2018年09月16日

2018年 9月15日(土)の「船橋たちばな管弦楽団 第12回定期演奏会」

2018. 9.15(土)、地下鉄「後楽園駅」近くの「文京シビックセンター・大ホール」にて、「船橋たちばな管弦楽団 第12回定期演奏会」を聴いてきました。

180916P.jpg

聴衆の入りは座席の5割程度と何でこんな大きなホールで行うのかと疑問に思う入り方でした。さて、演奏された曲は以下です。

(1)ブラームス:悲劇的序曲
(2)ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」より「前奏曲と愛の死」
(3)ブラームス:交響曲第4番
(4)ブラームス:「ハイドンの主題による変奏曲」より終曲
井田勝大指揮船橋たちばな管弦楽団

(1)は中々の演奏でしたが、もう少し、雄大さが欲しいと思いました。(2)も(1)と同様に中々の演奏でしたが、もっと、官能性が欲しいと思いました。

(3)は、第1楽章はもっと寂しい感じが欲しいと思いましたが、第2楽章・第3楽章は素晴らしい演奏となりました。しかしながら、第4楽章は雄大さが不足しているのが残念でした。

(4)は勿論、アンコール曲でしたが、緊張がとれたのか、雄大で素晴らしい演奏で、本日、最高のものでした。

と言うことで、本日は(4)が聴けたことが一番で、後は、(4)の第2・第3楽章を聴けたことでした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 20:24| 東京 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]