2017年07月07日

本「池波正太郎著 剣客商売(13) 波紋」

池波正太郎著「剣客商売(13) 波紋」(発行日:2003. 1.20、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。これには「消えた女」、「波紋」、「剣士変貌」、「敵」、「夕紅大川橋」の5編の短編小説が収録されています。何だか、昔の思い出の話が多すぎの感じがします。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:池波正太郎
posted by matsumo at 17:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

本「池波正太郎著 剣客商売(12) 十番斬り」

池波正太郎著「剣客商売(12) 十番斬り」(発行日:2003. 1.20、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、これも面白かったです。これには「白い猫」、「密通浪人」、「浮寝鳥」、「十番斬り」、「同門の酒」、「逃げる人」、「罪ほろぼし」の7編の短編小説が収録されています。ともかく、主人公とその息子がものすごく強いです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:池波正太郎
posted by matsumo at 17:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

本「池波正太郎著 剣客商売(11) 勝負」

池波正太郎著「剣客商売(11) 勝負」(発行日:2003. 1.20、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、これも面白かったです。これには「剣の師弟」、「勝負」、「初孫命名」、「その日の三冬」、「時雨蕎麦」、「助太刀」の6編の短編小説が収録されています。主人公が息子の子供、すなわち、孫の名前をつけようと色々と考えている様子がしみじみとした感じで良かったです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:池波正太郎
posted by matsumo at 18:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

本「池波正太郎著 剣客商売(10) 春の嵐」

池波正太郎著「剣客商売(10) 春の嵐」(発行日:2003. 1.20、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、これも面白かったです。これには「除夜の客」、「寒頭巾」、「善光寺境内」、「頭巾が襲う」、「名残りの雪」、「一橋控屋敷」、「老の鴬」に分かれていますが、長編小説になっています。何名もの人が主人公の息子の名前で襲われてしまい、息子への嫌疑を主人公が晴らすと言うものですが、その背景には反田沼の大名達が関係していると言うものです。また、主人公は寒さに弱いので、頭巾をかぶると言うのが楽しかったです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:池波正太郎
posted by matsumo at 18:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

本「池波正太郎著 剣客商売(9) 待ち伏せ」

池波正太郎著「剣客商売(9) 待ち伏せ」(発行日:2003. 1. 1、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、これも面白かったです。これには「待ち伏せ」、「小さな茄子二つ」、「或る日の小兵衛」、「秘密」、「討たれ庄三郎」、「冬木立」、「剣の命脈」の7編短編が収録されています。何だか、主人公、かなり、「老い」を意識しているようで、昔の思い出が多い感じがします。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:池波正太郎
posted by matsumo at 17:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

本「池波正太郎著 剣客商売(8) 狂乱」

池波正太郎著「剣客商売(8) 狂乱」(発行日:2012.12.15、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、これも面白かったです。これには「毒婦」、「狐雨」、「狂乱」、「仁三郎の顔」、「女と男」、「秋の炬燵」の6編の短編が収録されています。いずれも主人公達が大活躍しているのがいいです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:池波正太郎
posted by matsumo at 17:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

本「池波正太郎著 剣客商売(7) 隠れ蓑」

池波正太郎著「剣客商売(7) 隠れ蓑」(発行日:2002.12.25、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、これも面白かったです。これには「春愁」、「徳どん、逃げろ」、「隠れ蓑」、「梅雨の柚の花」、「大江戸ゆばり組」、「越後屋騒ぎ」、「決闘・高田の馬場」の7編の短編が収録されています。何か、しみじみとした感じを与えてくれました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:池波正太郎
posted by matsumo at 18:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

本「池波正太郎著 剣客商売(6) 新妻」

池波正太郎著「剣客商売(6) 新妻」(発行日:2012.12.15、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、これも面白かったです。これには「鷲鼻の武士」、「品川お匙屋敷」、「川越中納言」、「新妻」、「金貸し幸右衛門」、「命の畳針」の6編の短編が収録されています。今回のハイライトは主人公の息子が田沼意次の娘と結婚する場面とその前の田沼の娘を助ける場面ですね。それにしても、田沼意次、ものすごく優しい感じに描かれているのが、違和感ですが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:池波正太郎
posted by matsumo at 19:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

本「池波正太郎著 剣客商売(5) 白い鬼」

池波正太郎著「剣客商売(5) 白い鬼」(発行日:2002.11.15、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、これも面白かったです。これには「白い鬼」、「西村屋お小夜」、「手裏剣お秀」、「暗殺」、「雨避け小兵衛」、「三冬の縁談」、「たのまれ男」の7編の短編が収録されています。それにしても、主人公達の戦い、剣客と言うのに、剣だけではなく、剣を投げたり、石を投げたり、体にあたったり、ともかく、戦国時代の戦いを彷彿させるものがちょっと違和感です。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:池波正太郎
posted by matsumo at 18:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

本「池波正太郎著 剣客商売(4) 天魔」

池波正太郎著「剣客商売(4) 天魔」(発行日:2002.10.20、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、これも面白かったです。「雷神」、「箱根細工」、「夫婦浪人」、「天魔」、「約束金二十両」、「鰻坊主」、「突発、「老僧狂乱」の8編が収録されていますが、いずれも、楽しかったです。ただし、「天魔」はちょっと気持ちが悪い話ですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:池波正太郎
posted by matsumo at 18:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする