2020年10月19日

初期のデジカメで撮った写真の拡大(6)

前述のごとく、2000.12.24(日)に上野駅近くの「ヨドバシカメラ」で、単焦点レンズが付いたAFコンパクトデジカメ「富士フイルム:FinePix 4500」(CCD:ハニカム240万画素だが、実際画像は補間されて400万画素)を税込で50,290円で入手しました

201019ZG.jpg

201019ZH.jpg

2003. 6.29(日)、京王線・中河原駅より10分程言った多摩川・関戸橋付近の河原で行われた「多摩川水着モデル撮影会」(主催:全東京写真連盟)にこのデジカメを持参して、撮影しました。勿論、メインはフィルム式カメラで、デジカメがあくまで補助です。あ、持参したフィルム式カメラは、一眼レフボディ「リコー:XR-2S」+「旭光学:smc PENTAX-M ZOOM 80-200mmF4.5」です。そして、撮ったモデルはレースクイーンの「如月みう」さんです。

201019ZI.jpg

と言うことで、CCDは240万画素だが、これを保管処理して400万画素の画像、すなわち、「2400×1800ピクセル」の大きさの写真を沢山、撮りましたが、これを「2048×1750ピクセル」の大きさに縮小しました。

すなわち、わざわざ、インターネット上の綺麗な状態で拡大できるサイト(http://waifu2x.udp.jp/index.ja.html)にて拡大処理したものではなく、デジカメ内で拡大処理されたものですが、それを画像ソフトを使用して、トリミング、色修正、輪郭強調、縮小等の画像編集を行い、以下のURLにupしたので、みなさま、ダウンロードの上、どのようなものか、ご確認下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/1HIS_YsBSDO-u8fT6AGznbuQvUZSm5WPH?usp=sharing

なお、FinePix4500ですが、極めて経年変化が大きく、2010年頃には電池を入れてもしばらく使えず、1時間位経ってようやく使える状態になりましたが、2018年にはそれもダメになり、全く使えなくなってしまいました。それ以前に入手したものは現在でも使えるのですが、この機種はおそらく5年も使えれば十分と言う考えだったのでしょうね。勿論、当時のデジカメの進歩は急激だったので、次々に新しいものを購入すると言うことだったのだと思います。
posted by matsumo at 17:59| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]