2017年10月03日

JR東日本「Suica」が故障

先日、浜松町駅近くの「旧芝離宮恩賜庭園」に「萩」の花を撮影しようと思って、家の近くの駅より山手線に乗って、浜松町駅で降りて外に出るために自動改札に、透明ビニール製のカードいれに入れてあるSuicaをタッチしたのですが、全く自動改札機が反応しません。このため、何回か同じ操作を繰り返し、かつ、Suicaを裸の状態にしても同様です。このため、有人改札に行き、状況を説明すると、駅員さんはこの手のことが結構あるようで、まず、Suicaを両手で揉むような感じのことを行い、駅員さんの手元の機械にタッチしましたが、やはり、同様です。結局、内部の接触不良と言うことになり、「Suicaの交換が必要で、それは本日はダメで明日にどこかの駅で」と言うことと、「本日はどこから乗ってきましたか、その分を現金で精算願います」と言うことになりました。このため、乗った駅名を言い、お金を渡して精算を行いました。そして、駅員さんより、レシートみたいな紙を貼り付けたSuicaが返されました。

171002ZB.jpg

翌日、家の近所の駅の有人改札口に行き、それを渡すと、交換は「みどりの窓口」で行って欲しいと言われ、この駅にはその窓口がないので、隣の駅まで歩いて、交換しました。ううん、それならば、浜松町駅の改札では、最初からみどりの窓口と言って欲しかったです。

なお、私が使っていたSuicaは使い始めて3枚目のもので、約8年間使っていたものです。そんなに手荒な使い方はしていませんが、透明ビニール製のカード入れに入れ、そのカード入れにはSuicaのほか、テレフォンカード、図書館カード、都立9庭園年間パスポート、東京国立博物館年間パスポート等が入っているのですが、それをズボンの右ポケットに入れているので、歩いたり、座ったりする時に、少し曲がるような力がかかって、それが原因で内部のICチップ等の接触不良がおこったのかもしれません。なお、最初に入手したものは1年位で強制的にJR東日本が交換、2枚目のものは10年以上経ってからJR東日本が強制的に交換したもので、そう言えば、2枚目を使用の時に、1回だけ、今回のように全く反応しなくなったことがあったのですが、改札口で駅員さんにそのことを言うと、何回か駅員さんが試すと復活したことを思い出しました。いずれにしろ、この手のICカードって、思っているほど強固ではないようです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:44| 東京 ☀| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

2017年 9月28日(木)は

2017. 9.28(木)は目が覚めた朝方は雨、そして、10時頃から16時位は曇り、その後は雨と言う状態でしたが、朝方の雨と、天気予報では午前中に雨は止んでも、午後からまた、降るとのことから、結局、出かけずに、例によって、LPレコードのWAVEファイル化を行いました。

171001ZI.jpg

結局、7時半頃から20時までかかって、12枚のLPをWAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」に録音しました。

(1)グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調、ペールギュントの音楽(ベッケルント(pf)、ヘッゲ指揮オスロpo.)
(2)〜(4)ピアノ名曲集(カサドジュ、グールドほか)
(5)R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」(ビーチェム指揮ロイヤルpo.)
(6)フォーレ:レクイエム(ウィルコックス指揮ニューフィルハーモニアO.)
(7)イタリア・バロック音楽のたのしみT(マルトン指揮ミラノ・アンジェリウム合奏団)
(8)シューマン:ピアノ協奏曲イ短調、組曲「子供の情景」、アベック変奏曲(ハスキル(pf)、オッテルロー指揮ハーグpo.)
(9)ベートーベン:ピアノソナタ第23番、第12番(リヒテル)
(10)美しいバロック小品集(ガット指揮ミラノ・アンジェリウム合奏団ほか)
(11)テレマン:テレマン協奏曲集(ヤニグロ指揮ザグレブ室内合奏団ほか)
(12)バロック音楽の誕生(コンソート・オブ・ヴィオルズほか)

ついでに、録音年も調べたのですが、意外に思ったのが(8)で、てっきりステレオ録音と思っていたのが、1951年のモノラル録音を擬似ステレオ化したものであったことです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

2017年 9月16日(土)は

2017. 9.16(土)、台風が日本列島を縦断するとのことから、関東地方の秋雨前線が活発化して、昼間は「曇り時々小雨」状態で、午前中は大塚駅近くの大塚天祖神社の大祭の撮影に行ったのですが、昼前には家に戻りました。また、この台風のおかげで、明日の9/17(日)に予定していた私の家の近くの神社の本社の神輿渡御が中止となりました。ううん、これ、10年振りに行われるとのことでしたが、ううん、来年に延期と言うことなのでしょうか。それにしても、10年に一度と言うのはあまりに期間開き過ぎですね。でも、本日(9/17)は今の所、小雨状態で、台風はまだ、九州辺りで、風は強くはないので、やろうと思えばできたのではと思います。

と言うことで、昨日(9/16)の午後から夜中まで、以下のLPレコードのWAVEファイル化を行いました。

170917ZA.jpg

(1)リリー・ラスキーヌ_パープ・リサイタル
(2)J.S.バッハ:カンタータ第56番・第82番(リヒター指揮ミュンヘンバッハ管弦楽団)
(3)デ・プレ:パンジェ・リングァ(ケープ指揮プロムジカアンティウク)
(4)J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番・第3番・ブランデンブルク協奏曲第5番(ミュンヒンガー指揮シュツトガルト室内管弦楽団)
(5)モーツアルト:セレナード第13番、スメタナ:交響詩「モルダウ」ほか(フルトベングラー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団)
(6)メンデルスゾーン:バイオリン協奏曲ホ短調、ブルッフ:バイオリン協奏曲第1番(グリュミオー(vn)、ハイティング指揮コンセルトヘボウ管弦楽団)
(7)オペラ名曲集(セラフィン指揮ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団ほか)
(8)シューマン:交響曲第3番(クレンペラー指揮ニューフィルハーモニア管弦楽団)
(9)モーツアルト:歌劇「ドン・ジョバンニ」ハイライト(リュッケバーグ指揮ハンブルク放送交響楽団)
(a)モーツアルト:歌劇「フィガロの結婚」ハイライト(ズイーリッヒ指揮ハンブルグ放送交響楽団)
(b)ブルックナー:交響曲第04番(ワルター指揮コロンビア交響楽団)
(c)シューベルト:交響曲第09番(ヨッフム指揮バイエルン放送交響楽団)
(d)アンナ・マグダレーナ・バッハの為の音楽手帳より(テーネ(hpsi)ほか)
(e)マリー・クレール・アラン/J.S.バッハオルガン名曲集
(f)ヨハン・シュトラウス2世:円舞曲集(エドワルド・シュトラウス指揮不明交響楽団)
(g)ドゥヴィエンヌ、ノード、ルイエ:フルート協奏曲3曲(ランパル(fl)、ルーセル指揮アンティムジカ管弦楽団)
(h)ド・ラ・リュー:レクイエム・ミサ「苦しみは栄光もて回復せり」(ラヴィエ指揮パリポリフォニックアンサンブル)
(i)J.S.バッハ:マニフィカート・カンタータ第78番(リヒター指揮ミュンヘンバッハ管弦楽団)
(j)J.S.バッハ:管弦楽組曲全4曲(リステンパルト指揮ザール室内管弦楽団)
(k)ビバルディ:協奏曲・ソナタ名曲集(マクサンス・ラリュー四重奏団)
(l)ラモー:コンセール全5曲(ランパル(fl)、ラクロワ(cemb)、ネイ(vc))

WAVEファイル化しただけではだめで、これを編集しなければ聴きやすい状態にならないのですが、何年前かにWAVEファイル化したものを含めて、まだ、50以上、パソコンの中に残っているので、頑張って、編集しなければ。でも、色々とやりたいことがあるので、中々、そちらまで行きません。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 11:00| 東京 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

2017年 9月 2日(土)は

2017. 9. 2(土)は昨日の22時頃からの雨が降り続いており、特に、4時頃は強い雨で目が覚めました。その後、また、弱い雨となり、11時前にようやく止みました。しかしながら、気温は下がり、窓を開けていない状態の私の部屋の温度は25℃で、半袖では寒い感じです。本日の夜はコンサートに行かねばならないので、その前に秋葉原に行くこととし、家を出るのは雨が止み、気温が上がってくる14時頃とし、その前の時間は、一昨日と同様にLPレコードのWAVEファイル化を行うこととします。しかしながら、一昨日はモノラル録音LPのWAVEファイル化でしたが、本日はステレオ録音LPのWAVEファイル化を行うため、フォノカートリッジをモノラル用からステレオ用のものに交換してから、始めます。

170903Z.jpg

結局、WAVEファイル化したのは、

モーツアルト:歌劇「ドン・ジョバンニ」・「フィガロの結婚」抜粋(リュッゲンバー指揮ハンブルグ放送交響楽団ほか)
ブルックナー:交響曲第4番(ワルター指揮コロンビア交響楽団)
シューベルト:交響曲第9番(ヨッフム指揮バイエルン放送交響楽団)
アンナ・マグダレーナ・バッハの為の音楽手帳(ワルター・テレーネほか)
マリー・クレール・アラン/J.S.バッハ オルガン名演集

の5枚でした。

11時半頃になると、雲が切れてきて、前日(9/1)と同様に空の一部が青空となり、気温も上がってきました。このため、昼食後は駒込駅近くの「六義園」に撮影に行ったので、結局、LPのWAVEファイル化は上記の5枚のみで終わってしまいました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 10:00| 東京 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

ゆうちょ銀行から「取引履歴書」が送付されてきました

先日、ゆうちょ銀行から親展と書かれたものが送られてきたので、何かの「宣伝か」と思って封を開けたら、「お取引履歴(通帳未記載分)のご案内」と書かれた紙が入っていました。

170819ZB.jpg

このゆうちょ銀行の口座は、「ガス、水道、固定電話、NHK」料金の自動引き落としに使っているもので、1年に1回か2回、ATMで記帳しているのですが、今年になってまだ、1回も記帳しなかったので、送られてきたものだと思います。以前にも、記帳をしていなかった時、個々の取引が記帳されずにまとめた形で金額が印刷されたことがありましたが、このような紙が送られていたのは初めてです。勿論、都市銀行でも、金額がまとめて印刷されたこともありましたが、その際、このようなものが送られてきたことはありません。ううん、ゆうちょ銀行は以前より親切になったと言うことでしょうか。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 11:13| 東京 🌁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

SPレコードのWAVEファイル化

昨日(7/26)の午前中は雨、午後は曇りでしたが、割と涼しい日で、それが本日(7/27)も続いています。本日は1日中、直射日光が射さない曇りでしたので、午前中は外に出かけましたが、昨日は1日中、家にいて、ポータブルプレーヤー「Numark:PT-01」を使用して、SPレコードのWAVEファイル化を行いました。

170727ZG.jpg

私が持っているSPレコードは全部で42枚ですが、私の整理状態が悪いので、10枚程が見つかりません。間違いなく、部屋の中にあると思うのですが、一体、どこにあるのか、わからないのが困りものです。多分、どこかの隙間に入れた、あるいは、押し入れのどこかに入れた、あるいは、LP/LD棚の後に入れた等が考えられるのですが。

私の場合、この手のものが結構、多くて、例えば、蓄音器用鉄針(100本)、懐中電灯、モノラルLPを擬似ステレオ化したカセットテープ10本等が行方不明になっているのですが。まあ、部屋の中にあるものを部屋から全部出してみれば、見つかると思うのですが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:PT-01
posted by matsumo at 18:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

2017年 7月18日(火)の「雹」(4)

2017. 7.18(火)の雹ですが、前述のごとく、ピンポン玉の大きさの氷の塊が大量に降ったため、家の窓の外側にある「網戸」のかなりに穴が開いてしまったため、7/19(水)に網戸の網の張り替えを業者の方(2013年にもやっていただいた方です)に依頼し、7/22(土)に家まで来ていただき、その場で修理をしていただきました。

すなわち、朝食後に、張り替えねばならない網戸を取り外し、業者の方が来るのを待ちます。9:30頃に業者の方が来ます。前回と同様に道路に車を止め、そこで、作業を行うようです。張り替えを依頼する網戸は全部で13枚だったのですが、費用は税込み3万円とのことで、了解します。網戸を車のそばに持ってゆき、作業が始まります。作業、ものすごく早いです! 結局、約1時間、すなわち、10:30には張り替え終了で、できたものを渡されます。そして、3万円を支払い、お礼を言います。この後は、網戸の位置に戻す、これは11:20頃に終了です。

と言うわけで、これで、今回の雹の被害に対する対応は終わりです。と言っても、エアコンの室外機に開いた穴はそのままですが、支障はないようですので、そのまま放置ですが。

なお、今回の雹では、家の近くの桜並木の葉っぱが小枝ごと大量に落ちたため、それが、道路の排水枡を覆って、家の前は泥川状態になりましたが、

170723ZI.jpg

私の家の辺りで、最も低い位置にある1軒は床下浸水になったようです。昨日、その家の前を歩いたら、使ったらしい土嚢を乾かしていました。

170723ZJ.jpg

また、近所の銭湯で、以下の話がありました。

(1)会社から家に戻ったら、窓ガラスが割れていて、部屋の中は割れたガラスと水だらけになっていた。窓ガラスは取り替えたが、割れたガラスが完全には取りきれず、スリッパを履いて暮らしている。

(2)窓を開けて外出していたので、家に戻ったら、部屋の中は雹が積もり、水浸しになっていた。

(3)プラスチック製の庇が穴だらけになった。

(4)プラスティック製の塀が穴だらけになった。

(5)マンションの南側の各部屋の網戸のほとんどが穴だらけになった。

と言うことで、結構、近所でも被害があったようです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:
posted by matsumo at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

2017年 7月18日(火)の「雹」(3)

2017. 7.18(火)の雹ですが、前述のごとく、ピンポン玉の大きさの氷の塊が、屋上や屋上のドアに当たるガンガン、ドンドンと言う音がものすごかったです。

この塊が当たったエアコンの網目の所には大きな穴が開きましたが、

170721A.jpg

屋上の床と言うか、セメントを塗った部分も白っぽい大きな傷が沢山、出来ていました。

170721B.jpg

170721C.jpg

このため、砂状のものが沢山できて、箒で掃除をしたところ、結構な量の砂が集まりました。また、屋上の出入口のドアも擦れたような跡があります。

170721D.jpg

このほか、隣の家との間の空き地に置いてある植木鉢ですが、かなりの草木の葉が落ちた状態になりました。

170721E.jpg

明日は、業者の方が、穴が開いた網戸12枚の修理をしてくれます。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:
posted by matsumo at 16:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

2017年 7月18日(火)の「雹」(2)

昨日(7/18)の雹ですが、ニュースをみると、どうやら、池袋駅あたりから田端駅辺りまでが酷い状態だったようです。ピンポン玉の大きさの雹で、屋上や屋上のドアに当たるガンガン、ドンドンと言う音がものすごかったです。

と言うことで、私の家の状態ですが、やはり、やはり、屋上はひどい状態で、屋上のドア上の屋外蛍光灯が壊れたほか、

170719ZF.jpg

エアコンの室外機の外側がひどい状態になっていました。

170719A.jpg

170719B.jpg

170719C.jpg

これだけ壊れたと言うことは、雹の大きさはピンポン玉位あったのだと思います。加えて、エアコンの配管を覆っているステンレス管は雹が当たって、何カ所も凹んでいます。

170719D.jpg

170719E.jpg

また、ステンレスの覆いが無い配管はテープが巻かれていましたが、そのテープのボロボロになっています。

170719F.jpg

屋上以外は窓の網戸が少なくとも12枚、大きな穴が開きました。これも大きな雹が当たったためだと思います。まあ、窓ガラスが割れなくて良かったですが。

170719G.jpg

170719H.jpg

と言うことで、とりあえず、屋上の蛍光灯は使っていないので、蛍光灯管は外し、割れた場所にはプラスティック板等をあてがってからビニールテープでグルグル巻きとし、一応、中に雨水が入らないようにしました。また、エアコンは使えるので、室外機はそのままとすることとしました。ステンレス製の覆いもそのままです。テープがボロボロとなった配管にはビニールテープを巻きました。網戸の張り替えは以前に行ってもらった所に電話で発注し、7/22(土)に行ってもらうこととしました。

と言うことで、今回の雹のため、散々な目に遭いました。また、火災保険には、確か、家屋等の損害補償が入っているはずなので、証書を出して調べてみましたが、修理代20万円以上とのことから、無理なようでした。

今まで、雹には何回か遭っていますが、このような損害が起こるような雹は初めてです。これが最後になることを祈りたいと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:
posted by matsumo at 17:56| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

2017年 7月18日(火)の「雹」(1)

2017. 7.18(火)の午前中はまあまあの天気だったのですが、13時頃から遠雷が聞こえるようになり、それがずっと続きました。そして、14:30頃からひどい雷が鳴り始めましたが、雨は小雨程度が時々、降る程度で、雷さえ通り過ぎれば終わりかと思っていたら、13:10頃より、突然、台風みたいな感じの強い風と強い雨が降り始め、それに加えて、バタバタバタと言う音が聞こえ始めました。あっ、雹も降っているのだと思いましたが、すぐにそれがひどい状態になり、雹が家の窓やドア、そして、屋根に当たるガンガンと言う音がものすごい状態になりました! これでは、どこかの窓ガラスが割れるか、ヒビが入るのではと危惧します。10分位で、ようやく、雨は小雨となり、雹も降らなくなったので、急いで屋上に行き、様子を見てみると、直径2cm以上の氷の塊が方々にあります。

170718ZG.jpg

そして、ようやく、雨が止んだので、被害状況をチェックすると、屋上の屋外灯は割れています。

170718ZH.jpg

おそらく、雹が何回も当たったのだと思います。一方、家中の窓のガラスをチェックしましたが、割れたりヒビが入ったものは無いようです。しかしながら、その前にある網戸の網は穴が開いたものが計10枚程ありました。このほか、屋上にあるエアコンの室外機の網みたいなものがひどい状態になっていますが、こちらは修理しなくても、どうにか使えそうです。

一応、安心して、今度は家の前の道路を見ると、何と、道路が黄土色の川になっています!!

170718ZI.jpg

どうやら、雹に当たって大量の木の葉が地面に落ち、

170718ZL.jpg

それが排水枡の所に積もって、水が排水枡より下水に流れなくなっているようです。ともかく、70m位離れた所から、黄土色の水がドンドン、流れてきます。このため、近所の人達が、一生懸命になって、排水枡の所の木の葉を取り除いいます。ようやく、水が退いて行きますが、今度は道路には大量の木の葉が残っているので、それを掃除しますが、何と、30分弱、かかりました。ちなみに私の家の前だけでも、木の葉が大きなレジ袋に3袋程ありました。

また、雹ですが、水が流れていない場所には雹が大量に溜まっていました。

170718ZK.jpg

170718ZJ.jpg

と言うことで、現在の所に30年間ほど、住んでいますが、このような経験、すなわち、直径2cm以上はある雹が大量に降ったこと、家の前が川状態になったことは初めてです。このような経験をすると、先日の九州の洪水がいかに大変か、よくわかりました。

明日、もう少し、気持ちが落ち着いてから、再度、点検したいと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:
posted by matsumo at 18:19| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする