2018年01月08日

本「佐伯泰英著 吉原裏同心(14) 決着」

佐伯泰英著「吉原裏同心(14) 決着」(発行日:2011. 3.20、発行所:(株)光文社)を読みました。これは光文社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。これ、長編小説で、(13)の続きです。ううん、最後の方、田沼意次が生きていたのか、あるいは、影武者なのか、よくわけがわからない展開になっていますが、結局のところ、それを含めて、あっけなく田沼派が退治されてしまったようです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:佐伯泰英
posted by matsumo at 16:24| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]