2017年03月07日

LP「ベートーベン:バイオリン協奏曲ニ長調」(フランチェスカッティ) LP「ベートーベン:交響曲第5番」(クリュイタンス指揮)

交響曲第5番で有名なものは、「ベートーベン:交響曲第5番」、「ブルックナー:交響曲第5番」、「チャイコフスキー:交響曲第5番」、「マーラー:交響曲第5番」及び「ショスタコービッチ:交響曲第5番」と言ったところでしょうか。後は、「シューベルト:交響曲第5番」、「シベリウス:交響曲第5番」及び「プロコヒエフ:交響曲第5番」辺りでしょうか。

さて、この「ベートーベン:交響曲第5番」を「アンドレ・クリュイタンス指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団」が演奏・録音したLPを

170307ZI.jpg

再生・録音・編集したもの「Beethoven_Symphony_No5_Cluytens_Berlin_po_1958A.mp3(30.1MB)」を以下のURLにupしたので(sound1137)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/folderview?id=0B-D6l4k_pSjcNUpiV3VCWThwQVE&usp=sharing
posted by matsumo at 17:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

LP”メンデルスゾーン:劇音楽「真夏の夜の夢」”より(モントゥー指揮)

シェイクスピアの戯曲「真夏の夜の夢」は舞台での上演は勿論、映画や歌劇でも上演されています。内、劇場での上演のための付随音楽としては”メンデルスゾーン:劇音楽「真夏の夜の夢」”、歌劇では”パーセル:歌劇「妖精の女王」”と”ブリテン:歌劇「真夏の夜の夢」”が有名です。映画では、1935年、1968年、1996年、1999年製作のものが有名です。内、「妖精の女王」と1999年映画のみ、劇場で観たことがことがあります。

さて、上記の”メンデルスゾーン:劇音楽「真夏の夜の夢」”に中の「序曲、夜想曲、スケルツオ、結婚行進曲」の4曲を「ピエール・モントゥー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団」が演奏・録音したLPを

170228ZZ.jpg

再生・録音・編集したもの「Mendelssohn_A_MidsummerNight'sDream_Highlight_Monteux_Vienna_po_1957B.mp3(24.7MB)」を以下のURLにupしたので(sound1177)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcZWRHaWNiSnU5clU?usp=sharing
posted by matsumo at 18:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

LP「J.S.バッハ:バイオリン協奏曲第1番」(シルーニック)

先日、指揮者のスタニスワフ・スクロヴァチェフスキが亡くなりましたが、生前は神様のように思われていた指揮者のギュンター・ヴァントに代表されるように、大部分の演奏家は亡くなって1年も経てば、忘れ去られる運命にあります。指揮者のルイ・オーリアコンブも同様で、今や、氏の名前を知っている人はほとんどいないのではと思います。

このルイ・オーリアコンブが、バイオリニストのシャルル・シルーニックを独奏者として、トゥールーズ交響楽団を指揮して「J.S.バッハ:バイオリン協奏曲第1番」を演奏・録音したLPを

170223ZE.jpg

再生・録音・編集したもの「Bach_JS_vn_Concerto_No1_Cyroulnik_Auriacombe_Toulouse_so_1960A_B.mp3(14.3MB)」を以下のURLにupしたので、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcN0hvdm9RQ1lMQXc?usp=sharing
タグ:バッハ
posted by matsumo at 11:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

朝日ソノラマ 創刊号

秋葉原の「ハードオフ」の地下1階の「ジャンク館」で「朝日ソノラマ 創刊号」(1959.12号)を税込み108円で入手しました。

170218U.jpg

これ写真や文章以外に、円形ではなく、長方形+半円のソノシートが6枚付いていると言うか、綴じられているものです。

170218V.jpg

170218W.jpg

170218X.jpg

写真のように、この本の中央部には穴が空いており、2つ折りにして、ソノシートを上にした状態でレコードプレーヤーのターンテーブルに置いて、音を聴くと言うものですが、本自体が反っているため、プレーヤーのアームが上下に揺れて再生は大変だったと思います。このため、大分経ってからのものは、円形のソノシートとなり、袋が本に綴じられて、その袋の中にソノシートが納められる形になりました。

なお、6枚のソノシートに収録されているのは以下で、その内、再生して、WAVEファイル化するつもりです。

(1)ソノ・クロノクル(音で残す1959年)
(2)ソノ・ルポルタージュ(人・声・世相)
(3)スクリーン・ハイライト(歌うトニー・ザイラー)
(4)クリスマス・ムード(地に平和・人には善意)
(5)旅へのいざない(裕ちゃんとパリへ)
(6)ソノ・ギフト(お正月のうた)

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

「ベートーベン:弦楽四重奏曲第14番」(ブダペスト弦楽四重奏団)

ブダペスト弦楽四重奏団は1952年と1954年に来日して、演奏会を開いたそうで、その1952年の来日時は日本で初めての外来の弦楽四重奏団だったのだそうです。

このブラベスト弦楽四重奏団が「ベートーベン:弦楽四重奏曲第14番」を演奏・録音したものを

170215ZE.jpg

再生・録音・編集したもの「Beethoven_StringQuartet_No14_Budapest.SQ_1961.mp3(35.5MB)」を以下のURLにupしたので(sound1128)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcSGx3VVZkaWRTT2M?usp=sharing
posted by matsumo at 15:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

LP「モーツアルト:フリーメイスンのための葬送音楽」(ワルター指揮)

「フリーメイスン」と言えば、ゲーテやシラー、モーツアルトやシューベルト等が入会していたことが知られています。また、E・S・ガードナー作の「ペリー・メイスン」シリーズの中でも、フリーメイスンに入会している人が出てきた記憶があります。

さて、モーツアルトでフリーメイスンに関係あるものとしては、歌劇「魔笛」が有名ですが、このほか、「フリーメイスンのための葬送音楽」があり、著名な音楽家が亡くなった後のコンサートにて、「○○を追悼して」として、プログラムの前に演奏されることもあります。

この「モーツアルト:フリーメイスンのための葬送音楽」を「ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団」が演奏・録音したLPを

170207ZB.jpg

再生・録音・編集したもの「Mozart_MasonicFuneralMusic_Walter_Columbia_so_1961A.mp3(7.11MB)」を以下のURLにupしたので、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/folderview?id=0B-D6l4k_pSjcS2doU2syV0h3Z28&usp=sharing
posted by matsumo at 18:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

17cmLP「ブラームス:交響曲第3番」のリハーサル(ワルター指揮)

前述のごとく、ブルーノ・ワルターのステレオ録音は、米国コロンビアのプロデューサー「ジョン・マックルーア」が企画して行いましたが、録音の際、練習時から収録していたようで、結構な数のリハーサル時の録音が公開されています。その中の1つが、「ブラームス:交響曲第3番」リハーサルの17cmLPです。

170131ZB.jpg

これを再生・録音・編集したもの「Rehearsal_Brahms_Symphony_No3_Water_ColumbiaO_1960B.mp3(3.11MB)」を以下のURLにupしたので(sound974)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/folderview?id=0B-D6l4k_pSjcWVhCYmRJZ3dMUHc&usp=sharing
タグ:ブラームス
posted by matsumo at 18:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

LP”モーツアルト:歌劇「魔笛」序曲”(ワルター指揮)

”モーツアルト:歌劇「魔笛」”と言えば、歌劇場での公演の映像が多数、DVDやBDで発売されていますが、その中で最も好きなもの、と言っても、観たことがあるのはそう枚数があるわけではないのですが、それはイングマール・ベルイマン監督によるTV映画「魔笛」です。と言っても、これ、スウェーデンのテレビ用に製作されたようで、歌ったり、しゃべったりする言葉はドイツ語ではなくスウェーデン語です。

さて、この”モーツアルト:歌劇「魔笛」”の序曲を「ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団」が演奏・録音したLPを

170128V.jpg

再生・録音・編集したもの「Mozart_DieZauberFlote_Overture_Walter_Columbia_so_1961A.mp3(6.92MB)」を以下のURLにupしたので(sound998)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/folderview?id=0B-D6l4k_pSjcZU1iMkItNkR2RUU&usp=sharing

なお、これはステレオ録音です。
posted by matsumo at 17:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

LP”モーツアルト:歌劇「劇場支配人」序曲”(ワルター指揮)

”モーツアルト:歌劇「劇場支配人」”は”序曲、アリエッタ「別れの時の鐘は鳴り」、ロンド「若いあなた!」、三重唱「私がプリマ・ドンナよ!」、ヴォードヴィル「芸術家は誰も栄光を求めて努力する」”の計5曲からなっている曲で、演奏時間は30分と言う非常に短い歌劇です。実際、初演の際は、その後に、”サリエリ:歌劇「初めは音楽、次に台詞」”が演奏されたそうです。

この”モーツアルト:歌劇「劇場支配人」序曲”を「ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団」が演奏・録音したLPを

170127ZD.jpg

再生・録音・編集したもの「Mozart_DerSchauspieldirektor_Overture_Walter_Columbia_so_1961A.mp3(3.72MB)」を以下のURLにupしたので(sound997)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/folderview?id=0B-D6l4k_pSjcYUY2M054dEU0cWs&usp=sharing

なお、これはステレオ録音です。
posted by matsumo at 18:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

LP”モーツアルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」序曲”(ワルター指揮)

”モーツアルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」”は、ほとんど、歌劇の実演は観たことが無い私にとっては、観たことがある1本です。その時は、王子駅近くの「北とぴあ・さくらホール」での公演でしたが、モーツアルトのあまりの音楽の豊穣さにヘキヘキとした記憶があります。

その序曲、すなわち、”モーツアルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」”を「ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団」が演奏・録音したLPを

170125ZE.jpg

再生・録音・編集したもの「Mozart_CosiFanTutte_Overture_Walter_Columbia_so_1961A.mp3(4.52MB)」を以下のURLにupしたので(sound995)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/folderview?id=0B-D6l4k_pSjcTmhOUy1EejM5dTA&usp=sharing

なお、これはステレオ録音です。
posted by matsumo at 17:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする