2018年01月08日

2017年11月25日(土)の朝霞市「青葉台公園」

前述のごとく、2017.11.25(土)は武蔵野線「新座駅」近くの「平林寺」(埼玉県新座市野火止3-1-1)にモミジの紅葉の撮影に行きましたが、新座駅からではなく、東武鉄道「朝霞駅」から歩いて行きました。そして、帰りは朝霞駅を目指して、適当に進んだのですが、

180108O.jpg

180108P.jpg

偶然、「朝霞市立青葉台公園」(埼玉県朝霞市大字膝折2-30)と言う大きな公園を通りました。ここは昔は米軍基地だったようで、そのために広い敷地が残っているようです。ここには紅葉・黄葉している木が結構ありました。

180108Q.jpg

180108R.jpg

180108S.jpg

180108T.jpg

180108U.jpg

先程の平林寺も紅葉が綺麗でしたが、わざわざそこまで行かなくても良い程、綺麗だったのには驚きました。

180108V.jpg

180108Y.jpg

180108W.jpg

180108Z.jpg

180108X.jpg

おそらく、この辺り、東京より寒暖の差があり、また、気温もやや低いのではと思います。

180108ZA.jpg

180108ZB.jpg

180108ZE.jpg

180108ZC.jpg

180108ZD.jpg

ここより、進んで11:30朝霞駅に戻りました。そして、11:34発新木場行各駅停車に乗り、11:36和光市駅着。11:38発池袋行急行に乗り、11:51池袋駅に戻りました。

と言うことで、本日は平林寺のほか、この青葉台公園でも紅葉を撮影できて良かったです。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:青葉台公園
posted by matsumo at 16:08| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

2017年11月25日(土)の新座市「平林寺」(4)

前述のごとく、2017.11.25(土)は武蔵野線「新座駅」近くの「平林寺」(埼玉県新座市野火止3-1-1)にモミジの紅葉の撮影に行ってきました。 境内の撮影の続きです。

171212ZE.jpg

171212R.jpg

171212S.jpg

171212T.jpg

171212O.jpg

171212Q.jpg

171212P.jpg

171212U.jpg

171212V.jpg

171212W.jpg

171212X.jpg

171212Y.jpg

171212Z.jpg

そして、10:04ここでの撮影を終了とし、来た道を戻りますが、通りから見える境内のモミジを撮影しながら進みます。

171212ZA.jpg

171212ZB.jpg

171212ZD.jpg

171212ZC.jpg

と言うことで、ここ、そのそばには3回程、来ていますが、紅葉の時期の境内は初めて来ましたが、こんなに綺麗な紅葉がある場所とは思ってもみませんでした。常磐線「北小金駅」近くの「本土寺」にモミジの紅葉も素晴らしいそうですが、来年の紅葉時はこの平林寺と本土寺に行きたいです。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:平林寺
posted by matsumo at 16:41| 東京 ☀| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

2017年11月25日(土)の新座市「平林寺」(3)

前述のごとく、2017.11.25(土)は武蔵野線「新座駅」近くの「平林寺」(埼玉県新座市野火止3-1-1)にモミジの紅葉の撮影に行ってきました。

モミジの紅葉は、赤いものだけではなく黄色いものがある状態で、逆光の時が金色に見えて、最も綺麗だと思っています。

171129A.jpg

171129C.jpg

171129B.jpg

171129D.jpg

171129E.jpg

境内には、茅葺き屋根の山門やお堂があるのですが、残念ながら人が多すぎて、それを入れて撮るのは困難ですが、それでも、人がどく瞬間にシャッターを押します。

171129P.jpg

171129Q.jpg

171129G.jpg

171129R.jpg

茅葺き屋根のお堂、結構、格好が良いのに、撮れないのは残念です。

171129N.jpg

171129O.jpg

171129V.jpg

171129H.jpg

しかしながら、逆光で輝いている紅葉の方はストレスなく撮れます。

171129F.jpg

171129I.jpg

171129J.jpg

171129S.jpg

171129U.jpg

勿論、普通の紅葉も撮影します。

171129L.jpg

171129M.jpg

171129T.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:平林寺
posted by matsumo at 16:27| 東京 ☀| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

2017年11月25日(土)の新座市「平林寺」(2)

前述のごとく、2017.11.25(土)は武蔵野線「新座駅」近くの「平林寺」(埼玉県新座市野火止3-1-1)にモミジの紅葉の撮影に行ってきました。

9:33「新座市睡足軒の森」に着きました。

1711127A.jpg

1711127B.jpg

そして、ここより少し進むと、「平林寺」に入口です。9:35入山料500円を払って中に入ります。驚いたことに境内はものすごい人です。まだ、開門後30分しか経っていないのに、これだけ混んでいるとは驚きです。

1711127C.jpg

1711127E.jpg

1711127D.jpg

1711127F.jpg

1711127G.jpg

1711127I.jpg

それにしても、ここには沢山のミミジの木が植えられており、また、よく紅葉しています。まるで、京都のお寺みたいな感じです。ここが紅葉の名所と言うことで、有名な理由がよくわかります。

1711127H.jpg

1711127J.jpg

1711127K.jpg

1711127M.jpg

1711127L.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:平林寺
posted by matsumo at 14:58| 東京 ☁| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

2017年11月25日(土)の新座市「平林寺」(1)

2017.11.25(土)、武蔵野線「新座駅」近くの「平林寺」(埼玉県新座市野火止3-1-1)にモミジの紅葉の撮影に行ってきました。と言っても、交通費の節約を考えて、実際は東武鉄道「朝霞駅」から歩いて行ったのですが(JRで行くより、東武鉄道で行った方が歩く距離は3倍以上になりますが)。

171126A.jpg

この平林寺の近くの行ったのはこれで4回目です。私は都立高校に通っていたのですが、そこの合宿所として、平林寺の境内の一部を借りて、木造の建物を造られ、クラブ活動等に使われていました。私は地学部(クラブ)に属していたので、冬の寒い時に星空の観察に行ったのが初めてで、勿論、その時はそこに宿泊です。その次が、運動会の時で、同じく、その平林寺の境内ではないのですが、その前に大きなグラウンドがあり、そこも平林寺のものだったらしく、運動部の人達が使っていたようですが、運動会がそこで行われました。3回目は会社に勤めるようになってからで、偶然、その辺りを通った時に、そう言えば、建物やグラウンドの契約は終わったと聞いていたが、その後、どうなったかと思って行ったら、建物は壊されていましたが、敷地はまだ残っていました。また、グラウンドもまだ、敷地として残っていました。そして、今回、4回目と言う訳です。

東武鉄道・池袋駅8:15発小川町行急行に乗り、8:27和光市駅着。8:28発川越市行各駅停車に乗り換え、8:30朝霞駅着。南口より出て、8:33左の方向に進む大通りを進みます。8:40湧き水からできている「広沢の池」(埼玉県朝霞市栄町1-1)に着きました。

171126B.jpg

池のすぐそばに、不動明王らしい石仏が安置されています。

171126C.jpg

171126D.jpg

これ、1862年に彫られたものとのことです。この奥に観音堂があり、

171126F.jpg

その前の左右に石仏が安置されています。左側、

171126G.jpg

171126H.jpg

右側です。

171126J.jpg

左側の奥は小山みたくなっており、そこにも祠があります。

171126I.jpg

このほか、境内には紅葉している木がありました。

171126E.jpg

8:47ここを発ち、更に進むと、T字路に着くので、右折し、少し、進んだ所を左折し、少し進むと、車が沢山通る大通りに出ます。これが川越街道で、右折し、新座方向に進みます。

171126K.jpg

171126L.jpg

坂を上ったり下ったりしながら、進みます。ううん、思ったより遠いです。これでは、9時の開門までには到着しそうもありません。9:24ようやく「平林寺」と彫られた大きな石碑の所に着いたので、左折し、100m程進むと、9:26「平林寺」の境内沿いとなります。平林寺の境内は広く、その大部分は林で、その一部はモミジの木で、それらは紅葉しているので、それを撮影しながら、入口を目指して進みます。

171126M.jpg

171126N.jpg

171126O.jpg

171126P.jpg

171126Q.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:平林寺
posted by matsumo at 08:28| 東京 ☀| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

2017年10月26日(木)の「生田緑地ばら苑」(2)

前述のごとく、2017.10.26(日)は、小田急電鉄「向ヶ丘遊園駅」より、歩いて20分位の所に入口がある「生田緑地ばら苑」に行ってきました。

171030ZJ.jpg

広い景色のものは撮ったので、今度はアップに近いもので、内、赤いものです。

171030T.jpg

171030U.jpg

171030V.jpg

171030W.jpg

桃色のものです。

171030X.jpg

171030Y.jpg

171030Z.jpg

171030ZA.jpg

171030ZC.jpg

薄いピンク色のものです。

171030ZD.jpg

171030ZE.jpg

薄い橙色のものです。

171030ZF.jpg

171030ZB.jpg

白色のものです。

171030ZG.jpg

黄色いものです。

171030ZH.jpg

171030ZI.jpg

と言うことで、残念ながら、あまり咲いていない状態での撮影でした。来年の春バラの時は、満開の中で撮りたいです。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 14:46| 東京 ☀| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

2017年10月 1日(日)の裏高尾(9)

前述のごとく、2017.10. 1(日)は「京王線・新宿駅→(電車)→高尾駅→(バス)→陣馬高原下バス停→和田峠→陣馬山→明王峠→景信山→小仏峠→小仏城山→日影バス停→高尾駅→(電車)→京王線・新宿駅」と裏高尾の山々を歩いて、「ススキ」の撮影を行ってきました。

日影沢林道の続きです。

171029A.jpg

171029B.jpg

171029C.jpg

171029D.jpg

171029E.jpg

171029F.jpg

ススキの群落が続いています。

171029G.jpg

171029H.jpg

171029I.jpg

171029J.jpg

171029K.jpg

坂道を下りながら、ドンドン、撮影して行きます。

171029L.jpg

171029M.jpg

171029N.jpg

171029O.jpg

171029P.jpg

そして、ようやく、ススキの群落が終わりました。ここより、杉林の中になります。

171029Q.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 08:19| 東京 ☔| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

2017年10月26日(木)の「日本民家園」(2)

前述のごとく、2017.10.26(木)は、まず、小田急電鉄・向ヶ丘遊園駅より徒歩20分位の所にある「生田緑地ばら苑」に行き、その後はそこより徒歩15分位の所にある「日本民家園」に行きました。

ここにあるのは主に茅葺き屋根の民家ですが、石仏もあります。まずは、弁財天、

171028A.jpg

そして、馬頭観音です。

171028M.jpg

「菅原家」です。

171028B.jpg

「北村家」です。

171028C.jpg

不明家です。

171028D.jpg

171028F.jpg

「蚕影山祠堂」です。

171028G.jpg

最後が「船越の舞台」です。

171028H.jpg

ここより来た道を戻りますが、今度は、ススキ等を前景に茅葺き屋根の建物を撮影して行きます。

171028I.jpg

171028J.jpg

171028K.jpg

171028L.jpg

171028N.jpg

171028O.jpg

171028P.jpg

そして、門から出て、本日の撮影を終了としました。

それにしても、本日は多数の小学生低学年の子供たちがいたのには参りました。天気はまあまあだったのに残念です。なお、やはり、ここは合掌造りの建物が一番で、前景のススキも良い状態だったので、良かったです。船越の舞台からの戻りの時は、小学生達はこの辺りからいなくなったので、ようやく、まともに撮影できたので。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:日本民家園
posted by matsumo at 10:48| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

2017年10月26日(木)の「生田緑地ばら苑」(1)

前述のごとく、2017.10.26(日)は、小田急電鉄・新宿駅より向ヶ丘遊園駅に行き、そこより、歩いて20分位の所に入口がある「生田緑地ばら苑」に行きました。このバラ園は春バラと秋バラの時期のみ開いており、また、平日の開園時間は10時といくら何でも遅すぎるのではと思うような時間なので、駅に着いたのは9時半頃、そこより、歩いてバラ園の入口まで行きますが、途中の川沿いの道はバラ・ロードとなっています。

171027A.jpg

171027C.jpg

171027B.jpg

171027D.jpg

さすがに、春バラの時よりは咲いていませんが、秋バラですので、仕方がないと言う感じです。

171027E.jpg

171027F.jpg

171027G.jpg

そして、開園の5分程、前に入口に着きましたが、待っているのは車4台と15名程で、平日と言うこともあるますが、それでも、いつもよりかなり少ない感じです。係員より、現在、6分咲きとのアナウンスがあります。10時に開門となり、ここより坂道を5分程登りますが、途中、ススキが綺麗です。

171027H.jpg

171027I.jpg

171027J.jpg

更に、階段を100段以上、上がると、ようやく、バラ園を見渡せる場所に着きます。ところが、何と沢山の人がバラ園にいます。ううん、私は一番に着きましたが、ここの入口は2ヶ所あり、そちらから来た人でしょうか。それにしても、こんなに沢山の人がいるはずはありません。そして、階段を下って中に入り、まずは、テントのところでバラ園募金箱にお金を入れて、パンフレットと花の種をもらい、撮影を開始します。園内にいる沢山の人達、どうやら、バラの手入れをするボランティアの人達のようです。ううん、こう言うことはせめて、開園後30分位、経ってから行ってほしいです。これでは、何のために早く来たのかわかりません。彼らは、バラの花の撮影に来た人にとっては邪魔者以外の何者でもありません。管理する人達、もっと、よく考えて行動してほしいものです。

と言うことで、彼らが退くのを待ってまともになってからの撮影となりますが、それにしても、バラの花が咲いていません! 先程、6分咲きとのアナウンス、全くデタラメです。春バラを基準にすれば1分咲きと言う感じです。このため、割と咲いている場所を探しての撮影となります。

まずは、このバラ園のハイライトと言うべき、「ロイヤルコーナー」です。

171027Q.jpg

171027K.jpg

171027L.jpg

171027M.jpg

中心の女神像です。

171027N.jpg

171027O.jpg

171027P.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:12| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

2017年10月26日(木)の「日本民家園」(1)

2017.10.26(木)、昨日の天気予報が当たって、本日は朝から青空だったので、まずは、小田急電鉄・新宿駅より向ヶ丘遊園駅に行き、そこより、徒歩20分位の所にある「生田緑地ばら苑」に行き、その後はそこより徒歩15分位の所にある「日本民家園」に行きました。

171026ZA.jpg

ここの入口と言うか、正門は木造風の建物内にあり、そこで、入園券を買ってから建物内を進んで、園内に入ります。しかしながら、入口近くは工事中で、ここにある原家・鈴木家・井岡家・佐地家の門・三澤家はまともな感じで撮るのが困難で、ガッカリです。

171026ZB.jpg

171026ZD.jpg

ここを抜けると、ようやく、まともになりましたが、急に遠足に来ているのか、小学校低学年の子供たちが沢山、いるようになります。ううん、これでは先ほどの工事現場よりももっと、撮影は困難になりそうです。

水車小屋があり、

171026ZE.jpg

次が佐々木家ですが、沢山の子供たちが家の前にいるので、全く撮影できません。そして、合掌造りの江向家で、この辺りが最も期待している所ですが、ここのも、蜘蛛の子のように子供たちがいます。それを構図で避けながら撮影します。

171026S.jpg

171026U.jpg

171026V.jpg

前が山田家、後ろが江向家です。

171026T.jpg

山下家です。

171026W.jpg

171026Z.jpg

171026X.jpg

171026Y.jpg

ここより更に進み、作田家、

171026ZF.jpg

広瀬家、

171026ZG.jpg

太田家は子供たちで撮影できず、北村家、

171026ZH.jpg

清宮家と続きます。

171026ZI.jpg

171026ZJ.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:日本民家園
posted by matsumo at 17:00| 東京 ☀| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする