2020年01月02日

本「梓林太郎著 旅行作家・茶屋次郎の事件簿 倉敷高梁川の殺意」

梓林太郎著「旅行作家・茶屋次郎の事件簿 倉敷高梁川の殺意」(発行日:2018.11.20、発行所:(株)祥伝社)を読みました。これはNON NOVELの1冊です。

さて、感想ですが、つまらなかったです。この茶屋次郎のシリーズ、かなり沢山、読んでいて、結構、面白いと思っていたのですが、こんなにつまらないの、初めて読みました。あまりのつまらなさに読むのをやめようと何回か思ったのですが、それでも、読み続けました。

著者の梓氏、もう、かなりの歳だと思いますし、これは今から2年ほど前に出たもので、私が面白いと思ったのはもっと古いものですので、おそらく、梓氏の筆力、もう、衰えてしまったのでしょうね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:16| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]