2017年04月15日

LP「J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番」(シューリヒト指揮)

バロック音楽の演奏は、昨今は、所謂、古楽器、すなわち、作曲者が活動していた頃に使われていた楽器の復元品を使用し、加えて、当時の楽器操作法、更に、楽譜の読み方も当時のものと称するものでの演奏が流行ですが、1920年〜1960年頃は現代楽器を使った小オーケストラによるものが普通だったよう、ボイド・ニール弦楽合奏団、ローマ合奏団、シュツトガルト室内管弦楽団等がその代表です。

そのような小オーケストラの1つと思われる「チューリッヒ・バロック・オーケストラ」をカール・シューリヒトが指揮して「J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番」を演奏・録音したLPを

170415ZA.jpg

再生・録音・編集したもの「Bach_JS_BrandenburgConcerto_No1_Schuricht_ZurichBaroqueEnsemble_1965A.mp3」(20.8MB)を以下のURLにupしたので(sound1146)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcc04wWjVocjB2VFk?usp=sharing
タグ:バッハ
posted by matsumo at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

LP「シューベルト:弦楽四重奏曲第14番」(ザグレブ四重奏団)

私がクラシック音楽を好きになり始めた当初は、当時、1枚500円位していた17cmLPを2ヶ月に1回位、購入していました。と言うのは、私の家はビンボーだったので、30cmLPは購入できなかったからです。そう言う状態の中で入手した1枚が、片面は”シューベルト:ピアノ五重奏曲「ます」第4楽章(アムステルダム五重奏団)”、もう片面が”シューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」第2楽章(ザグレブ四重奏団)”のもので、両方共、私のお気に入りでした。大学生になってからアルバイトをするようになり、生活協同組合を通して30cmLPも購入できるようになりましたが、なぜか、それらを30cmLPにしたもの、すなわち、アムステルダム五重奏団による「ます」とザグレブ四重奏団による「死と乙女」の全曲を入手することはない状態が続き、その内、CD時代になりました。これらはCDで入手しようとしましたが、なぜか、国内盤は勿論、輸入盤でもCDで販売されることがない状態が続きました。しかしながら、そして、10年位前にぜひ全曲を入手したい気分になり、中古レコード店に行った際、そのLPを探すようになり、10年間位かかって、ようやく、見つけました。

と言うことで、ザグレブ四重奏団が「シューベルト:弦楽四重奏曲第14番」を演奏・録音したLPを

170413ZC.jpg

再生・録音・編集したもの「Schubert_StringQuartetNo14_ZagabriaSQ_1960B.mp3」(32.8MB)を以下のURLにupしたので(sound1138)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/folderview?id=0B-D6l4k_pSjcSENqT1hfbGhac1E&usp=sharing
posted by matsumo at 18:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

2017年 4月11日(火)は

2017. 4.11(火)、まだ、都区内の桜は撮影可能なものが残っていると言うのに、朝から1日中、雨の寒い日です。このため、外に行くのは諦め、先日、秋葉原の「ハードオフ・ジャンク館」で入手した17cmLPが2枚入っている「研秀レコード 世界名曲シリーズ」をWAVEファイル化しました。

170411T.jpg

行えたのは全部で6巻分でしたが、実際は9枚で、残りの3枚は盤の一部にカビがあり、酷い音がしたり、あるいは、そこよりレコード針が動かなくなる(17cmLPが反っていたこともあり、ターンテーブルが動いているのに、盤が止まっていると言う空回り状態になってしまいました)等の事故が起こったため、3枚はお湯で洗って、カビ取りを行うこととしました。

なお、盤全体にカビがあった盤は、先日、お風呂の中で洗ってカビ取りしたのですが、これ、意外に効果があり、盤の表面は綺麗になった上、ほぼ問題なく再生することができました。これからは、盤にカビを見つけた時は同様な方法でカビ取りを行う、すなわち、お湯を流しながら盤を手で洗い、更に、石けんで洗った上、お湯を流した後、ティッシュペーパーで十分に水分を取り、部屋に立てて置いて、乾燥すると言うものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

CD”マーラー:交響曲第2番(ブルーノ・ワルターによるピアノ四手版) ”

CDにて、”マーラー:交響曲第2番(ブルーノ・ワルターによるピアノ四手版) ”[中澤真麻(pf)、シュルド・アタヴァーレ(pf)]を聴きました。これ、オーケストラによるものではなく、マーラーと非常に関係があったブルーノ・ワルターがピアノ連弾に編曲したものを、2台のピアノで弾いたものです。

170410ZA.jpg

さて、感想ですが、ガッカリでした。ピアノ連弾・ピアノ独奏による交響曲の演奏と言えば、リスト編曲による「ベートーベン:交響曲第9番」はそれなりに素晴らしいと思いましたが、このマーラーの曲では、やはり、オーケストラで聴きたい、すなわち、広いダイナミックレンジと数々の音色で聴きたいと思いました。

まあ、考えてみると、マーラーの歌曲集、「さすらう若人の歌」や「亡き子をしのぶ歌」、あるいは、「子供の不思議な角笛」でもピアノ伴奏よりオーケストラ伴奏の方が遙かに素晴らしいですし、「大地の歌」もピアノ伴奏のものはつまらなかったので当たり前のような気がしますが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:マーラー
posted by matsumo at 19:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

「マーラー:交響曲第1番」(バルビローリ指揮)

指揮者「ブルーノ・ワルター」は「マーラー:交響曲第1番」のことを「マーラーのウェルテル」と言ったそうですが、このウェルテルと言うのは勿論、ゲーテの初めての小説「若きウェルテルの悩み」の主人公です。と言っても、この交響曲第1番が「青年ウェルテルが婚約者のいる身である女性シャルロッテに恋をし、叶わぬ思いに絶望して自殺するまでを描いている」訳ではなく、単に初期の作品で、マーラーが飛躍した作品と言うことではないかと思いますが。

この「マーラー:交響曲第1番」を「ジョン・バルビローリ指揮ニューヨーク・フィルハーモニック」が演奏したコンサートの実況録音したものを

170404Z.jpg

再生・録音・編集したもの「Mahler_Symphony_No1_Barbirolli_NewYork_po_1959_effect.mp3」(48.2MB)を以下のURLにupしたので(sound1132)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/open?id=0B-D6l4k_pSjcWHRLOTBuSVhuQlE

なお、この録音は乾いた感じだったので、リヴァーブをかけて響きを豊かにしております。
タグ:マーラー
posted by matsumo at 19:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

CD「MEAV/The Calling」

前述のごとく、日本amazonより入手したCD「MEAV/The Calling」を聴きました。

170401O.jpg

さて、感想ですが、全13曲の内、半分位は中々、良かったです。

なお、MEAVですが、「Meav Ni Mhaolchatha」と言うのが正式のようで、彼女が歌ったCDも上記以外に結構、出ており、私は以下の4枚を持っています。

170401P.jpg

加えて、氏は、活動初期の時は、「Anuna」のメンバーだったので、その時のCDも持っていますが、残念ながら、それらは全く私の趣味の範囲外で、聴いていて気持ちが悪い代物でした。しかしながら、その後、初代「ケルティック・ウーマン」のメンバーになったので、その時の公演の実況録画DVDも3種類、持っていますが、この時の歌は素晴らしいです。その上、特に、ケルティック・ウーマンの2005年の公演の時の容姿は女性美の極致と言う感じです。

170401Q.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:meav
posted by matsumo at 19:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

指揮者「ルイ・フレモー」が亡くなられたそうです

フランスの指揮者「ルイ・フレモー(Louis Frémaux)」が、先日の2017. 3.20(月)に亡くなくなられたそうです。氏は 1921年生まれだそうですから、享年96歳と長生きされた方だと思います。

私が氏の録音で持っているのは、「カンプラ:レクイエム」

180330ZA.jpg

http://www.geocities.jp/matsumo22000/sound201/page99bk.htm

「ジル:レクイエム」、

180330ZB.jpg

http://www.geocities.jp/matsumo22000/sound201/page99ae.htm

「フォーレ:レクイエム」といずれも、レクイエムです。

180330ZC.jpg

http://www.geocities.jp/matsumo22000/sound201/page99bn.htm

と言うわけで、上記のURLにそれぞれの曲のmp3ファイルをupしていますので、もし、ご興味あれば、ダウンロードの上、お聴き下さい。私も氏をしのんで、この3つのレクイエムを聴く予定です。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

「ベートーベン:弦楽四重奏曲第16番」(ブダペスト弦楽四重奏団)

「ハンガリー」の首都は「ブダペスト(Budapest)」ですが、私はずっと、「ブタペスト」と思っていました。すなわち、豚のペスト、すなわち、「豚ペスト」ですね。これがブダペストであることを知ったのは1年位前です。

18世紀までのヨーロッパではペストやコレラ等の大量の人が亡くなる伝染病の流行があり、それは、「ヘルマン・ヘッセ:知と愛」や「トーマス・マン:ヴェニスに死す」あるいは「ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ:ファウスト」に描かれていますね。

そのブダペストを名乗っている「ブダペスト弦楽四重奏団」が「ベートーベン:弦楽四重奏曲第16番」を演奏・録音したものを

170328Y.jpg

再生・録音・編集したもの「Beethoven_StringQuartet_No16_Budapest.SQ_1961.mp3(22.5MB)」を以下のURLにupしたので(sound1130)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/open?id=0B-D6l4k_pSjcZWIwSzdIY3dmbHM
posted by matsumo at 18:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

「ベートーベン:弦楽四重奏曲第15番」(ブダペスト弦楽四重奏団)

SPレコード時代の「ベートーベン:弦楽四重奏曲第15番」の全曲録音としては、ロンドン弦楽四重奏団、カペー弦楽四重奏団、デマン弦楽四重奏団、レナー弦楽四重奏団、ブッシュ弦楽四重奏団、ブダペスト弦楽四重奏団があり、また、LP時代初期のSPレコードも発売されていた頃にはエーリンク・ブロッホ弦楽四重奏団のものもあったそうです。

このブラベスト弦楽四重奏団がステレオLP時代の1961年に演奏・録音したものを

170321X.jpg

再生・録音・編集したもの「Beethoven_StringQuartet_No15_Budapest.SQ_1961.mp3」(40.1MB)を以下のURLにupしたので(sound1129)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/open?id=0B-D6l4k_pSjcTmpvUk0yOVJoaWc
posted by matsumo at 10:24| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

「マーラー:交響曲第2番」(ジョン・バルビローリ指揮)

指揮者「ジョン・バルビローリ(John Barbirolli)」は1899年にイタリア人の父とフランス人の母の間にロンドンで生まれ、本名は「Giovanni Battista Barbirolli」なのだそうです。そして、1916年にヘンリー・ウッド率いるクイーンズ・ホール管弦楽団にチェリストとして入団、1925年に室内管弦楽団を組織して指揮者に転向しました。そして、1936年ニューヨーク・フィルハーモニックの首席指揮者になりましたが、あのアルトウーロ・トスカニーニの後釜だったので、評判は良くなかったようですが、1943年まで続きました。

そのジョン・バルビローリがベルリンフィルハーモニー管弦楽団を指揮して「マーラー:交響曲第2番」を演奏したコンサートの実況録音したものを

170314ZI.jpg

再生・録音・編集したものを

第1楽章:Mahler_Symphony_No2_1st_movement_Barbirolli_Berlin_po_1965.mp3(19.8MB)
第2・第3楽章:Mahler_Symphony_No2_2rd_3rd_movement_Barbirolli_Berlin_po_1965.mp3(20.5MB)
第4・第5楽章:Mahler_Symphony_No2_4th_5th_movement_Barbirolli_Berlin_po_1965.mp3(36.3MB)

以下のURLにupしたので(sound1110)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/folderview?id=0B-D6l4k_pSjcaEZPRWRJQWJIV0U&usp=sharing

なお、第4・5楽章は歌手や合唱団によって歌われていますが,その歌詞及び日本語和訳はインターネット上の百科事典「Wikipedia」(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC2%E7%95%AA_%28%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%29)をご覧下さい。
タグ:マーラー
posted by matsumo at 17:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする