2017年12月09日

「東京都水道歴史館」にて「2018(平成30年版)水道カレンダー」を入手

2017.12. 7(木)、お茶の水駅と水道橋駅の間にある「東京都水道歴史館」(東京都文京区本郷2-7-1)にて、東京都水道局が発行した「2018(平成30年版)水道カレンダー」を入手しました。

171209Y.jpg

これ、1枚に2ヶ月分、すなわち、6枚組のカレンダーで、また、表紙の裏は1年間分が印刷されているので、カレンダー2本分として使えるものです。昨年ももらいましたが、写真も良いし、これが無料で入手できるのですから、うれしいです。

これは12/7(木)より、この「東京都水道歴史館」で2,000部が配布されるほか、「東京都水の科学館」(東京都江東区有明3-1-8)で500部、「奥多摩 水と緑のふれあい館」(東京都西多摩郡奥多摩町原5)で800部が配布されますが、無料ですし、別に、身分証明書等の提示も不要ですので、都民以外でももらうことが可能です。

あ、館内には、江戸時代の木製の水道管等、水道事業に関する色々な展示があるので、勿論、そちらも観てきました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:16| 東京 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

ザックのファスナーが2週間強で壊れました

私は外に出るときは、その利便性から小型ザックを背負っていますが、

171201ZF.jpg

本日、使おうとしてファスナーを閉めようとしたら、そのスライダー部(開閉部品)が外れてしまいました。この部分、金属でできていると思っていましたが、このザックではプラスティック製で、その一部が割れてしまったためでした。代わりのザックは無かったし、出かける直前だったので、参りました。

171201ZG.jpg

それにしても、これ、使い始めて2週間強しか経っていないのに壊れるのですから、参ります。勿論、このように短期間で使えなくなるのは初めてです。割れた部分、力が入る所なのに非常に薄いことから、設計ミスだと思います。おそらく、もっと、力を入れなくてよいもの用のファスナーを価格が安い等の理由で、使用しているのではと思います。まあ、ザック本体も千円以下だったので、おそらく「安かろう、悪かろう」の銭失いの製品と言うことなんだと思います。

結局、出かけた帰りに秋葉原に寄り、今度は金属製のスライダーのファスナーを使用した小型ザックを購入してきました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:25| 東京 ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

「都立庭園カレンダー2018」を入手しました

2017.11.13(月)、「都立庭園カレンダー2018」を入手してきました。

すなわち、スタンプ用台紙「第11回 都立庭園 紅葉めぐりスタンプラリー」を持って、旧古河庭園、六義園、小石川後楽園、旧岩崎邸庭園、清澄庭園と計5つの庭園をまわって、各庭園の入口近くに備え付けられているスタンプを押して、最後に行った旧岩崎邸庭園にて、「都立庭園カレンダー2018」をもらってきました。

171113ZF.jpg

都立有料庭園は全部で9つあり、上記以外に向島百花園、旧芝離宮恩賜庭園、浜離宮恩賜庭園、そして、殿ヶ谷庭園があり、この9つの内、5つ行けば、このスタンプラリーは完成と言う訳です。

これ、今年は11/3(金)〜12/10(日)に行われており、カレンダーは先着1万人分です。都立有料庭園の入場料は150円、300円、400円の3種類あり、150円の所は、旧古河庭園、清澄庭園、旧芝離宮恩賜庭園、向島百花園、殿ヶ谷庭園の5つですので、その5つを回れば、出費は150円×5=750円で済みます。と言っても、そのほか、交通費がかかるので、それも足さねばなりませんが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:53| 東京 ☀| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

「楽天カード株式会社 カスタマセンター」からのメール

最近、2回、「楽天カード株式会社 カスタマセンター」からの「【重要】カスタマセンターからのご案内【楽天カード株式会社】」と言う怪しげなメールを受信しました。

171027ZI.jpg

私は楽天カードなんて、持っていないのですから、そんなものが来る筈はありません。加えて、宛先欄をみると、いくつかのアドレスが載っており、また、C.C.欄にもアドレスが載っています。ううん、会社からのメールでそのようなことは絶対にありません。更に、よく見ると、「振込先口座のご確認方法について」と言う項目があり、文章中の下線のある部分をクリックすると、どこかに飛ぶようになっています。ううん、変な所にアクセスして、そこが有料ページだとか、あるいは、ウィルスを送られるとかありそうですので、クリックする気にはなりません。そもそも、楽天カードは持っていないし、今まで持っていたこともないので、振込先銀行なんてないですし。

それにしても、私のメールアドレス、どこから漏れたのでしょうか。以前、格安SIM「楽天ブロードバンド」に入っていたので、その時のメールアドレスが漏れたのかも。あの三木谷浩史氏がやっている会社ですから、信用できませんし。

なお、インターネットを調べてみると、このメール、受け取っている人、結構、多いようで、クリックすると、ウィルスが送り込まれるようになっているのだそうです。

同様なメールを受け取られた方、ご注意下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:52| 東京 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

2017年10月21日(土)の「衆議院議員選挙・最高裁判所裁判官国民審査」の事前投票

本日(10/22)は「衆議院議員選挙・最高裁判所裁判官国民審査」の投票日ですが、

171022ZO.jpg

本日から明日にかけて台風が日本列島を縦断するとのことで、間違いなく、本日は強雨だろうと言うことで、昨日の2017.10.21(土)に家の近所の事前投票所に行き、事前投票を行ってきました。

171022ZP.jpg

建物の入口には小さな紙でしか案内がない上、その階に行っても、矢印等は見あたらなく、投票所がわかりにくいのには参りました。係りの人達は休日出勤しているのでしょうから、やる気が少ないのはわかりますが、もっと、投票する人達に親切であるべきだと思いました。しかしながら、それでも、投票所入場整理券をチェック場所には5名ほどが並んでいましたし、投票中の人は10名近くいたので、結構な人が台風のことを考えて、事前投票に来ていたのだと思います。

さて、本日の夜中までには当選者が決まると思いますが、私が投票した人は当選するでしょうか。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 13:40| 東京 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

JR東日本「Suica」が故障

先日、浜松町駅近くの「旧芝離宮恩賜庭園」に「萩」の花を撮影しようと思って、家の近くの駅より山手線に乗って、浜松町駅で降りて外に出るために自動改札に、透明ビニール製のカードいれに入れてあるSuicaをタッチしたのですが、全く自動改札機が反応しません。このため、何回か同じ操作を繰り返し、かつ、Suicaを裸の状態にしても同様です。このため、有人改札に行き、状況を説明すると、駅員さんはこの手のことが結構あるようで、まず、Suicaを両手で揉むような感じのことを行い、駅員さんの手元の機械にタッチしましたが、やはり、同様です。結局、内部の接触不良と言うことになり、「Suicaの交換が必要で、それは本日はダメで明日にどこかの駅で」と言うことと、「本日はどこから乗ってきましたか、その分を現金で精算願います」と言うことになりました。このため、乗った駅名を言い、お金を渡して精算を行いました。そして、駅員さんより、レシートみたいな紙を貼り付けたSuicaが返されました。

171002ZB.jpg

翌日、家の近所の駅の有人改札口に行き、それを渡すと、交換は「みどりの窓口」で行って欲しいと言われ、この駅にはその窓口がないので、隣の駅まで歩いて、交換しました。ううん、それならば、浜松町駅の改札では、最初からみどりの窓口と言って欲しかったです。

なお、私が使っていたSuicaは使い始めて3枚目のもので、約8年間使っていたものです。そんなに手荒な使い方はしていませんが、透明ビニール製のカード入れに入れ、そのカード入れにはSuicaのほか、テレフォンカード、図書館カード、都立9庭園年間パスポート、東京国立博物館年間パスポート等が入っているのですが、それをズボンの右ポケットに入れているので、歩いたり、座ったりする時に、少し曲がるような力がかかって、それが原因で内部のICチップ等の接触不良がおこったのかもしれません。なお、最初に入手したものは1年位で強制的にJR東日本が交換、2枚目のものは10年以上経ってからJR東日本が強制的に交換したもので、そう言えば、2枚目を使用の時に、1回だけ、今回のように全く反応しなくなったことがあったのですが、改札口で駅員さんにそのことを言うと、何回か駅員さんが試すと復活したことを思い出しました。いずれにしろ、この手のICカードって、思っているほど強固ではないようです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:44| 東京 ☀| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

2017年 9月28日(木)は

2017. 9.28(木)は目が覚めた朝方は雨、そして、10時頃から16時位は曇り、その後は雨と言う状態でしたが、朝方の雨と、天気予報では午前中に雨は止んでも、午後からまた、降るとのことから、結局、出かけずに、例によって、LPレコードのWAVEファイル化を行いました。

171001ZI.jpg

結局、7時半頃から20時までかかって、12枚のLPをWAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」に録音しました。

(1)グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調、ペールギュントの音楽(ベッケルント(pf)、ヘッゲ指揮オスロpo.)
(2)〜(4)ピアノ名曲集(カサドジュ、グールドほか)
(5)R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」(ビーチェム指揮ロイヤルpo.)
(6)フォーレ:レクイエム(ウィルコックス指揮ニューフィルハーモニアO.)
(7)イタリア・バロック音楽のたのしみT(マルトン指揮ミラノ・アンジェリウム合奏団)
(8)シューマン:ピアノ協奏曲イ短調、組曲「子供の情景」、アベック変奏曲(ハスキル(pf)、オッテルロー指揮ハーグpo.)
(9)ベートーベン:ピアノソナタ第23番、第12番(リヒテル)
(10)美しいバロック小品集(ガット指揮ミラノ・アンジェリウム合奏団ほか)
(11)テレマン:テレマン協奏曲集(ヤニグロ指揮ザグレブ室内合奏団ほか)
(12)バロック音楽の誕生(コンソート・オブ・ヴィオルズほか)

ついでに、録音年も調べたのですが、意外に思ったのが(8)で、てっきりステレオ録音と思っていたのが、1951年のモノラル録音を擬似ステレオ化したものであったことです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

2017年 9月16日(土)は

2017. 9.16(土)、台風が日本列島を縦断するとのことから、関東地方の秋雨前線が活発化して、昼間は「曇り時々小雨」状態で、午前中は大塚駅近くの大塚天祖神社の大祭の撮影に行ったのですが、昼前には家に戻りました。また、この台風のおかげで、明日の9/17(日)に予定していた私の家の近くの神社の本社の神輿渡御が中止となりました。ううん、これ、10年振りに行われるとのことでしたが、ううん、来年に延期と言うことなのでしょうか。それにしても、10年に一度と言うのはあまりに期間開き過ぎですね。でも、本日(9/17)は今の所、小雨状態で、台風はまだ、九州辺りで、風は強くはないので、やろうと思えばできたのではと思います。

と言うことで、昨日(9/16)の午後から夜中まで、以下のLPレコードのWAVEファイル化を行いました。

170917ZA.jpg

(1)リリー・ラスキーヌ_パープ・リサイタル
(2)J.S.バッハ:カンタータ第56番・第82番(リヒター指揮ミュンヘンバッハ管弦楽団)
(3)デ・プレ:パンジェ・リングァ(ケープ指揮プロムジカアンティウク)
(4)J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番・第3番・ブランデンブルク協奏曲第5番(ミュンヒンガー指揮シュツトガルト室内管弦楽団)
(5)モーツアルト:セレナード第13番、スメタナ:交響詩「モルダウ」ほか(フルトベングラー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団)
(6)メンデルスゾーン:バイオリン協奏曲ホ短調、ブルッフ:バイオリン協奏曲第1番(グリュミオー(vn)、ハイティング指揮コンセルトヘボウ管弦楽団)
(7)オペラ名曲集(セラフィン指揮ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団ほか)
(8)シューマン:交響曲第3番(クレンペラー指揮ニューフィルハーモニア管弦楽団)
(9)モーツアルト:歌劇「ドン・ジョバンニ」ハイライト(リュッケバーグ指揮ハンブルク放送交響楽団)
(a)モーツアルト:歌劇「フィガロの結婚」ハイライト(ズイーリッヒ指揮ハンブルグ放送交響楽団)
(b)ブルックナー:交響曲第04番(ワルター指揮コロンビア交響楽団)
(c)シューベルト:交響曲第09番(ヨッフム指揮バイエルン放送交響楽団)
(d)アンナ・マグダレーナ・バッハの為の音楽手帳より(テーネ(hpsi)ほか)
(e)マリー・クレール・アラン/J.S.バッハオルガン名曲集
(f)ヨハン・シュトラウス2世:円舞曲集(エドワルド・シュトラウス指揮不明交響楽団)
(g)ドゥヴィエンヌ、ノード、ルイエ:フルート協奏曲3曲(ランパル(fl)、ルーセル指揮アンティムジカ管弦楽団)
(h)ド・ラ・リュー:レクイエム・ミサ「苦しみは栄光もて回復せり」(ラヴィエ指揮パリポリフォニックアンサンブル)
(i)J.S.バッハ:マニフィカート・カンタータ第78番(リヒター指揮ミュンヘンバッハ管弦楽団)
(j)J.S.バッハ:管弦楽組曲全4曲(リステンパルト指揮ザール室内管弦楽団)
(k)ビバルディ:協奏曲・ソナタ名曲集(マクサンス・ラリュー四重奏団)
(l)ラモー:コンセール全5曲(ランパル(fl)、ラクロワ(cemb)、ネイ(vc))

WAVEファイル化しただけではだめで、これを編集しなければ聴きやすい状態にならないのですが、何年前かにWAVEファイル化したものを含めて、まだ、50以上、パソコンの中に残っているので、頑張って、編集しなければ。でも、色々とやりたいことがあるので、中々、そちらまで行きません。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 11:00| 東京 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

2017年 9月 2日(土)は

2017. 9. 2(土)は昨日の22時頃からの雨が降り続いており、特に、4時頃は強い雨で目が覚めました。その後、また、弱い雨となり、11時前にようやく止みました。しかしながら、気温は下がり、窓を開けていない状態の私の部屋の温度は25℃で、半袖では寒い感じです。本日の夜はコンサートに行かねばならないので、その前に秋葉原に行くこととし、家を出るのは雨が止み、気温が上がってくる14時頃とし、その前の時間は、一昨日と同様にLPレコードのWAVEファイル化を行うこととします。しかしながら、一昨日はモノラル録音LPのWAVEファイル化でしたが、本日はステレオ録音LPのWAVEファイル化を行うため、フォノカートリッジをモノラル用からステレオ用のものに交換してから、始めます。

170903Z.jpg

結局、WAVEファイル化したのは、

モーツアルト:歌劇「ドン・ジョバンニ」・「フィガロの結婚」抜粋(リュッゲンバー指揮ハンブルグ放送交響楽団ほか)
ブルックナー:交響曲第4番(ワルター指揮コロンビア交響楽団)
シューベルト:交響曲第9番(ヨッフム指揮バイエルン放送交響楽団)
アンナ・マグダレーナ・バッハの為の音楽手帳(ワルター・テレーネほか)
マリー・クレール・アラン/J.S.バッハ オルガン名演集

の5枚でした。

11時半頃になると、雲が切れてきて、前日(9/1)と同様に空の一部が青空となり、気温も上がってきました。このため、昼食後は駒込駅近くの「六義園」に撮影に行ったので、結局、LPのWAVEファイル化は上記の5枚のみで終わってしまいました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 10:00| 東京 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

ゆうちょ銀行から「取引履歴書」が送付されてきました

先日、ゆうちょ銀行から親展と書かれたものが送られてきたので、何かの「宣伝か」と思って封を開けたら、「お取引履歴(通帳未記載分)のご案内」と書かれた紙が入っていました。

170819ZB.jpg

このゆうちょ銀行の口座は、「ガス、水道、固定電話、NHK」料金の自動引き落としに使っているもので、1年に1回か2回、ATMで記帳しているのですが、今年になってまだ、1回も記帳しなかったので、送られてきたものだと思います。以前にも、記帳をしていなかった時、個々の取引が記帳されずにまとめた形で金額が印刷されたことがありましたが、このような紙が送られていたのは初めてです。勿論、都市銀行でも、金額がまとめて印刷されたこともありましたが、その際、このようなものが送られてきたことはありません。ううん、ゆうちょ銀行は以前より親切になったと言うことでしょうか。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 11:13| 東京 🌁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする