2017年08月10日

17cmLP”ヘンデル:組曲「水上の音楽」(ハーティ編)”(サージェント指揮)

英国の作曲家「ヘンデル」の代表曲と言えば、今でも、「水上の音楽」と「王宮に花火の音楽」、そして、オラトリオ「救世主」を上げる人が多いのではと思います。加えて、当時の楽器がそのままの形で現在でも使われていることはなかったことから、上記の3曲は1980年代位までは、いずれも大なり小なり、楽譜に手を入れて、すなわち、編曲されたもので演奏されることが多かったのではと思います。

その”ヘンデル:組曲「水上の音楽」(ハーティ編)”を「マルコム・サージェント指揮ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団」が演奏・録音した17cmLPを

170810L.jpg

再生・録音・編集したもの「Handel_WaterMusic_Sargent_Royal_po_1959A_B.mp3(16.0MB)」を以下のURLにupしたので(sound1195)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcSjA2UW8xeEEwT00?usp=sharing

なお、この組曲は、「(1)アレグロ、(2)アリア、(3)ブーレー、(4)ホーンパイプ、(5)アンダンテ・エスプレッシーヴォ、(6)アレグロ・デチーソ 」の6曲から成り立っています。
ラベル:ヘンデル
posted by matsumo at 19:46| 東京 🌁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]