2018年06月11日

本「江川晴著 企業病棟」

江川晴著「企業病棟」(発行日:1998. 7.25、発行所:(株)集英社)を読みました。これは集英社文庫の1冊です。

これも著者の実体験や同僚等に聴いたことを元にして書いているものだと思います。ううん、昔は保健室があって、看護婦や薬剤師が常駐している会社があったのですね。それも、1980年代位なのでしょうか。それにしても、アフリカに赴任して日本に戻ってから急に保健室に来るようになったと言ったら、すぐに「エイズ」って思うのですが、看護婦が何でそれに気が付かないのが不思議です。それにしても、企業の保健室と言うのは、怪我や頭痛等以外に、精神的なことで、来る人が結構、いたのですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp

posted by matsumo at 19:25| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]