2018年03月26日

「3TB-USB外付けハードディスク」を新たに入手

2018. 3.24(土)、秋葉原のジャンク街にある「TOKKA バザール」にて、3TB-USB外付けハードディスク「BUFFALO:DriveStation HD-LC3.0U3-BK」を税込み9,999円で入手しました。

180326ZB.jpg

当初、WindowsXPパソコンでも使用できる2TBのものを入手する予定だったのですが、インターネットで調べて最も安かった日本amazonでも、「BUFFALO:8,957円」、「I/O DATA:8,700円」と(いずれも、送料税込み)、私が以前に入手した時より1,000円位、値上がりしていました。ううん、ハードディスクって、ドンドン、安くなるものだと思っていましたが、2TB当たりになってからは様子が変わったようです。一方、WindowsXPでは事実上使用できない3TBのものは「BUFFALO:10,484円」です。1TB当たりの値段に換算すると、やはり、3TBのものの方が安いので、私にとっては不便になりますが、そちらを入手することとしました。そして、日本amazonで注文する前に、秋葉原のジャンク街をのぞいたら、日本amazonより500円程、安いものが見つかったと言う訳です。

あ、使う目的は、LP等から作成したWAVEファイルを保存するためです。私はこの目的のために、現在、3台の2TB-USB外付けハードディスクを使用しており、作曲家名「ア〜テ」、「ト〜フ」、「ヘ〜ワ」で分けて保存しているのですが、「ヘ〜ワ」のハードディスクに保存しているものが2TB近くなってしまったため、これを2つに分けることにしたためです。

家に戻って、早速、外箱を開けて中身を取り出し、また、使用説明書もチェックしましたが、すごいことがかかれていました!

すなわち、「定期的なバックアップを強くお勧めします」、「本製品は、恒久的なデータの保存場所ではありません」と大きな文字で書かれています。すなわち、「本製品は壊れることがあるので、バックアップを十分の取りなさい」と言うことなのですね。ううん、製品に関する責任を完全に放棄していますね。普通の人は、大丈夫だと思って入手しているのだと思うのですが。

さて、私は、インターネットには接続していないWindowsXPパソコンも使用しているため、このパソコンにも接続できるUSB外付けハードディスクの方が使い勝手が良いので、この3TBのものはVHSテープ等から作成した映像ファイルを保存するのに使用することとし、まずは、映像ファイルを保存している2TB-USB外付けハードディスクより、全てのファイルをノートパソコン(Windows 7)を経由して3TB-USB外付けハードディスクに移動しました。そして、今度は作曲家「ヘ〜ワ」のWAVEガファイルが入っている2TB-USB外付けハードディスクと先程、空にした2TB-USB外付けハードディスクをノートパソコンに接続して、作曲家「ヘ」にファイルのみ移動します。何と、この「ヘ」だけで、1TB分程ありました! その大部分は「ベートーベン」でした。

と言うことで、これで、また、「ヘ〜ワ」のWAVEファイルも保存できるようになりました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:47| 東京 ☀| Comment(2) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

2TB-外付けUSBハードディスクが故障のため、「3.5型HDDケース」を入手

私は自分で撮った写真や、LP等から作成したWAVEファイル等を、バファッロー製やアイオーデータ製の2TB-外付けUSBハードディスク9台に保存していますが、

180320ZM.jpg

内、LP等から作成したWAVEファイルを保存してあるUSBハードディスク(バッファロー製)が、しばらく前から時々、認識しなくなっていました。すなわち、ノートパソコンとUSBケーブルで接続して、作成したWAVEファイルをUSBハードディスクに移動している時に、USBケーブルに触ったりすると接続が切れてしまうという症状が起こるようになりました。おそらく、USBハードディスクとUSBケーブルとの接続部分であるコネクタが接触不良を起こしているのだろうと思って、だましだまし、使っていたのですが、3/17(土)、全く認識しないようになってしまいました。勿論、他の原因を考えて、別なノートパソコンで行う、USBケーブルも他のものを使う等を行っても同様です。

このため、これは、内蔵している3.5インチのハードディスクが直接の原因ではなく、USBハードディスクのコネクタがプリント基板にハンダ付けしている辺りのハンダ付けが外れるとかが原因ではないかと思って、インターネットでこのUSBハードディスクの分解法を調べ、外側ケースをこじ開けてみました。

180320ZB.jpg

そして、内蔵されている3.5インチのハードディスクとそれに付いている基板をケースから出して、

180320ZC.jpg

180320ZD.jpg

USBコネクタ部分をチェックしてみましたが、残念ながら、しっかりくっついているようで、接触不良の場所はわかりません。

この3.5インチのハードディスクには過去5年分以上の2TB近いWAVEファイルが保存してあり、それを捨てたら、それまでの努力が無駄になってしまうので(バックアップはとっていなかったのです)、そう言えば、この3.5インチハードディスクを入れて、USB外付けハードディスクとして使えるようにする「3.5型HDDケース」が販売されている筈で、それを入手すれば、また、3.5インチハードディスクが使えるようになる筈だと思って、日本amazonをチェックしてみると、「玄人志向:3.5型HDDケース SATA接続 電源連動 USB2.0対応 マットブラック GW3.5AA-SUP/MB」が税込み1,840円で販売されていました。日本amazonは一度に2,000円以上の買い物だと、送料350円が無料になるので、2018. 3.18(日)に、アクションカメラ「Victure:AC200」で使うことを目的として「icoolsmart:アクションカメラバッテリー 1050mAh充電式互換バッテリ2個付き USB急速デュアル充電器」(1,299円)と一緒に、この3.5型HDDケースを発注しました。そして、本日(3/20)、入手したと言う訳です。

180320ZE.jpg

まずは、3.5インチのハードディスクより、基板を留めてある2本のネジを外して、基板を外します。

180320ZF.jpg

180320ZG.jpg

そして、入手した「3.5型HDDケース」の外箱を開け、ケースを取り出して、それより基板部分を取り出します。

180320ZH.jpg

その基板部分に付いているハードディスク用コネクタにハードディスクを差込ます。

180320ZI.jpg

2本のネジで動かないように留めて、ケースに差込み、4本のネジで留めれば完成です。

180320ZJ.jpg

なお、この「3.5型HDDケース」は薄めなので、倒れないように置き台が付いています。

180320ZL.jpg

この状態で、この「3.5型HDDケース」に付いてきたのACアフダプターとUSBケーブルを使用して、ノートパソコンに接続したところ、きちんと認識し、今までと同様に使えることがわかりました。しかしながら、この3.5インチハードディスクは満杯に近い状態であることがわかり、新たに2TB-外付けUSBハードディスクを購入しなければならないことがわかりました。ううん、また、出費です。

と言うことで、1,900円弱の出費となってしまいましたが、この3.5インチハードディスクが使えるようになり、中に入っていたWAVEファイルにアクセスできるようになって良かったです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:3.5型HDDケース
posted by matsumo at 17:15| 東京 ☔| Comment(4) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

アプリ「SoftBank Wi-Fi スポット設定 Ver.2.5.0」により「SoftBank Wi-Fi」に接続不能に

私は現在、携帯電話として、スマホ「Y!mobile:Digno T」を使用しており、

171018ZA.jpg

これだと、ソフトバンクの公衆無線LANを使用することができるので、某所にてアクセスして、音楽ファイル等のダウンロードを行っていました。このソフトバンクの公衆無線LANは極めて品質が悪くて、電波は強と言うのに、時々、接続が切れてしまうと言うものでしたが、それでも、無料ですから(と言っても、勿論、Y!mobileへの支払いの中に入っているのでしょうが)我慢して使用していました。

しかしながら、10月になって、突然、これが全く接続しなくなってしまいました。「設定→無線とネットワーク→Wi-Fi」でチェックしてみると、いままで接続されていた「0001softbank」に変なループ表示が出ていて、どうやら、パスワードか何かがうまく行っていないようです。ううん、これのパスワードはソフトバンクが勝手に決めているもので、私にはわからないので、これでは対処のしようがありません。このため、とりあえず、スマホを再起動してみますが、同様です。ううん、これはもしかして、この某所でのソフトバンクWiFiの機器かその設定がおかしくなっているのかと思って、1週間位、経ってから行っても同様です。このため、今度は別な場所で行いましたが、同様です。すなわち、接続できなくなった原因はスマホによると考えられます。

このため、アプリを配布している「PlayStore」の「SoftBank Wi-Fi スポット設定」をチェックしてみると、現在のバージョンは2.5.0ですが、そのレビューを見ると、何と、この「2.5.0になってからは接続できなくなった」と言うのがほとんどです! この2.5.0になったのが9/28で、私も多分、その翌日辺りに更新して2.5.0にしたと思いますので、これが原因であることは間違いありません。ううん、2.5.0になってから、もう2週間半も経っているのに、全く対応していないなんて、ソフトバンクは全く無責任な会社です。だって、接続しないなんて言うのは、重大事象だと思いますが。

これの対処法はその前のバージョンに戻すことが一番ですが、残念ながら、その方法はないため、このスマホの購入時のバージョン(Ver.1.7.8)に戻すことにしました。

171018ZB.jpg

すなわち、「設定→アプリ→ダウンロード済み→Wi-Fiスポット設定→アップデートのアンインストール」を実行して、素のままとしました。これで、Wi-Fiスポット設定を起動し、購入時に設定した暗証番号を入力すれば使えるようになる筈です。

171018ZC.jpg

早速、某所に行って、ソフトバンクの公衆無線LANに接続すると、接続しました! やはり、Ver.2.5.0は欠陥品であることは間違いないようです。加えて、1時間、接続しましたが、その間、全く接続が切れることはなく、これもまともです。

このVer.1.7.8では東海道新幹線の車内無線LANには接続することはできませんが、新幹線には滅多に乗らないので不要ですし、その代わりに快適に接続できるので、もし、新しいバージョンが出ても、これはupしないつもりです。

それにしても、いくら立派なことを言っても、あるいは、いくらTV-CMを入れても、基本的なことができていない無責任会社は困ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:01| 東京 ☀| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

音楽ファイル保存用のUSB外付ハードディスクを追加

私はUSB外付ハードディスクにデジカメで撮った写真、LPやCDから作成したWAVEファイルあるいはインターネットから入手した音楽のWAVEファイル等を保存しています。デジカメデータは4台の外付ハードディスク、クラシック音楽に関しては、作曲家別に「ア〜フ」と「ヘ〜ワ」と2台の2TBハードディスクに分けて保存していましたが、前者が満杯となってしまったため、前者を「ア〜テ」と「ト〜フ」に分けて、3台体制としました。

すなわち、新たな2TB-USB外付けハードディスク「BUFFALO:HD-LBF2.0TU2」に、ノートパソコン経由で「ア〜フ」のハードディスクより「ト〜フ」のデータを移動しました。

170827W.jpg

全部で700GB程の移動だったのですが、2日間、合わせて8時間程、かかってしまいました。ううん、これだけの量を貯めても、おそらく、聴くことはないような気がしますが、やはり、収集癖なのでしょうね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 10:00| 東京 ☀| Comment(2) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

格安SIM「DMM mobile」に入会

前述のごとく、格安SIM「Nifmo」で使用していたスマートフォン「FREETEL:Priori3」の代わりに「acer:Z530」を入手したので、現在、そちらを使っており、約半年間しか使っていない「FREETEL:Priori3」が余っているので、そちらを携帯電話もスマートフォンも持っていない人に、ポケベルみたいな使い方、すなわち、単なる連絡用として持たせることとしました。この使い方だと、メールが受信できるだけで良いので、月支払い500円程度の音声は使えないデータ専用の格安SIMで使うこととしました。

所謂、格安SIMは月毎の支払いは結構、安くできますが、その前にSIMを入手する必要があります。しかしながら、これにかかる費用は、結構、高い、すなわち、例えば、「DMM mobile」では3,240円(税込み)もします。でも、これには裏道があって、日本amazonで入手すれば、送料税込み540円で済みます。日本amazonではこの手の格安SIMが種々、販売されており、最も安いのは「FREETEL」のSIMで、これだと送料税込み299円ですが、実際はこれ事務手数料みたいな感じで、更にSIM発行手数料426円がかかります。と言うことで、格安SIMの価格、すなわち、本体と発行手数料・事務手数料を合わせたものでは、「DMM mobile」が最も安いようで、これを入手することとしました。

そして、日本amazonで発注操作を行い、2日後に入手しました。

170403ZC.jpg

中を開けると、説明書とSIMが入っているクレジットカード大のものがあります。

170403ZD.jpg

SIMが入っているクレジットカード大のものの表面と

170403ZE.jpg

裏面です。

170403ZF.jpg

まず、インターネットに接続しているパソコンにて説明書に書かれているURLにアクセスし、クレジットカード大に記載されている電話番号と製造番号、そして、DMM mobileの会員となるための「ID」、これは普段、使用しているメールアドレスです。そして、このID用のための新たなパスワードを入力します。以後、画面や送られてきたメールの指示に従って、入会コース(1GB/月、税込み520円)、住所、名前、クレジットカード番号等を入力すれば、終了です。なお、月の途中にこれらの操作を行ったので、その月の分は日割り計算となり、52円でした。

SIMを切り離し、裏蓋を開け、充電式電池を取り外した「FREETEL:Priori 3」に挿入します。なお、このPriori 3にはGMailのアダレスとパスワードは既に設定してあります。

170403ZH.jpg

170403ZI.jpg

そして、充電式電池を入れ、裏蓋を閉めます。

170403ZK.jpg

電源スイッチを入れ、「設定」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」で「DMM mobile」を選べば、終了です。

170403ZL.jpg

170403ZM.jpg

ううん、格安SIMって、最初に発売された頃は、設定をするのが結構、面倒くさかったのですが、最近のものはあまりに簡単になったのに驚きました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:DMM mobile
posted by matsumo at 11:37| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

スマートフォン「acer:Liquid Z530」(2)

2017. 1. 8(日)に秋葉原の「イオシス・中央通り店」で税込み12,017円で入手したスマートフォン「acer:Liquid Z530」ですが、これ、全体的には使いやすいのですが、電池の保ちが悪い、すなわち、満充電してあっても1日も保たないことがあると言う重大欠陥があり、それに対応するため、色々と初期の設定を変更し、ようやく、1日半〜2日間位、保つようになりました。

170222ZD.jpg

と言うことで、ようやく、まあまあ使えるようになったので、他の機能の1つである内蔵デジカメの写りに関してです。本日(2/22)は地下鉄「東新宿駅」近くの「新宿文化センター・大ホール」で行われた「ランチタイムコンサート」を聴きに行ったのですが、早く着きすぎたので、そのすぐそばにある「西向天神社」(東京都新宿区新宿6-21-1)に行きました。この時、持参していたデジカメは”レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「SODIAL:C-M4/3マウントアダプター」+「SainSonic:TV LENS 25mmF1.4」”のみであったため、これと、「Liquid Z530」の内蔵デジカメの両方で撮影しました。なお、Liquid Z530においては、「Open Camera」と言うカメラ撮影アプリを使いました。

170222R.jpg

後からわかったのですが、この神社には、石段の途中と、拝殿の前の2ヶ所に「狛犬」がいます。しかしながら、私はその石段は使わず、他の所から出入りしたので、それに気がつかず、拝殿の前のもののみしか撮影しませんでした。

と言うことで、拝殿の前の拝殿に向かって左側のもの、

170222S.jpg

170222T.jpg

170222U.jpg

右側のものです。

170222V.jpg

170222W.jpg

170222X.jpg

この狛犬は頭に角が残っている珍しいものの上、宝暦12年、すなわち、1762年に作られたと言う、製作後250年以上経っていると言う古いものです。

なお、石段の途中にあるものは弘化2年、すなわち、1845年製作とこちらも古いものであることから、次回に新宿文化センターに行った時、すなわち、新宿文化センターには結構、行くので、その時に撮影したいと思います。

境内にはこのほか、富士塚「東大久保富士塚」(1925年再築造)もありました。

170222Y.jpg

また、枝垂れの白梅や紅梅もあり、こちらは、”レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「SODIAL:C-M4/3マウントアダプター」+「SainSonic:TV LENS 25mmF1.4」”で撮影しました。

170222ZA.jpg

170222ZC.jpg

170222ZB.jpg

上記の写真の通り、まあまあの写真が撮れたので、この「acer:Liquid Z530」の内蔵デジカメ、少なくとも、私が携帯電話機として使用している「Y!mobile:Digno T 302KC」の内蔵デシカメよりはまともに写るようです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

スマートフォン「acer:Liquid Z530」(1)

2016. 4.26(木)に日本amazonに発注し、翌日の4/27(金)に入手したスマートフォン「FREETEL:Priori3 LTE」ですが、「NifMo」の格安SIM(データ専用)を入れて、毎日、便利に使用していましたが、

170120ZY.jpg

このスマホ、重大な欠点がありました。すなわち、私はフリック入力で文字を入力していますが、その場合、この機種は指を下にする操作がうまく行かないのです。すなわち、例えば、「よ」を入力したいのですが、中々、その文字が入力できず、「よ」を入力するつもりで操作しても、「ゆ」になってしまいます。これは、この機種が低価格のために「疑似2点タッチパネル」を採用しているためのようです(一方、もう1台のスマホ「Y!mobile:Digno T」では何ら問題がありません)。

と言うことで、この機種を使い始めて6ヶ月間ですが、まだ、元は取っていない気はしますが、新しいものを入手することとしました。日本amazonで安く販売するものはないかと時々、チェックしていましたが、結局、探しだすことはできず、インターネット上の情報で、秋葉原の中古ショップ「イオシス」の「新春の初売り」で、新品のSIMフリースマホ「acer:Liquid Z530」が税込み12,017円で販売していることがわかったので、この価格ならば、まあまあだし、インターネット上のブログ等での使用経験でも使いやすそうな感じだったので、入手することとしました。ただし、これ、既にまともな販売は終了したようで、一時期、格安SIMとの抱き合わせで、780円と言うこともあったようですが。

2017. 1. 8(日)と言う正月明けに「イオシス」の中央通り店に行ったら、まだ、残っていたので、早速、入手しました。この際、店員さんから、「色は白か黒かのどちらが良いですか」と、「どこの会社のSIMを入れるつもりなのでしょうか」を聞かれたので、「黒」、そして、「docomo系の格安SIM」を入れる旨を答えました。やはり、AU系や禿系だとまずいのでしょうね。また、中に入れる8GB-microSDHCカードをジャンク通りにある「ソフマップ」で税込み430円で入手しました。

170120ZO.jpg

また、日本amazonにて、2017. 1. 8(日)、液晶保護フィルム「Qosea:Acer Liquid Z530 強化ガラスフィルム」と、ケースカバー「GTO:TPUアンチグレア クリアケース」 の各々、税込み599円を発注し、1/10(火)に入手しました。

170120ZP.jpg

これで、準備は終了で、Z530を使えるようにする操作を行いました。すなわち、裏蓋を開けて(結構、硬くて開けにくいです)、

170120ZQ.jpg

priori3から取り出したSIM(大きさはmicroSIMです)と、新たに入手した8GB-microSDHCカードを挿入し、更に電池を入れます。

170120ZR.jpg

170120ZS.jpg

そして、裏蓋を閉めます。

170120ZT.jpg

この状態で、まずは、付属のACアダプターを付けて、microUSB経由で充電を行おうとしますが、microUSBにmicroUSBプラグが入りません。これは、付属のUSB-microUSBのコードのmicroUSBプラグのデキが悪いと言うか、例によって、裏面の飛び出ている部分は大きすぎるためで、早速、ヤスリで削って、どうにか、入るようにしました。数時間の充電により、満杯になった後、電源スイッチを入れて操作を行いますが、とりあえず、Googleアカウントは入力せずに使えるようにして、その後に、「設定→もっとみる→モバイルネットワーク→アクセスポイント名」で「nifty」を選択すると、ようやく、これでインターネットに接続できるようになりました。この後は、Googleアカウントの設定を行います。これを行うと、電話帳やブラウザのブックマーク等も自動的に設定されました。おそらく、「Digno T」や「Priori3」での設定がGoogleに保存されていて、それが自動的に入ってくるのだと思います。

そして、このスマホは基本的にインターネットのホームページ等へのアクセス専門ですので、音やバイブレーション等は全て「無し」に設定します。また、Gmail以外の私が持っているメールアドレス、すなわち、OCN、@nifty、YAHOOのメールの受信・送信設定を行います。「PCメール」(アプリ)はOCNと@nifty、「Gmail」(アプリ)には「yahoo.ne.jp」を登録しました(なお、なぜか、「yahoo.ne.jp」は「PCメール」では設定できず、「Gmail」で設定することができました)。ただし、いずれも、メールの自動チェック等は行わないように設定します。これで、多少でも電池の保ちを良くなると思います。なお、priori3の液晶画面は「854×480ドット」、Z530は「1280x720ドット」なのですが、なぜか、priori3用に作成した壁紙がそのままで(すなわち、854×480ドットのjpgファイルのままで)、問題なく使えました。

170120ZU.jpg

これでとりあえず、使えるようになったので、ケースで

170120ZV.jpg

外側を覆って、持ちやすくします。やはり、スマホはある程度の厚さがあった方が持ちやすいです。

170120ZW.jpg

そして、「playストア」より、以下のアプリをインストールしました。

加えたアプリは以下です。

OpenCamera(カメラアプリ)、My NifMo・Japan Wi-Fi・セブンイレブン・OCNモバイルONE(公衆無線LAN接続)、縦書きビュー(文章読み)、TubeMate(Youtubeのダウンロード)、VLC(映像再生用。priori3ではMX Playerを使用していたが、Z530ではうまく再生できないため)、2chMate(2ch読み)、Y!防災速報

しかしながら、しばらく使っていると、電池の消費がものすごく早いことが判明しました。何もしていないで画面が消えている状態と言うのに、時々、スイッチを入れてみると、電池の残量が1時間に10%位づつ減っていくのです! これでは朝、電池が満杯でも、1日は保ちません。このため、インターネットを調べてみると、同様な症状の人が結構、おり、その対策法が書かれていました。

すなわち、このスマートフォンはアプリ「電源管理」に問題があるようで、それが頻繁にアクセスすることにより、電池の消費を拡大しているようなのです。このため、そこに書かれていたことを実施しました。

「設定→アプリ→すべて→電源管理→起動」で、画面上右の3点をタッチ、設定を選んで、「低バッテリー通知」、「充電完了通知」、「異常通知」をいずれもOFFとします。これを行うことにより、電池の異常な減り方は無くなり、ようやく、1日以上、保つようになりました。

後、システムのupの通知が頻繁に表示されるので、某所に行って、無線LAN経由で行いました(ダウンロード・再起動・自動インストール等で10分位かかりました)が、家に戻ってから、なぜか、また、同じ通知が表示されるようになったので、再度、某所で行いましたが、今度は大きな変更だったようで、30分位かかりました。しかしながら、まだ、解決していないバグもあります。私は「設定→音」で「タッチ操作バイブ」をOFFに設定しているのですが、なぜか、これが時々、自動的にONとなり、画面にタッチするたびに軽いバイブを感じるので、そのたびにOFFにする必要があります。

なお、余った「priori3」ですが、家族でスマホも携帯電話も持っていない者がいるので、月500円位の支払いの格安データSIMを入手して、何かあった時にメールで知らせることができるようにする、すなわち、ポケベルみたいな感じで使えるようにして与えるつもりです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:Z530
posted by matsumo at 19:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

2016年 6月17日(金)と2016年 6月 4日(土)のスマホでの写真 )

2016. 6.17(金)にスマートフォン「freetel:Priori3 LTE」の内蔵デジカメで撮った家の近所の花です。

すなわち、「ユリ」、

160711O.jpg

「オニユリ」、

160711Q.jpg

160711R.jpg

「キキョウ」の花です。

160711P.jpg

そして、2016. 6. 4(土)に上野駅近くの「不忍池」で、スマートフォン「Y!mobile:Digno T」の内蔵デジカメで撮った「紫陽花」です。

160711S.jpg

160711T.jpg

160711U.jpg

両者を比較すると、遙かにPriori3で撮った写真の方が綺麗です。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:Priori3 DIGNO T
posted by matsumo at 16:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

スマートフォン「FREETEL(フリーテル):Priori3 LTE」(5)

2016. 4.26(木)に日本amazonに発注し、翌日の4/27(金)に入手したスマートフォン「FREETEL:Priori3 LTE」ですが、「NifMo」の格安SIMを入れて、毎日、便利に使用しており、1ヶ月間で3.2GB位、使用しています。

160626Z.jpg

購入時より加えたアプリは以下です。

OpenCamera(カメラアプリ)、My NifMo・Japan Wi-Fi(公衆無線LAN接続)、縦書きビュー(文章読み)、TubeMate(Youtubeのダウンロード)、AVG AntiVirus FREE(ウィルス対策)、2chMate(2ch読み)、Y!防災速報

しかしながら、問題なのは、「PCメール」で、これ、「@nifty」と「OCN」のメールを読むことができるようにしているのですが、何と、両者とも、「サーバーからメールを削除しない」に設定していると言うのに、削除すると、サーバーから削除されてしまいます。すなわち、Priori3で削除してから、パソコンでチェックすると、そのメールが消えているのです。同じことを「Y!mobile:Digno T」で行ってもそのようなことは起こりません。すなわち、Priori3のバグだと思います。と言うことで、基本的にPriori3でのメールのチェックは行わないようにしています。勿論、メールの「同期」も行っていません。

と言う状態が続いていたのですが、本日(6/26)、ブラウザ「クローム」を使用してインターネットしている最中に突然、画面が真っ黒になってしまいました。すぐに、電源スイッチを押しましたが、ブーンとバイブレーションが1回、起こるだけで、起動しません。何回、同じ操作を行っても同様です。もしかして、電池切れかと思って、今度はマイクロUSB端子で充電を行いますが、充電時に光るLEDが全く光りません。

このため、完全にハングアップしたのかと言うことで、裏蓋を取り外して、充電式電池も取り外して、10分程、放置して、内部の電気を放電させてから、組み立てても同様です。ううん、使用2ヶ月で故障かとガッカリしました。これ、本来はFREETELで発売しているもので、中に、FREETELのSIMが入っていたら、1年以内の故障と言うことで、保証書と共に送付すれば無償の修理できると思いますが、日本amazonからの購入と言う変則ですので、故障したら、どうしようもありません。ううん、お金をドブに捨ててしまっかと暗い気分になってしまいました。

このため、再度、分解し、3時間ほど放置してから、組み立てて充電を行うと、しばらくして、LEDが着き、また、再起動みたいなことが起こりました。ううん、何らかの原因で充電式電池の電気が無くなってしまい、画面が真っ暗になったようです。そして、2時間程でLEDが消え、元のように使えるになりました。と言っても、液晶画面のアプリの一部が消えたりしているので、完全に以前と同じとは言えないのですが、それも、ほぼ元に戻すことができたので、また、今までと同様に使うことができそうです。

と言うことで、とりあえず、使えるようになったので良かったです!

matsumo(http://matsumo.my.cooca.jp
ラベル:Priori3
posted by matsumo at 19:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

SDカード・アダプター

最近は、スマートフォン、WAVE Recorder等、「SDカード」ではなく、それよりもかなり小さな「マイクロSDカード」を使用する機器が結構、増えていますが、機器の付録として付いてきたが、容量が少なすぎるとか、機器を新たに買い換えたので、従来使用していたものは余ってしまった等の理由で、使わなくなったマイクロSDカードを結構、持っています。しかしながら、私の場合、メモリカードの主力は未だにマイクロSDカードより大きなSDカードですので、余ったマイクロSDカードをSDカードとして使えるようにするアダプターを使用しています。

160519V.jpg

しかしながら、このような使い方をすると、パソコン等で使用しようとするとそれが認識しないことがよくあります。この場合、アダプターの表面と裏面を2本の指で押さえると、認識するようになることが多いです。すなわち、アダプターの中でマイクロSDカードとの接点の接触不良が起こっていて、そのために認識しなくなり、表面と裏面を押さえると、接触するために認識すると言うことだと思います。

これで、随分、困っていたのですが、ようやく、解決法が見つかりました。すなわち、接触を良くするために、マイクロSDカードの表面にビニールテープを貼ると言う方法です。ビニールテープは1枚で大丈夫ですが、それでも、接触不良が起こる場合は、ビニールテープより薄いセロテープを更に重ねます。

160519W.jpg

160519X.jpg

160519Y.jpg

現在、余っているマイクロSDカードは「2GB:4枚、8GB:1枚」だったのですが、これで、全て、SDカードとしてまともに使えるようになりました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする