2020年10月01日

本「喜多喜久著 リケジョ探偵の謎解きラボ」

喜多喜久著「リケジョ探偵の謎解きラボ」(発行日:2017. 5.23、発行所:(株)宝島社)を読みました。これは宝島社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。これ、短編集で、「小さな殺し屋」、「亡霊に殺された女」、「海に棲む孔雀」、「家族の形」の4編が収録されていました。あ、話としては、主人公の保険の調査員が殺人事件やもしかして殺されたかもしれないと言う事件に出会いと言うか、そう言う時に保険金を払って良いかと言う調査を行うのですが、歳上の恋人の生化学の大学助教がそれを解決して行くと言うものです。ただし、解決は解決するのですが、そこに人情が入って来るので、どうかなあと思いましたが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:18| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]