2017年08月12日

LP「モーツアルト:交響曲第40番」(ワルター指揮)

1930年代から1970年代にかけては、モーツアルトと言えばブルーノ・ワルターと言われていたようで、ワルターは後期交響曲全集をモノラルLP時代とステレオ録音時代に残したほか、SPレコード時代も交響曲第38番や交響曲第40番を録音を残しました。

このブルーノ・ワルターが録音専門であったコロンビア交響楽団を指揮して録音した「モーツアルト:交響曲第40番」のLPを

170812ZC.jpg

再生・録音・編集したもの「Mozart_Symphony_No40_Walter_ColumbiaO_1959B.mp3(23.6MB)」を以下のURLにupしたので(sound1142)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/folderview?id=0B-D6l4k_pSjcNTdpSVdzNV8xMVU&usp=sharing
ラベル:モーツアルト
posted by matsumo at 09:00| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]