2020年01月14日

本「梓林太郎著 神田川殺人事件 旅行作家・茶屋次郎の事件簿」

梓林太郎著「神田川殺人事件 旅行作家・茶屋次郎の事件簿」(発行日:2014. 7.30、発行所:祥伝社)を再読しました。これはNON NOVELの1冊です。

さて、感想ですが、つまらなかったです。この茶屋次郎シリーズ、主人公の作家が地方の川がある所に旅行に行って、そこで、事件に巻き込まれ、一時期は犯人扱いされて、それから、苦心惨憺して脱出するところが面白いのですが、今回のものは設定が都内の川で、主人公は東京に住んでいるのですから、それらの要素はほとんどなくなっています。ですから、面白い設定が消えてしまっているのに、その後の展開は、いつもと同じようになっているのが残念です。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:56| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]