2020年06月25日

「オリンパス」が「カメラ」部門を売却

本業は医療機器ですが、カメラも販売している「オリンパス」が、大幅な赤字を出しているカメラ部門を投資ファンドに売り払ってしまうのだそうです。投資ファンドとしては、得たカメラ部門の大幅なリストラを行い、黒字にできるようにして、どこかに、おそらく、中国の会社ではないかと思いますが、売り払って、大きな利益を上げるつもりではと思います。

このような形、確か、パソコンでは、東芝からパソコン部門を売り払って「Dynabook(株)」に、ソニーからパソコン部門を売り払って「VAIO(株)」になった例があったと思います。カメラ関係では、京セラのYASHICAブランドが中国の会社に売られて、一時期、YASHICAブランドのデジカメが販売されていました。

オリンパスと言えば、古くはハーフサイズ、すなわち、35mmフィルムでは普通は36mm×24mmの画像が撮影できるのですが、その半分の画像が撮影できるものを開発し、フィルム1本で36枚ではなく倍の72枚撮影できるということで、ランニングコストの安さとカメラの大きさを小さく軽くした「オリンパスペン」シリーズが有名です。その後、ヒットしたものとしては、「OM」シリーズで、これは従来の大きくて重たい一眼レフカメラを小さく軽くしたものです。

デジカメ時代になり、オリンパスは多数のコンパクトデジカメを発売したほか、当時は35mmフィルム画面サイズのCCDが高価だったため、その1/4の面積となる「フォーサーズ」のCCDを使ったレンズ交換式デジカメを発売し、その大きさと軽さから多少は売れたようですが、ヒットまでには至りませんでした。このため、より小さなカメラが期待できる「マイクロフォーサーズ」に変更すると共に、フィルムカメラ時代のオリンパスペンやOM-1に似た形状の、回顧型のレンズ交換式デジカメを販売し、多少はヒットしました。

私は、オリンパスのカメラやデジカメは新品では買ったことはなく、オリンパスのもので持っているのは、カメラのジャンク市で入手したハーフサイズのフィルム式カメラ「OLYMPUS-PEN D2」と

200625ZG.jpg

「OLYMPUS-PEN EED」のみです。

200625ZH.jpg

前者にフィルムを入れて撮影したことがありますが、軽いフレアーみたいなものが出ている上、色も薄くて、ガッカリしたことを覚えています。

一方、デジカメでは、一台も持っていませんが、オリンパスが作った規格「マイクロフォーサーズ」のレンズ交換式デジカメでは、パナソニックのもので、「LUMIX G2」、「LUMIX GF5」、「LUMIX GF3」(4台)と計6台を持っています。このマイクロフォーサーズと言う規格、レンズを含めたデジカメの大きさが小さく、また、重さも軽いので、私みたく歩いて撮影対象を探す者にとっては非常に良いです。合わせて6台もありますし、これに合う交換レンズもAFレンズだけで6本、その他、他のマウント用レンズを使えるようにするマウントアダプターも7種類あるので、今後、オリンパスのカメラ部門の後継会社やパナソニックがマイクロフォーサーズのデジカメを止めても、今のものをそのまま使えばm内、何台かは故障しても、今後、5年以上は使用できると思います。

それにしても、オリンパスと言う会社が存続するのですから、投資ファンド会社から買った会社は「OLYMPUS」と言うブランドは当初しか使えないでしょうし、それ以外には、レンズには「Zuiko」、レンズ交換式デジカメには「OM-D」や「PEN」等のブランドがありますが、それらはとてもブランドと呼べる程の力は無いと思いますので、どうするのでしょうね。

このように知られた会社が無くなる、あるいは、変質してしまうと言うのは寂しいですね。そう言えば、コニカはミノルタと合併し、カメラ部門をソニーに売り払い、フィルム部門は捨てましたが、その後、我々とは全く関係無い会社になってしまったことを思い出しました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 14:20| 東京 ☁| Comment(4) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

2020年 2月17日(月)の「第42回 世界の中古カメラ市」

2020. 2.17(月)、地下鉄「銀座駅」近くの「銀座松屋百貨店」で開催されている「第42回 世界の中古カメラ市」に行ってきました。これ、例年、木曜日が初日なのですが、今年は、2/16(日)が初日で 2/21(金)までの6日間と変則的です。また、今年は例年よりかなり会場が広くなっていました。しかしながら、行ったのが月曜日の11時頃と言うためか、武漢肺炎の流行のためかわかりませんが、来場者はいつもよりは少ない感じで、加えて、カメラ等をショーウィンドウから出してもらってチェックしている人も多くはなく、ちらほら程度でした。このため、店員さん達は、見ている客に声をドンドン、かけていました。また、武漢肺炎にかからないように、会場の方々に消毒液が入ったポンプ式ボトルが置いてあり、カメラ等を触った手をすぐに消毒できるようになっていました。

さて、私が行った目的の1つはロシア製の50mmF3.5の沈胴式レンズ(L39マウント)が3,000円位で入手できないかと言うことでしたが、

200219ZF.jpg

最も安いものでも5,000円でしたので、入手しませんでした。

また、ジャンク品のワゴンがあったのは3店でしたが、いずれも、私には高過ぎです。すなわち、私の場合、ジャンクのフィルム式カメラは、家に30台位ある上、デジカメと比較して、フィルム代と現像代がかかりすぎるので、使うことはないだろうから入手はしない、ジャンクのレンズは税込み1,000円以下でないと入手しないことにしていますので、3店共よく、見ましたが、こちらも入手品無しです。なお、レンズの価格ですが、3,000円位のが多かったです。

なお、大昔、欲しかったハーフサイズのフィルム式カメラ「富士写真フイルム:Fujica mini」が2万円でしたが、

200219ZG.jpg

これも、上記のごとく、入手しても使いそうもないのでパスでした。

と言うことで、いつもの通り、収穫無しの世界のカメラ市でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:59| 東京 ☀| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

2020年01月26日

2020年01月25日

2020年01月22日

「旭光学工業:smc PENTAX-FA 28-80mmF3.5-4.7」を入手(1)

前述のごとく、2020. 1.20(月)は西立川駅近くの「国営昭和記念公園」に「素心蝋梅」と「シモバシラ」の撮影に行ったのですが、その後、家に戻る時に途中の中野駅で下車し、「中野ブロードウェイ」の2階にある「フジヤカメラ・ジャンク館」に行きました。

そして、ペンタックスのワゴンのレンズを見てみると、その中に「旭光学工業:smc PENTAX-FA 28-80mmF3.5-4.7」が何と税込み300円でありました。

200122ZD.jpg

これ、28-80mmズームレンズにしては大柄で、かつ、初めて見るものだったので、とりあえず、店を出て、持っていたスマホでスペック等をチェックしてみました。すると、これは、1991年 6月にフィルム式一眼レフカメラ「旭光学工業:PENTAX Z-10」ボディとセットで発売されたもので、「パワーズーム機能」付と言うことが特長だと言うことがわかりました。マウントは「KAF2」だそうですので、これならば、私が持っているデジタル式一眼レフカメラ「リコーイメージング:PENTAX K-3」等でも使えそうですし、また、これを使ってしばらくは遊べそうです。

また、私は同様なスペックのものとしては、大昔、新品で入手した「タムロン:AF ASPHERICAL 177D 28-80mmF3.5-5.6」を持っていますが、

200122ZDD.jpg

今回のものは出費300円と言うお遊びですので、似たようなスペックにものでもかまいません。加えて、ジャンクですので、カビ等があったり、外見が汚い等は当たり前ですが、外見は結構、綺麗ですし、レンズ部分を入念に覗いてみましたが、カビ等は見当たりません。

と言う訳で、早速、入手しました。300円の代物と言うのに、レンズをポチポチで包み、手提げのポリ袋に入れてくれたのには驚きました。

家に帰って、とりあえず、K-3に取り付けてみたところ、レンズの絞りリングの所を「A」ポジションとすれば、絞りはカメラのダイヤルで設定できますし、また、オートフォーカスでピントも合いますし、加えて、ズームリングを少しまわすとギュイーンと大きな音を立ててズーミングしまうので、パワーズーム機能も問題無く使えました。

200122ZE.jpg

なお、ズームリング、小さく回すと低速で動き、中間くらいだと中速、大きく回すと高速でズーミングしました。と言う訳で、300円と言う激安品にもかかわらず、完動品でした。再度、レンズの中や外観等をチェックしましたが、問題無いようです。

しかしながら、これ、レンズの先の方に「ボタン/A/B/AS」と言うのがあり、いじってみても、その機能がわからないので、早速、インターネットで検索して調べてみました。

200122ZH.jpg

すると、このレンズ、パワーズーム機能以外に、「拡張機能」と言うのがあることがわかました。このレンズの取扱説明書をみようとして、インターネット上を探したのですが、見つかりません。しかしながら、当時のカメラボディ、すなわち、Z-1、Z-10、Z-20等の取扱説明書(PDFファイル)があったので、それをダウンロードして読んでみると、どうやら、それらのカメラで使用する場合のみ、この拡張機能が使用できることがわかりました。すなわち、私が持っているデジタル式一眼レフでは、その機能は全く使えません。しかしながら、その代わりに、パワーズーム機能を使えなくすれば、普通のズームレンズとして使えることがわかりました。すなわち、ズームリングを手前側に引けば、2mm程の隙間ができます。

200122ZFA.jpg

200122ZG.jpg

この状態で、ズームリングを回せばズーミングができ、普通のズームレンズとして使えることがわかりました。

なお、拡張機能ですが、その設定には、レンズのスイッチを「A」から「P」にしたり、スイッチをAS方向に押したり、ボタンを押したりする操作を行って使用するようです。

(1)ズームクリップモード
 カメラにあらかじめ焦点距離を記憶させておいて、必要な時にレンズ側のボタンを押すだけで、その焦点距離にズーミングする機能で、動きの激しいスポーツ場面等でシャッターチャンスをつかむのに便利なのだそうです。

(2)像の倍率一定モード
 例えば、ポートレートなどを撮影する場合、最初に構図を決めて、この機能を設定すると、焦点距離と被写体までの距離から人物の写る大きさをカメラが演算し、撮影距離が変わっても、人物の大きさが一定になるよう自動的にズーミングしてくれる機能だそうです。

(3)自動露光間ズームモード
 イルミネーションなどを撮影する場合、露光中にズーミングすると光源が尾を引いたように写すことができますが、「自動露光間ズーム」とはこれを自動的に行なう機能で、露光時間の前半は焦点距離を固定したまま露光し、1/2を過ぎた時点で広角側から望遠側にズーミングがスタートし、放射状に伸びた光跡を画面に残すものだそうです。

と言うことで、近い内にこのレンズを「リコーイメージング:PENTAX K-3」に取り付けて、試写を行うつもりですが、この1週間位、雨や曇りの日が続くようですので、困りものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:47| 東京 ☁| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

2019年11月15日

フルサイズ・ミラーレスデジカメ「キヤノン:EOS RP」ボディを入手(20)

前述のごとく、2019. 9.10(火)にフルサイズ・レンズ交換式デジカメ「キヤノン:EOS RP」をPCボンバーの通信販売により、送料・税込み「117,800円+銀行振込手数料108円=117,908円」で入手以来、既に2ヶ月間が過ぎ、その間に、マウントアダプターを使用しての手持ちのレンズを付けての撮影や、新たに入手したキヤノン:FEマウントレンズを付けての撮影を行ったので、

191115ZD.jpg

このデジカメについての使用感を書かせていただきます。

<短所>
(1)シャッター音の質が悪い
 私は15年程前までは、フィルム式一眼レフカメラ「リコー:XR-1S」がメインカメラで、サブカメラとして、フィルム式コンパクトカメラ「富士フイルム:Krasse」等を使用していましたが、その後は、ペンタックスのデジタル式一眼レフカメラをメインカメラとして使用していました。ペンタックスのデジタル式一眼レフカメラでは、シャッターボタンを押した時のシャッター音は、気持ちが良い音で、写真を撮っていると言う感じがおき、特に、最後に入手した「リコーイメージング:PENTAX K-3II」ではドンドン、シャッターボタンを押したい気分になります。
 しかしながら、このEOS RPのシャッター音は気が抜けるような感じの音で、これでは、何回もシャッターボタンを押したいと言う気分にならないです。

(2)電源スイッチの位置が悪い
 このEOS RPを使うと、如何にPENTAXの一眼レフの電源スイッチの位置が良いかよくわかります。と言うのは、PENTAXだと、右手でグリップを握ると、人差し指で電源スイッチを入れたり切ったりできるのですが、

191115ZE.jpg

EOS RPだとまず、左手でカメラを持ち、右手で電源スイッチを入れると言う面倒くさいやり方になります。

191115ZF.jpg

(3)種々の設定変更用のボタンが無いので、設定の変更が面倒
 PENTAXのデジタル式一眼レフだと、軍鑑部の右に設定状態がわかる液晶画面があり、シャッター速度、絞り値、ISO、撮影可能残存枚数、電池の状態等が表示されているのですが、

191115ZG.jpg

EOS RPだとこの液晶画面がないため、これらは、ビューファインダー内あるいは背面液晶画面で見ることになります。加えて、PENTAXでは、ISO、露出倍数、WB等、種々の設定のためのボタンがあるので、簡単にこれらを変えることができるのですが、EOS RPではMENUボタンを押して背面液晶を見ながら変更する形になり、これが結構、面倒です。

191115ZH.jpg

と言うことで、PENTAXの操作法が如何によくできているのかわかります。

(4)M/Lマウントレンズでは、焦点距離35mmの準広角レンズでも、長辺の左右や四隅がシアンみたいな色被りが起こる
 ライカMマウント等の焦点距離28mm・24mm・20mm等の広角レンズをマウントアダプター経由で取り付けて撮影する場合は、画面の四隅にシアン系の色被りが起こることは覚悟していましたが、ライカL39マウントの35mm広角レンズ「コシナ:Voigtlander COLOR-SKOPAR 35mmF2.5」、すなわち、準広角レンズでさえ、長辺の左右や四隅にシアン系の色被りが起こってしまうため、カラーでは撮影できない。

191115ZI.jpg

(5)専用RFレンズは高い・大きい・重たいの3悪
 専用のRFレンズは高価の上で、また、大きく重たいので、購入する気分にならないし、また、使用する気にもならない。

(6)内蔵ストロボが無い
 時々、ストロボを使用したいことがあるが、ストロボが内蔵していないため、別途、販売されているストロボを買う必要がある。また、この場合、荷物が増えてしまう。

(7)手ブレ軽減機能が無い
 価格が高くなるために省略したのだと思いますが、このご時世に付いていないのはおかしい。

(8)撮影素子が剥き出しということもあり、レンズ交換時にゴミが付きやすい。しかしながら、ゴミ除去のクリーニング機能の効果が弱いために、ゴミが落ちない。

<長所>
(1)フルサイズ・レンズ交換式デジカメでは、最低価格
  購入時の送料税込み+銀行振込手数料「117,908円」と言うのは、今でもフルサイズ・レンズ交換式デジカメとしては、最低価格だと思います。

(2)マニュアルフォーカスでピント合わせが可能
 液晶ビューファインダーの画面は詳細かつ綺麗なので、10倍に拡大することにより、マニュアルフォーカスレンズでのピント合わせは無理なくできる。

(3)フルサイズのデジカメとしては軽量
 マニュアルフォーカスのライカMマウントのレンズをマウントアダプター経由で取り付けたり、MFのペンタックスKマウントの内のコシナ製造等の軽いレンズを取り付ければ、割と小さく、かつ、軽いカメラとなる。

(4)フィルム式カメラ時代に入手したマニュアルフォーカスレンズが、35mmフィルムカメラで使用した時と同じ画角で撮影できる
 フィルム式カメラ時代には、マニュアルフォーカスのKマウントの単焦点レンズ15本、ズームレンズ6本、M42マウントの単焦点レンズ5本を入手しました。これらは、勿論、PENTAXにレンズ交換式一眼レフで使用できたが、その時は焦点距離が1.5倍に相当する画角になってしまったのに、フルサイズのEOS RPで使用すれば、35mmフィルム式カメラの時と同じ画角で撮影できる。

(5)画素数が2600画素と最近のデジカメにしては少ないので、非力のパソコンでも扱いやすい
 新しいデジカメを入手したら、パソコンも新しくすると言うのは、やはり、裕福でないと無理ですから、私みたいなヒンミンには優しいデジカメだと思います。

と言うことで、価格が安いので、それ以外の欠点は我慢して使えば、問題なく、フルサイズで撮影できるカメラだと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:32| 東京 ☀| Comment(2) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする