2020年08月09日

本「西村京太郎著 急行アルプス殺人事件」

西村京太郎著「急行アルプス殺人事件」(発行日:2011. 7.25、発行所:(株)角川書店)を読みました。これは角川文庫の1冊で、「あずさ3号殺人事件」、「急行アルプス殺人事件」、「幻想と死の信越本線」、「内房線で出会った女 -さざなみ7号」の4編が収録されている短編集です。

さて、感想ですが、面白かったです。これ、今では走っていない「急行アルプス」なんて言う列車名が出てくるところを見ると、結構、昔に書かれたもののようです。そのせいか、生き生きしている感じで、時刻表トリックなんて言うのも良いですし。やはり、西村氏の作品は若い頃の方が面白いのではと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:09| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]