2017年07月17日

本「星野新一編集 洋泉社MOOK 大人のためのハイレゾ入門 麻倉怜士直伝!!」

星野新一編集「洋泉社MOOK 大人のためのハイレゾ入門 麻倉怜士直伝!!」(発行日:2015. 6. 7、発行所:(株)洋泉社)を読みました。

さて、感想ですが、読んでいて腹がたちました。だって、著者にとっては、ハイレゾと普通の録音が明確に区別がつくそうですので。加えて、ポータブルオーディオを推進していますし。

まあ、著者はハイレゾと普通の録音が区別できるそうですが、これ、本当なのでしょうか。同じ音源で、それをダウンコンバートしたもの、例えば、「24Bit・96KHz」の録音をダウンコンバートして「16bit・44.1KHz」のものの2種をブラインドで聴かせて、例えば、計20回聴かせて、どの程度の割合で当たるか、試して欲しいものです。加えて、普通のCDとハイレゾ、両者のマスタリング、すなわち、グラフィックイコライザーを使用しての強調する方法が異なるのだそうで、ううん、それならば、元々の音が異なるのですから、違いがわかっても不思議ではないですね。私の場合、WAVE Recorderを使用した生録音、これ、屋外での水の流れや蝉や小鳥の鳴き声、あるいは、津軽三味線や和太鼓等の生録音は24bit・96KHzで行い、編集終了後に16bit・44.1KHzにダウンコンバートするのですが、ヘッドフォンで聴いた限りでは両者の明確な区別はできないです。

また、ポータブルオーディオって、外で聴くものですが、騒音が激しい外で、良い音で聴く意味があるのか、特に、ハイレゾはダイナミックレンジが広いのですから、騒さい場所だと、小さな音は全く聞こえないと思うのですが。

後、ハイレゾ、ハイレゾって騒いでいますが、特に、マイクロフォンや拡声器を使わないクラシック音楽の場合、コンサートこそが、ハイレゾだと思いますが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:星野新一
posted by matsumo at 19:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

本「浜辺祐一著 救命センター 当直日誌」

浜辺祐一著「救命センター 当直日誌」(発行日:2004. 9.25、発行所:(株)集英社)を読みました。これは集英社文庫の1冊です。著者は現役の救急救命医で、第三次救急である「都立墨東病院救急救命センター」で活動している方のようです。

さて、感想ですが、面白かったです。これ、救命センターに運ばれてきた人達を扱ったものです。これを読んだだけでも、以下に苛酷な職場か、よくわかります。救命センターに運ばれて、最大の優先事項は呼吸をしていることで、まずは、それを確保することから始まるのだそうです。なるほど、確かに、息をしていなければ、どうしようもないですからね。そして、その後に、他の箇所の治療に移るのだそうです。

この本の中では、オートバイに2人乗りをしていた14歳が、勿論、2人共、無免許ですが、事故を起こして、1人は即死、もう1人は片足切断、脳内は出血と言う状態で、1ヶ月経っても意識不明状態なのだそうです。ううん、こう言う場合、即死と意識も無い状態でずっと病院と言うの、どちらが親にとって良いのでしょうね。

なお、救命センターですが、私も、両親が救急車で運ばれたため、3回、救急車に乗ったことがあります。勿論、救命センターで、医者に説明、そして、医者から状態の説明を受けたこともあります。ううん、こう言うことはもう、行いたくないですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:浜辺祐一
posted by matsumo at 17:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

本「童門冬二著 水戸黄門異聞」

童門冬二著「水戸黄門異聞」(発行日:2000. 2.15、発行所:(株)講談社)を読みました。これは講談社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、つまらなかったです。これ、短編集で8編が収録されているのですが、そのいずれもつまらなすぎです。加えて、この本、あまりに文章が少ないためか、文字を普通の大きさの倍位にして、少しでも厚くなるようにしていると言う代物で、文字があまりに大きいので、読みにくいこと、甚だしかったです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:童門冬二
posted by matsumo at 09:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

本「浜辺祐一著 救命センター部長ファイル」

浜辺祐一著「救命センター部長ファイル」(発行日:2008. 6.30、発行所:(株)集英社)を読みました。これは集英社文庫の1冊です。著者は現役の救急救命医で、第三次救急である「都立墨東病院救急救命センター」で活動している方のようです。

さて、感想ですが、つまらなかったです。著者は救命センターの部長になったのですが、やはり、若手医者との軋轢と言うか、若手医者に物足りなさを感じるようで、それがこの本の主題のようです。でも、救急救命医療って、体力的に若手にまかせねばならない訳で、やはり難しいところなのでしょうね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:浜辺祐一
posted by matsumo at 20:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

本「浜辺祐一著 こちら救命センター 病棟こぼれ話」

浜辺祐一著「こちら救命センター 病棟こぼれ話」(発行日:1992. 8.25、発行所:(株)集英社)を読みました。これは集英社文庫の1冊です。著者は現役の救急救命医で、第三次救急である「都立墨東病院救急救命センター」で活動している方のようです。

さて、感想ですが、つまらなかったです。と言うか、本当の救急救命センターって、TVドラマとは異なり、殺伐としたものであると言うことです。この手の話って、やはり、救命センターに来るまでの物語があって、かつ、命が助かって、後日談があると言うのでないと、読んでいて、面白くはないですね。まあ、勿論、これが現実なのでしょうが。それにしても、救急救命のための医師や看護師、自分の命を削って活動してくれているのですから、感謝、感謝です!

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:浜辺祐一
posted by matsumo at 17:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

本「池波正太郎著 剣客商売(番外編) 黒白(上))」・「同(下)」

池波正太郎著「剣客商売(番外編) 黒白(上)」(発行日:2003. 5.10、発行所:(株)新潮社)と池波正太郎著「剣客商売(番外編) 黒白(下)」を読みました。これは新潮文庫の2冊です。

さて、感想ですが、つまらなかったです。これは全2冊の長編小説で、主人公の若き日の話なのですが、彼が出てくるのは多くはなく、実際は、剣客が騙されて人殺しになると言うもので、読んでいて、明るさがないこともあり、このような長編ではなく短編でも十分ではと思いました。

これで、ようやく、剣客商売、全て読んだことになりますが、やはり、最初の5冊位が最も面白いと思います。特に、2つの番外編は不要ですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:池波正太郎
posted by matsumo at 19:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

本「池波正太郎著 剣客商売(番外編) ないしょないしょ」

池波正太郎著「剣客商売」(番外編) ないしょないしょ(発行日:2003. 5.10、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。一気に読んでしまいました。これは長編小説で、貧乏人の女の一生を描いたもので、彼女に関係する男は次々と亡くなってしまう上、彼女も26歳で今で言うインフルエンザにかかって亡くなると言うものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:池波正太郎
posted by matsumo at 17:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

本「池波正太郎著 剣客商売(16) 浮沈」

池波正太郎著「剣客商売(16) 浮沈」(発行日:2003. 2.15、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。これは長編小説で、前作では主人公の「老い」に対する意識が強すぎたのですが、こちらはそれが吹っ切れたようで、戦いにつぐ戦いと言う感じです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:池波正太郎
posted by matsumo at 18:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

本「池波正太郎著 剣客商売(15) 二十番斬り」

池波正太郎著「剣客商売(15) 二十番斬り」(発行日:2003. 2.15、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。これは長編小説の「二十番斬り」と短編小説の「おたま」が収録されているもので、最後の方で、主人公が刺客20人と闘う場面がすごいですが、その前に、主人公が「老い」をものすごく意識する場面が延々と続くので、読んでいて嫌になりますね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:池波正太郎
posted by matsumo at 19:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

本「池波正太郎著 剣客商売(14) 暗殺者」

池波正太郎著「剣客商売(14) 暗殺者」(発行日:2003. 2.15、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。これは長編小説で、主人公の息子が反田沼の大名の陰謀により、非常に強い剣客と闘わなくてはならなくなりそうになったので、主人公がそれを阻止しようとすると言うものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:池波正太郎
posted by matsumo at 19:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする