2018年05月16日

本「大谷洋太郎著 [八木沢刑事シリーズ] 瀬戸尾道殺意の迷路」

大谷洋太郎著「[八木沢刑事シリーズ] 瀬戸尾道殺意の迷路」(発行日:2003. 7.25、発行所:(株)双葉社)を再読しました。これはfataba novelsの1冊です。

さて、感想ですが、疑問だらけの本ですね。すなわち、ううん、昔、自分の兄が自殺し、それを今でも後悔しているために、今度は息子みたいな歳の男の自殺を幇助する? ううん、無理が有りすぎだと思いますが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:03| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]