になっておらず、無音状態となってしまったので、仕方なしに著作権及び著作隣接権が終了している「ビバルディ:四季」(アーヨ(vn)、イ・ムジチ)のCDより作成したWAVEファイルを動画編集ソフトを使用して加えて、それをYoutubeにupしました。ところが、Youtebeの編集画面で曲名や演奏者が表示される上、著作権法違反みたいな表示がされたので、これはおそらく、CDに収録されていたタグが入ってしまったのだろうと思って、今度はタグが入らないアプリを使用してmp3ファイルを作成し、それを加えたのですが、同様です。これはおそらく、CDから作成したWAVEファイルには固有番号みたいなものとタグの両方が付け加えられており、mp3ファイル化しても固有番号みたいなものは残るためだと思われます。このため、今度は、LPより作成されたWAVEファイルを加えたところ、今度は曲名も演奏者も表示されなくなりました。

と言うことで、加えたのはLPより作成されたWAVEファイル「ビバルディ:フルート協奏曲集op.10」(ランパル(fl)、リステンパルト指揮ザール室内管弦楽団、録音:1966年以前)で、勿論、著作権・隣接著作権が終了しているものです。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:22| 東京 ☀| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

2020年 8月11日(火)の「柿田川公園」の映像

2020. 8.11(火)は東海道本線にて、三島駅に行き、そこより歩いて、「柿田川公園」に行き、持参したアクションカメラ「HDCool:HCN5000」を使用して、映像を撮影しました。

「柿田川公園」に着いたので、まずは、階段を下りて「第1展望台」に行きます。柿田川はここから始まります。すなわち、国道1号線のすぐ下が崖になっていて、この崖のすぐそばから水が湧き出ていて、川になると言う訳です。



上まで戻り、「貴船神社」前を通って、今度は「八つ橋」に行きます。ここは、川沿いのデッキ形式の遊歩道です。鉄筋コンクリ管から水が湧き出ている場所があります。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:34| 東京 ☁| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

2020年 1月10日(金)の「虎ノ門金刀比羅宮」の「初こんぴら」の映像

2020. 1.10(金)、毎年の1/10は地下鉄「虎ノ門駅」近くの「虎ノ門金刀比羅宮」の「初こんぴら」なので、例年通りに行って、アクションカメラ「HDCool:HCN5000」を使用して、映像で撮ってきました。

まずは、10時過ぎには鳶職達が集って手打ちを行う「江戸消防記念会正式参拝」が行われました。すなわち、10:10頃に代表者の方々が出てきて拝殿前に並び、そして、10:15頃に拝殿とその前に並んでいたの間にいる人が木遣りを歌い、それにみんなが唱和した後、手締めが行われ、正式参拝が終わり、解散になりました。

10:55頃に「七福神行列」に参加する人達が大通りに面した歩道に集まり、11:01頃に拍子木が打たれ、太鼓や笛が吹かれて、七福神行列が始まりました。最初に大きな鳥居をくぐって境内に入ってきたのは獅子舞です。その後には拍子木を持った里神楽の代表者が続きます。そして、その後が七福神行列の本体で、扇や団扇で、参列者に福を与えながら、進んで行きます。弁財天は楽器を持っているため、愛想を振りまいて進みます。大黒天は勿論、打出の小槌で福を与えます。七福神の最後は毘沙門天です。その後はひょっとこ、楽団、多数のひょっとこと、おかめが続きます。

以前は、この行列が虎ノ門病院がある通りの鳥居まで行き、それから拝殿前に行ったのですが、ここ数年は短縮化されて、直接、拝殿前まで行くようになりました。そして、拝殿前では、七福神が並んで、参拝者達に縁起が良い写真を撮らせるのです。ここで大分、時間をとってから、行列は先程の神楽殿前まで進みます。拝殿前はひどい人でしたが、七福神達は福を与えながら、進みます。

そして、神楽殿前まで行った後は、ひょっと達によるニンバ踊り、毘沙門天の鯛を釣る踊り、そして、大黒天の踊りと福を授けるお菓子等の撒きが行われるのですが、神楽殿のあまりの人の多さに、これでは撮影は困難と撮影を中止しました。



また、「江戸消防記念会正式参拝」と「七福神行列」の間の10:20頃より、「相模流里神楽 萩原」による「里神楽」が始まり、正味15分間程で終了しました。残念ながら、演目についてはわかりませんでした。



なお、来年の1/10(日)の初こんぴらは、武漢肺炎ウィルス流行のため、「七福神行列は中止だが、里神楽は有り」とのことです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:18| 東京 ☀| Comment(2) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

2020年 1月 3日(金)の「浜離宮恩賜庭園」の「新春の空に鷹が舞う! 放鷹術(ほうようじゅつ)の実演」の映像

前述のごとく、2020. 1. 3(金)は新橋駅近くの「浜離宮恩賜庭園」に行き、14:00開始の「新春の空に鷹が舞う! 放鷹術(ほうようじゅつ)の実演」を、高倍率ズームレンズ付コンパクトデジカメ「キヤノン:PowerShot SX60HS」の動画撮影機能を使用して映像で撮影してきました。

14:20頃より諏訪流放鷹術保存会の関係者により解説付で始まりました。まずは、鷹を腕にとまらせたままで、鷹匠達たちが広場をまわって進む「輪まわり」です。これは鷹に自分のテントリーを教えて、安心感を与えることなのだそうです。鷹匠達は、短い和服に角帯、下は、股引・脚絆、地下足袋、その上にそれに長い半纏、頭には鳥打ち帽と言う昭和初期の宮内省鷹匠の姿を模しているのだそうです。

それが終わった後、諏訪流放鷹術保存会の第18代鷹師(女性)の挨拶、そして、鷹匠達の紹介が行われました。そして、まずは、鷹匠2人が10m以上離れて向かい合い、1羽の鷹を片方の腕から飛ばして、向かいの鷹匠の上に止まらせ、今度は、そちらから、もう一方の鷹匠に飛ばして止まらせると言う「振替(ふりかえ)」が行われました。

その後、今度は、1羽の鷹を腕にとまらせた鷹匠が、20m以上離れた前の木に鷹を飛ばさせ、今度はそれを呼び戻すと言う「渡り」を行います。
そして、糸でしばった鳩を振り回す「振り鳩」を行って、上に上げた所に、浜離宮三井ビルディングから鷹が急降下で下りてきて、その鳩を捕まえます。

最後が、鷹匠から10m位離れたところより生きている白鳩が飛ばされ、腕に鷹をとまらせた鷹匠が腕をボールを横に投げるように振ることにより、鷹が低く飛んで鳩を捕まえると言う「合わせ」です。鷹は鳩を捕まえたのですが、それを落として、遠くの木に飛んでいってしまったので、再度、振り鳩を行って鳩が飛んだ所を、鷹が捕まえました。この技は「飛び流し」と呼ぶようです。これで終わりで、15時前に終了しました。



と言うことで、鷹の動きが速いことと、広角での撮影をメインで行ったため、よく見ないと鷹がどこにいるかわからないものになってしまっているもの、加えて、肝心な鷹が写っていないこともあるものしか撮影できなかったのが残念です。

matsumo(http://matsumo.seesaa.net
posted by matsumo at 17:55| 東京 ☀| Comment(2) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

2020年 9月28日(月)の「国営昭和記念公園」の「みんなの原っぱ・東花畑」の「黄色いコスモス」の映像

前述のごとく、2020. 9.28(月)は青梅線「西立川駅」近くの「国営昭和記念公園」に行き、「コスモス、彼岸花、蕎麦、ダリア、南蛮煙管」等の花のほか、「ススキ、パンパスグラス」等を撮影してきました。

内、「みんなの原っぱ・東花畑」の「黄色いコスモス」をアクションカメラ「HDCool:HCN5000」で映像で撮影しました。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:44| 東京 ☀| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月09日

2020年 9月30日(水)の奥武蔵「ユガテ」の映像

前述のごとく、2020. 9.30(水)は「西武鉄道・高麗駅→巾着田→高麗郷古民家→長寿寺→日和田山→駒高部落→物見山→北向地蔵→ユガテ→福徳寺→西武鉄道・東吾野駅」といつも歩く奥武蔵のルートを歩いてきました。

北向地蔵からユガテへは沢を幾つか渡る道なのですが、それらを全てを渡り終えたユガテの直前からユガテに入っての風景を、アクションカメラ「HDCool:HCN5000」で映像で撮りました。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:40| 東京 ☁| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

2020年 8月15日(土)の「含満ヶ淵」の映像

2020. 8.15(土)はJR「日光駅」より神橋、輪王寺、東照宮を経由して、二荒山神社に行き、その脇より始まる「日光史跡探勝路」を歩いて、「二荒山神社→行者堂→白糸の滝→瀧尾神社→北野神社→開山堂・観音堂」と行きました。その後は神橋まで戻り、その下に流れている川沿いに進んで、「含満ヶ淵」に行きました。

そして、そこの川の激流と化地蔵をアクションカメラ「HDCool:HCN5000」を使用して映像で撮りました。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 06:01| 東京 ☀| Comment(2) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月18日

2020年 8月15日(土)の「日光史跡探勝路」中の「瀧尾神社」の映像

前述のごとく、2020. 8.15(土)はJR「日光駅」より神橋、輪王寺、東照宮を経由して、二荒山神社に行き、その脇より始まる「日光史跡探勝路」を歩いて、「二荒山神社→行者堂→白糸の滝→瀧尾神社→北野神社→開山堂・観音堂」と行ってきました。

内、瀧尾神社の境内、すなわち、瀧尾神社の拝殿と本殿のほか、拝殿までに「影向石」と「運試しの石鳥居」、「楼門」が、本殿の奥には「安産子種石」、「酒の泉」、「瀧尾稲荷神社」、「無念橋」、「三本杉」等があるので、それらをアクションカメラ「HDCool:HCN5000」を使用して映像で撮りました。


2020.11.25削除予定

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

2020年 8月15日(土)の「日光史跡探勝路」中の「二荒山神社→行者堂」の映像

前述のごとく、2020. 8.15(土)はJR「日光駅」より神橋、輪王寺、東照宮を経由して、二荒山神社に行きましたが、その後は、その脇より始まる「日光史跡探勝路」を歩いて、「二荒山神社→行者堂→白糸の滝→瀧尾神社→北野神社→開山堂・観音堂」と行きました。

内、二荒山神社脇から行者堂までをアクションカメラ「HDCool:HCN5000」を使用して映像で撮りました。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 09:31| 東京 ☀| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする