2017年06月28日

LP「モーツアルト:交響曲第41番」(クーベリック指揮)

「モーツアルト:交響曲第41番」の演奏時間は37分位ですが、これは繰り返しを楽譜通りに行った場合のようで、繰り返しを行わないと27分位になるそうです。このため、後者だと17cmLP1枚に収録することができます。しかしながら、なぜか、17cmLPが2枚入っている河出書房「世界音楽全集・第26巻・モーツアルト3」に入っている「モーツアルト:交響曲第41番」(ラファエル・クーベリック指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団)の録音は、演奏時間約27分と言うのに、17cmLP2枚、すなわち、全4楽章が全4面に収録されていました。

170628Z.jpg

この17cmLPを再生・録音・編集したもの「Mozart_Symphony_No41_Kubelik_Vienna_po_1962A_D.mp3」(24.7MB)を以下のURLにupしたので(sound1196)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjca2tuMXJ4T094aEk?usp=sharing
posted by matsumo at 18:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

LP「シューベルト:楽興の時」(デムス)

シューベルトのピアノソナタは今でこそ、よく演奏されるようですが、以前は冗長とのことで滅多に演奏されませんでした。しかしながら、同じ作曲家のピアノ曲の「楽興の時」、「即興曲集op.90」、「即興曲集op.142」、「軍隊行進曲第1番」等は良く演奏されていました。

その「シューベルト:楽興の時」を「イエルク・デムス(pf)」が演奏・録音したLPを

170622ZD.jpg

再生・録音・編集したもの「Schubert_ MomentsMusicaux_Demus_1963B.mp3」(25.2MB)を以下のURLにupしたので(sound1189)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcVjRCS05wNXJpSWM?usp=sharing
ラベル:シューベルト
posted by matsumo at 19:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

LP「ベートーベン:「魔笛」の主題による7つの変奏曲」(カザルス、ゼルキン)

ベートーベンはモーツアルトの歌劇の内、「ドン・ジョバンニ」は不道徳と言うことで好きでなかったそうですが、「魔笛」は好きだったようで、その中の旋律を使って、2つの変奏曲を作っています。

この内の1つ、すなわち、「ベートーベン:「魔笛」の主題による7つの変奏曲」を「パブロ・カザルス(vc)、ルドルフ・ゼルキン(pf)」が演奏・録音したLPを

170619ZH.jpg

再生・録音・編集したもの「Beethoven_MozartMagicFluteTheme_07Variations_Casals_Serkin_1953T.mp3」(10.1MB)を以下のURLにupしたので(sound1183)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcVFRhYVliZEY4UFE?usp=sharing
ラベル:ベートーベン
posted by matsumo at 18:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

LP「シューベルト:4つの即興曲op.142」(デムス)

シューベルトには「即興曲」と呼ばれるものが、op.90の4曲と、op.142の4曲の合わせて8曲がありますが、いずれも、名曲とされ、しばしば、演奏されるものです。

この「シューベルト:4つの即興曲op.142」をイェルク・デームスが演奏・録音したLPを

170616ZD.jpg

再生・録音・編集したもの「Schubert_4Impromptus_op142_Demus_1958A_B.mp3」(30.3MB)を以下のURLにupしたので(sound1188)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcSjRHRjYtdUFGYTg?usp=sharing
ラベル:シューベルト
posted by matsumo at 19:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

LP「J.S.バッハ:バイオリン協奏曲第2番」(シルーニック)

「J.S.バッハ:バイオリン協奏曲第2番」はバッハの残した3つのバイオリン協奏曲の1曲ですが、3曲の中ではこの曲の演奏回数が最も多いのだそうです。

この「J.S.バッハ:バイオリン協奏曲第2番」を「シャルル・シルーニック(vn)、ルイ・オーリアコンブ指揮トゥールーズ交響楽団」を演奏・録音したLPを

170615ZK.jpg

再生・録音・編集したもの「Bach_JS_vn_Concerto_No2_Cyroulnik_Auriacombe_Toulouse_so_1960A.mp3(17.8MB)」を以下のURLにupしたので(sound1168)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcaDBab0VvY0VjZzQ?usp=sharing
ラベル:バッハ
posted by matsumo at 19:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

LP”シューベルト:劇音楽「ロザムンデ」より4曲”(モントゥー指揮)

戯曲の上演時、すなわち、劇の上演時に背景で演奏される曲は、「劇音楽」または「劇付随音楽」と呼ばれています。この劇音楽で現在でも演奏されるもの、と言っても、現在はその劇自体が上演されず、コンサートで管弦楽曲として演奏されるものがほとんどですが、その手のものとしては以下が上げられます。

ベートーベン:エグモント、シューベルト:ロザムンデ、メンデルスゾーン:真夏の夜の夢、シューマン:マンフレット、ビゼー:アルルの女、グリーグ:ペール・ギュント、フォーレ:ペレアスとメリザンド、シベリウス:ペレアスとメリザンド

この中の”シューベルト:劇音楽「ロザムンデ」”より4曲、すなわち、「序曲、間奏曲変ロ短調、バレエ音楽第1番、同第2番」を「ピエール・モントゥー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団」が演奏・録音したLPを

170614ZL.jpg

再生・録音・編集したもの「Schubert_Rosamunde_Highlight_Monteus_Vienna_po_1957A.mp3」(25.7MB)を以下のURLにupしたので(sound1176)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcdU5kNTJWRnV3Q00?usp=sharing
ラベル:シューベルト
posted by matsumo at 18:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

LP”ベートーベン:「マガベウスのユダ」による12の変奏曲”(カザルス、ゼルキン)

”ヘンデル:オラトリオ「マカベウスのユダ」”と言えば、その中の「見よ勇者は帰る」の旋律が有名で、以前はオリンピックの表彰式に流されていました。また、ベートーベンはこの旋律を利用して、”ベートーベン:「マガベウスのユダ」による12の変奏曲”を作曲しています。

この”ベートーベン:「マガベウスのユダ」による12の変奏曲”を「パブロ・カザルス(vc)、ルドルフ・ゼルキン(pf)」が演奏・録音したLPを

170611Z.jpg

再生・録音・編集したもの「Beethoven_HandelMaccabaeusJudasTheme_12Variations_Casals_Serkin_1953R.mp3」(12.7MB)を以下のURLにupしたので(sound1182)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcZ0V5aXJGMm5hc1E?usp=sharing
ラベル:ベートーベン
posted by matsumo at 19:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

LP「ブルッフ:スコットランド幻想曲」(オイストラフ)

「ブルッフ:スコットランド幻想曲」は、マックス・ブルッフが1879年から1880年にかけて作曲したバイオリン独奏とオーケストラのための協奏的作品で、正式な題名は「スコットランド民謡の旋律を自由に用いた、管弦楽とハープを伴ったバイオリンのための幻想曲」と言うのだそうです。ただし、当時のブルッフはスコットランドを訪れたことはなく、スコットランド民謡を集めた曲集「スコットランド音楽博物館」に書かれている旋律を元に作曲したようです。この曲はパブロ・サラサーテの依頼により作曲され、このサラサーテに献呈されましたが、1881年に、作曲上のアドバイスを行ったヨーゼフ・ヨアヒムの独奏で、ブルッフ指揮のリヴァプール・フィルハーモニー協会によって初演されたそうです。

この「ブルッフ:スコットランド幻想曲」を「ダヴィット・オイストラフ(vn)、ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮ロンドン交響楽団」が演奏・録音したLPを

170610ZB.jpg

再生・録音・編集したもの「Bruch_ScottishFantasia_Oistrakh_Horenstein_London_so_1962B.mp3」(28.5MB)を以下のURLにupしたので(sound1174)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjca09XTzNfS0VySVU?usp=sharing
ラベル:ブルッフ
posted by matsumo at 11:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

LP「ベートーベン:チェロソナタ全集」(カザルス)

よく演奏されるチェロの名曲と言えば、

(1)J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲
(2)ベートーベン:チェロソナタ第1番〜第5番
(3)シューベルト:アルペジョーネソナタ(チェロ版)
(4)ブラームス:チェロソナタ第1番・第2番
(5)コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ op.8

辺りでしょうか。

この「ベートーベン:チェロソナタ全集(第1番〜第5番)」を「パブロ・カザルス(vc)、ルドルフ・ゼルキン(pf)」が演奏・録音したLPを

170609ZJ.jpg

再生・録音・編集したものを

(1)チェロソナタ第1番:Beethoven_CelloSonata_No1_Casals_Serkin_1953O.mp3(24.1MB)
(2)チェロソナタ第2番:Beethoven_CelloSonata_No2_Casals_Serkin_1953P.mp3(28.8MB)
(3)チェロソナタ第3番:Beethoven_CelloSonata_No3_Casals_Serkin_1953Q.mp3(26.1MB)
(4)チェロソナタ第4番:Beethoven_CelloSonata_No4_Casals_Serkin_1953R.mp3(15.7MB)
(5)チェロソナタ第5番:Beethoven_CelloSonata_No5_Casals_Serkin_1953S.mp3(19.8MB)

以下のURLにupしたので(sound1185)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcS1R4ZV9qc2psWXc?usp=sharing
ラベル:ベートーベン
posted by matsumo at 17:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

LP「モーツアルト:ピアノソナタ第17番」(タッキーノ)

ガブリエル・タッキーノ(Gabriel Tacchino)は1934年 8月14日にカンヌで生まれのフランスのピアニストで、作曲家「フランシス・プーランク」唯一の弟子として知られいます。氏は 6歳からピアノを学び、ニース地方音楽院で学んだのち、12歳でパリ国立高等音楽院に入学した。1952年プルミエ・プリ(一等賞)をとり卒業すると同時にパリ楽壇にデビューしましたが、その後、コンクールに出て、1953年ヴィオッティ国際音楽コンクール第一位、1955年ジュネーヴ国際音楽コンクールで一位なしの二位、1956年のアルフレード・カルセラ国際コンクール第一位になったのだそうです。

このガブリエル・タッキーノが「モーツアルト:ピアノソナタ第17番」を演奏・録音したLPを

170608ZB.jpg

再生・録音・編集したもの「Mozart_PianoSonata_No17_Tacchino_1961B.mp3」(11.9MB)を以下のURLにupしたので(sound1173)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcVzlQeEZXRGRzaGc?usp=sharing
ラベル:モーツアルト
posted by matsumo at 19:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする