2018年07月10日

ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」を入手(続々)

真空管は同じ型番のものを幾つかのメーカーが作っているもののほか、同じ特性のものを別な型番で製造している「互換球」と言うのがあります。例えば、私が使っている真空管パワーアンプ「イー・ケイ・ジャパン:ELEKIT TU879R」には、現在、「Siemense:EL34」を取り付けていますが、私はこのほか、「Telefunken」、「electro-harmonix」、「Classic Compornents」、「Sun Valley Prime Tubes」、「JJ Electronic」等のブランドのものを持っており、それぞれ、少しづつ外側ガラスの形状が異なるほか、目で見える中の形状も少しづつ異なります。また、このEL34は日本国内では「6CA7」と言う型番で製造されました。

さて、先日、入手したラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」では、「6J1」と言う小さな真空管が2本、使われていますが、この6J1には、「6AK5」、「6AK5W」、「EF95」、「5654」、「5654W」、「6BC5」、「403A」、「WE403B」、「CV4010」と言う互換球があります。

先日、日本amazonより、「TUBE-01J交換用真空管2個セット 軍用選別グレード品」(中国製)を入手し、当初に刺さっていたものと交換しましたが、期待していた音の変化は無かったことから、今度は互換球を入手しました。

すなわち、2018. 6.23(土)に日本amazonに「TUBE-01 (J) 米国GE製 交換用真空管2個セット 軍用選別グレード品」(送料・税込み1,480円)に発注し、6/25(月)に入手しました。

これ、すごく厳重に包装されていたのには驚きました。まずは、日本amazonの輸送箱、その中に真空管の輸送箱、そこには緩衝材で念入りに包まれています。

180710ZB.jpg

更に、真空管の外箱、

180710ZC.jpg

180710ZD.jpg

その中に袋、そして、ようやく真空管にたどりつきました。

180710ZE.jpg

180710ZF.jpg

あ、今回の真空管は互換球の「ジェネラル・エレクトリック:5654W」です。

しかしながら、今までついていた真空管と交換しましたが、ううん、こちらもやはり、私の駄耳では音が変わらないですね。

matsumo(htt://matsumo.my.coocan.jp)
posted by matsumo at 19:22| 東京 ☀| Comment(0) | オーディオ・AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」を入手(続)

前述のごとく、2018. 6.21(木)、日本amazonよりラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」を入手しました。これの入手目的は、このラインアンプでは真空管が使われており、それを通すことにより、真空管特有の高域歪み、すなわち、高域に付加音を加えることです。すなわち、SPレコードの復刻CDではSP雑音を除去するために高域を削りすぎて鈍い音のものが多いので、それに高域に付加音を加えて、更にグラフィックイコライザーを通して、高域を上げて、高域の削りすぎを復元することです。と言うことで、現在、CDプレーヤーからの出力をこのラインアンプを通して、WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」で録音している最中です。

180707ZB.jpg

さて、このラインアンプでは足部分を入れて高さ5cm弱のミニ真空管「6J1」2本が使われていますが、これは中国製軍用管で、空軍レーダーの保守用としてストックされていたものだそうです。真空管アンプでは、真空管の製造メーカーを替えたり、あるいは、互換性のある真空管に替えると音が変わることがあるとのことから、2018. 6.23(土)に「TUBE-01J交換用真空管2個セット 軍用選別グレード品」(送料・税込み1,400円)を日本amazonに発注し、2018. 6.25(月)に受領しました。あ、でも、こちらは、ラインアンプに付いていた真空管と同じもの、すなわち、6J1と言う中国製の軍用管ですが、更に選別したものだそうでで、レビューを読むと、音が変わったと言うものもあります。なお、真空管って増幅率にかなりバラつきがあり、2本買う場合は増幅率がほぼ同じ「ペア管」で買う必要があり、今回の「TUBE-01J交換用真空管2個セット 軍用選別グレード品」も勿論、ペア管です。

180707ZA.jpg

早速、新たに入手したものと交換してみましたが、私の駄耳では以前の音との差はわかりませんでした。ううん、選別グレート品と言っても、最初から付いていたものと同じ品物ですので、結局は同じなのでしょうね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:45| 東京 ☀| Comment(4) | オーディオ・AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」を入手

日本amazonよりラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」を入手しました。このラインアンプと言うのは、、音量を増幅せずに音を調整するものです。これを入手した理由は、2018. 5.19(土)に音楽之友社より「ONTOMO MOOK ●快音!真空管サウンドに癒される(特別付録:ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キット)」が税込み14,040円で販売され、瞬く間に売り切れてしまった上、インターネット上で、極めて評判が良かったためです。すなわち、このムック本には、真空管を使った「ハーモナイザーキット」が付録として付いているのですが、このハーモナイザーはプリアンプとパワーアンプ、あるいは、CDプレーヤーとパワーアンプの間に入れて、信号を真空管を通すことにより、デジタル音源に真空管の歪みを与え、アナログっぽい音にすると言うもので、このハーモナイザーを入手した人達は、刺激的なデジタル音源をアナログっぽい音にすることにより、楽しんでいると言う訳です。

しかしながら、このムック本の価格が税込み14,040円では私にとっては高過ぎで、同じようなものには真空管を使った「ラインアンプ」、すなわち、増幅を全く行わないアンプなのですが、それが日本amazonで3,000円〜5,000円で販売していることを思い出し、早速調べてみました。少なくとも5種類は見つかったのですが、そこのレビューを読んでみて、評判が良い「FX-AUDIO:TUBE-01J」(送料・税込み4,970円)を入手することとし、2018. 6.19(火)に発注し、2018. 6.21(木)に入手しました。

早速、外箱を開封すると、中には2つの箱が入っています。アンプ本体とACアダプターです。

180702ZM.jpg

180702ZN.jpg

アンプは小さな真空管2本と本体に分かれています。

180702ZO.jpg

本体に真空管を挿します。結構、きついです。真空管の足が曲がっているものがあるとのことがレビューに書かれていたので、足が曲がっていないか、確認し、アンプの真空管ソケットに足が合うことを確認しながら、力を入れて挿入します。

180702ZP.jpg

そして、CDプレーヤーの出力をこのアンプ背面の「IN」に差し込み、「OUT」の出力をWAVE Recorderに差し込み、更に、ACアダプターもアンプ背面の「POWER」に差し込み、まず、CDプレーヤーの電源スイッチを入れ、次に、このアンプの電源スイッチを入れ、最後に、WAVE Recorderの電源スイッチを入れます。真空管の下には黄色のLEDが付いているようで、黄色く光ります。

180702ZQ.jpg

WAVE Recorderにヘッドフォンを付けて、残留雑音を確認しますが、真空管のホワイトノイズも感じられない程の雑音の少なさで、これならば、使えそうです。

あ、使う目的は、SPレコードの復刻CDではSP雑音を除去するために高域を削りすぎて鈍い音のものが多いので、それをこのTUBE-01Jに通して、真空管特有の高域歪み、すなわち、高域に付加音を加えて、更にグラフィックイコライザーを通して、高域を上げて、高域の削りすぎを復元することです。さて、うまく行くでしょうか。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:04| 東京 ☀| Comment(2) | オーディオ・AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

2018年 6月 9日(土)の「アナログオーディオフェア 2018」

アナログオーディオフェア実行委員会主催の「アナログオーディオフェア 2018」は、秋葉原駅とお茶の水駅の間の「昌平橋」近くの「損保会館」(東京都千代田区神田淡路町2-9)で2018. 6. 9(土)と6/10(日)の2日間に渡って行われるので、前述のごとく、2018. 6. 9(土)に行ってきました。

180610A.jpg

入口のドアより中に入ると受付があり、案内パンフレットをもらって、エレベーターで5階に上がります。このフェア、人気があるようで、エレベーターは満員です。あ、会場はこの5階建てのビルの中のほぼ全室です。あ、各部屋のスタイルですが、所謂、オーディオメーカーが自社製品等を使用しながら、LP等のアナログ音源を再生して、来場者に聴かせると言う形です。ですから、私が最初に入った部屋では、司会の方が、「驚くような音をお聞かせします」と言いながら、デルデックのLP、中身はコープランドの管弦楽曲でしたが、それを聴いて思ったことは、「あれ、これがどこが驚くような音? これならば、コンサートで聴く音の方が余程、低域は出ているし、ダイナミックレンジも大きい」と言うことでした。まあ、スピーカーは縦長で直径16cm位のスピーカーユニットが5本ほど、付いているものでしたので、これでは本当の重低音なんて出る筈はないと思いました。1曲のみ聴いた後、別な部屋に行くと、今度は私が好きな歌手の岩崎宏美の「聖母たちのララバイ」がかかっていました。ううん、先程の部屋を含めて、この程度の音ならば、私の部屋で聴く音で十分だと思いました。後、真空管アンプのキットが沢山、展示してある部屋もありましたが、ううん、キットで10万円以上するのならば、とても買う気は起きないと思いました。キットって、自分の手間はかかるが、お金は安くて済むものと思っていますので。

その後は、4階、3階と階段を下り、2階に行くと、大きな部屋に多数の会社がブースを設けている所があり、そこには、新品のLPや中古のLPが販売されていたので、少し、観てみましたが、1枚3,000円では買う気は起きませんでした。そして、1階も観て、終了としました。

と言うことで、アナログオーディオフェアと言うことでしたが、残念ながら、私が入手できそうな価格帯で、私が欲しいと思うものには出会えませんでした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 22:22| 東京 ☔| Comment(2) | オーディオ・AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」の「裏コマンド」による「24bit・96KHz」化

私はポータブル型のWAVE Recorderは(1)ローランド:EDIROL R-09、(2)ZOOM:H2、(3)ZOOM:H2n、(4)ティアック:TASCAM DR-07Mk2 の4台持っており、現在、(1)はLP等を再生してWAVEファイルを作成、(3)は旅行に持参、(4)和太鼓等の外での生録音 と使い分けています。

180323ZA.jpg

(1)は2006. 7.29(土)に秋葉原駅近くの「ヨドバシカメラ」で税込み37,800円で入手したしたもので、私が初めて入手したポータブル型のWAVE Recorderで、非常に小さなことが特長ですが、録音関係の仕様では最高で「24bit・48KHz」です。(2)は2010. 1. 9(土)に同じく秋葉原のヨドバシカメラで税込み16,800円で入手したもので、(1)よりかなり大きなことと、録音関係の仕様では最高で「24bit・96KHz」、また、「24bit・48KHz」ですが、4チャンネル録音ができることが特長です。こちらも、秋葉原近くのヨドバシカメラにて、2013. 4.10(水)に税込み11,600円で入手しました。(3)も仕様的には(2)と同じですが、(2)の後継機種で、録音される音はこちらの方が良いようです。これを旅行に持参する理由は、これはずんぐりした形状であることから、立てた状態で電車の窓等に置くことができ、車内での録音がしやすいためです。こちらも、秋葉原駅近くのヨドバシカメラにて、2013. 4.10日(水)に税込み11,600円で入手したものです。(4)は手で握りやすいことが特長で、外で手で握った状態で録音するのに適しています。あ、録音関係の仕様は最高で「24bit・96KHz」です。こちらも、2012. 7. 2(月)に秋葉原のヨドバシカメラにて税込み12,700円で入手したものです。ううん、考えてみると、4台共、秋葉原のヨドバシカメラで入手していたのですね。加えて、(2)以降は(1)より性能が上がっているのに、価格は1/3程度まで下がっています。

と言う状態ですが、先日、インターネットをさまよっていたら、(1)のローランド:EDIROL R-09に「裏モード」があり、それを行えば、(2)〜(4)と同様に録音関係の仕様の最高が「24bit・96KHz」になることが書かれていました。

180323ZB.jpg

ううん、そうならば、最初からそうしておけば良かったのにと思いました。

すなわち、まず、電源スイッチを入れ、液晶画面表示がされている状態で、
「REPEAT」ボタンを押しながら、「MENU」ボタンを押してメニューを表示すると、今までなかった「5.Special Setup」が表示されるので、選択(「REC」ボタンを押す)して「Sepcial Setup」のメニューに入ると、9番目の「Use High Rate:OFF」があるので、早送りボタンを押して「Use High Rate:ON」にしてから「MENU」ボタンを押します。これで、最初のメニュー表示に戻りますので、「1.Recorder Setup」を選択し、「Sample Rate」を選べば、そこに、「88.2KHz」と「96KHz」の2つが加わっているので、96KHzを選びます。

使用しているSDカードに相性問題があるのか、あるいはSDカードが高速型が必要なのかわかりませんが、録音がうまく行かない場合もあるそうです。しかしながら、私の場合は「Class 10」のものを使っているためか、問題なく24bit・96KHzの録音ができました。また、この設定は電池を外したりしても、それが保持されていたので、今までと同様に使えるようです。

ううん、それにしても、「うまく行かないことがある」との注を付けて、以上のことを取扱説明書に書いて置いたほうが購入した者にとっては親切であったと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:R-09 裏コマンド
posted by matsumo at 21:42| 東京 ☁| Comment(0) | オーディオ・AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

「WAVE Recorder」や「デジカメ」のファームウェアのバージョンアップ

2018. 2.11(日)、インターネットをさまよっていたら、偶然、私が使用しているWAVE Recorder「ZOOM:H2n」のファームウェアが機能追加を目的としてバージョンアップしていることを知りました。そう言えば、以前、同じくWAVE Recorder「ティアック:TASCAM DR-07Mk2」で液晶画面を米語表示から日本語表示に変更するためのファームウェアのバージョンアップがあったことを思い出し、それならば、H2n以外のものもバーションアップされているのかもしれないと思って、インターネットで持っている製品の最新ファームウェアについて調べてみました。

<ZOOM製品>
マルチトラックレコーダー MRS8:Ver.1.20
ポータブルWAVEレコーダー H2:Ver.1.90
ポータブルWAVEレコーダー H2n:Ver.2.00→3.00

<ローランド製品>
ポータブルWAVEレコーダー EDIROL R-09:Ver.1.31

<ティアック>
ポータブルWAVEレコーダー TASCAM DR-07Mk2:Ver.1.30→1.31

<PENTAX製品>
レンズ交換式一眼レフ PENTAX *istDS:Ver.2.02
レンズ交換式一眼レフ PENTAX K200D:Ver.1.01
レンズ交換式一眼レフ PENTAX K-5:Ver.1.16
レンズ交換式一眼レフ PENTAX K-3:Ver.1.30
レンズ交換式一眼レフ PENTAX K-3II:Ver.1.10
コンパクトデジカメ PENTAX Optio E90:Ver.1.00

<リコー製品>
GXR MOUNT A12:Ver.1.51
RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC*1 版:Ver.1.51
RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC*1 版:Ver.1.51

<Panasonic製品>
レンズ交換式ミラーレスデジカメ LUMIX DMC-G2:Ver.1.1
レンズ交換式ミラーレスデジカメ LUMIX DMC-GF3:Ver.1.2
レンズ交換式ミラーレスデジカメ LUMIX DMC-GF5:Ver.1.0

<キヤノン製品>
コンパクトデジカメ PowerShot SX10IS:Ver.1.0.0.0
コンパクトデジカメ PowerShot SX20IS:Ver.1.0.0.0
コンパクトデジカメ PowerShot SX60HS:Ver.1.0.0.0

そして、「TASCAM DR-07Mk2」のみ、バグフィックスにあたるバージョンアップが行われていることがわかりました。

と言うことで、早速、上記の2機種について、バージョンアップを行いました。

180211ZI.jpg

と言っても、追加機能等は使いそうもないのですが。

それにしても、以前はファームウェアのバージョンアップなんて言うのは、サービスセンター等でしか行われていなかったのですが、ここ5年間位はインターネットの普及により、よく行われるようになった気がします。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:39| 東京 ☁| Comment(0) | オーディオ・AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

2018年 2月 7日(水)の「国際VHF」

前述のごとく、2018. 2. 7(水)は葛西臨海公園駅近くの「葛西臨海公園」に「水仙」の撮影に行ったのですが、受令機「バーテックススタンダード:VR-120」を持参して、海岸で聞こえる筈の無線「国際VHF」を聴きました。このVR-120ですが、今から10年以上前に鉄道無線、放送局業務連絡波、消防無線、航空無線、中波・短波・FM放送等の周波数を設定したのですが、その後、世の中の業務無線はどんどんデジタル化され、設定した周波数のかなりが聞こえなくなっているため、現在、新たな設定を行っている最中です。

と言うことで、まだ、デジタル化が行われていない海の交通管制や船と船の交信等に使われている「国際VHF」を設定したと言う訳です。この国際VHFは01〜28チャンネルと60〜88チャンネル、156.025〜162.025MHzに0.025MHz毎、そして、モードFMです。また、会話の最初には必ず16チャンネルを使用し、その後、他のチャンネルの移動すると言う決まりがあるので、16チャンネルをチェックすればOKです。

葛西臨海公園で聞こえる国際VHFは「東京湾海上交通センター」による「東京マーチス」、「東洋信号通信社」による「ポートラジオ」が期待できるので、西葛西駅から細長い公園を歩いている最中にVR-120のスイッチを入れて、設定した国際VHF・16チャンネルをチェックしたのですが、葛西臨海公園に着くまでに聞こえたのは3回位で、歩いている最中はほとんど聞こえませんでした。そして、葛西臨海公園に着いて、水仙の花の撮影をしている最中は全く聞こえないままでした。しかしながら、そこより、海方向に進んで、

180208Q.jpg

3階建の外壁がガラスで覆われている「クリスタルビュー」に着き、そこのテラスより海が望める所に来て、

180208O.jpg

ようやく、色々な通信が聞こえるようになりました。そして、3階まで上がると、更によく聞こえるようになりました。

180208P.jpg

聞こえたのは、「東京マーチス」、「東京ポートラジオ」、「横浜ポートラジオ」、「横須賀ポートラジオ」、「千葉ポートラジオ」で、なぜか、「川崎ポートラジオ」と「木更津ポートラジオ」は聞こえませんでした。あ、16チャンネルの通話ですので、いずれも、船名を呼び、相手が出ると、移るチャンネルを指定すると言う形でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:国際VHF VR-120
posted by matsumo at 18:27| 東京 ☀| Comment(0) | オーディオ・AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

USBビデオキャプチャー「MINGCHANG:EasierCap」を入手(3)

日本amazonより入手したUSBビデオキャプチャー「MINGCHANG:EasierCap」ですが、

171026ZK.jpg

これ、VHSテープのコピー防止も無視しているようで、USBビデオキャプチャー「AREA:SD-USB2CUP3」では録画できなかったものがこちらだときちんと録画できる上、ジャンク品として入手したVHS・DVDプレヤー「日本ビクター:HR-DV5」の画面下に現れるノイズも無視しているので、万々歳状態で、毎日、がんばって市販VHSテープのmpgファイル化を行っています。

171026ZL.jpg

ここのところ、天気が悪い日が続いたこともあり、1日5本位の割で行っているので、完成したのは70本程になりました。これら、2TBのUSB外付ハードディスクに保存していますが、1本の容量が大きいので、この分で行けば、もうすぐ満杯になるため、新しいハードディスクを入手する必要がありそうです。おそらく、4TBのものを入手すると思います。

それにしても、困ったのはそれの再生で、今のところ、パソコンで観るしかないのですが、できれば、液晶プロジェクターやTV画面で観たいのですが、あまりお金をかけないでそれを可能にする方法を考えています。それとも、タブレットパソコンでちんまり観るのが良いかも。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:EasierCap
posted by matsumo at 17:52| 東京 ☀| Comment(0) | オーディオ・AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

USBビデオキャプチャー「MINGCHANG:EasierCap」を入手(2)

先日、日本amazonより入手したUSBビデオキャプチャー「MINGCHANG:EasierCap」ですが、2017.10.13(金)はほぼ1日、雨で外に出かけられなかったので、これを使って映画や音楽の市販VHSソフトのmpgファイ化を行いました。すなわち、VHS・DVDプレヤー「日本ビクター:HR-DV5」のRCA端子と、パソコン「東芝:dynabook B554」のUSB端子に差し込んだ「MINGCHANG:EasierCap」のRCA端子をピンプラグで直結して行いました。勿論、録画ソフトは「MINGCHANG:EasierCap」に付属のものを使用しています。

171013ZR.jpg

録画ソフトですが、最初の設定だと明るく録れすぎているので、明るさを暗くする設定とし、また、コントラストも上げるようにしました。

以前に使用していた「AREA:SD-USB2CUP3」と比較して、録画ソフトが簡単なことが良いです。また、SD-USB2CUP3だと、VHSテープの録画の最中に変なノイズが入るのでしょうか、録画が途中で止まってしまうものが何点かありました、これらはいずれも録画できました。

なお、「AREA:SD-USB2CUP3」ですが、色々といじった結果、ようやく、明るさを暗くする設定もわかり、これもようやくまともに使えるようになりました。

と言うことで、本日は朝から始めて合わせて10本程、mpgファイル化することができました。市販VHSソフトは合わせて250本程あるので、地道にmpgファイル化したいです。昨今はVHSテープデッキの製造は世界的に中止で、中古品しか入手できないので、家にある2台が故障しない前に行いたいです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:EasierCap
posted by matsumo at 18:08| 東京 ☁| Comment(0) | オーディオ・AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

USBビデオキャプチャー「MINGCHANG:EasierCap」を入手

日本amazonより、送料・税込み1,099円にて、USBビデオキャプチャー「MINGCHANG:EasierCap」を入手しました。

170826ZF.jpg

これ、LDやVHSテープ等をデジタル化する際に使用するもので、私はデジタル化を行っている最中ですが、年に数回しか行っていないので、後10年経っても終わらないかもと言う状態です。

同じようUSBビデオキャプチャーなものでは、「AREA:SD-USB2CUP3」を持っているのですが、これを使用すると、なぜか、できた映像が明るすぎることと、滑り止めゴム加工された筐体が劣化によりベタベタするようになったことから、入手したものです。「AREA:SD-USB2CUP3」は3,299円もしたのに、MINGCHANG:EasierCap」は1,099円とおよそ1/3と激安だったことも魅力がありましたが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:EasierCap
posted by matsumo at 08:36| 東京 ☀| Comment(0) | オーディオ・AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする