2017年06月19日

2017年 6月13日(火)の「東京国立博物館」

上野駅近くの「東京国立博物館」では、2017. 5.30(火)〜7/2(日)に総合文化展(平常展)の目玉として、本館第7室において、「尾形光琳:風神雷神図屏風」(重要文化財)が「作者不詳:扇面流図屏風」と「作者不詳:洛中洛外図屏風」 と共に展示されるとのことで、2017. 6.13(火)に行ってきました。

170619ZD.jpg

まずは、本館の1楷を反時計回りに進みますが、仏像の展示の最初のものが中々でした。そして、裏庭のテラスに出られる場所に行きます。

170619ZE.jpg

170619ZF.jpg

ここを過ぎ、よく、展示替えが行われる部屋に行きますが、そこにも目的のものはありません。私はてっきり第7室は1楷だと思っていたので、あれ?と思いながら、2楷に行きました。

そして、2楷の1/3位過ぎた部屋に進んで、それが第7室でした。ここには屏風が3つ展示されていました。内、「風神雷神図屏風」のみが撮影OKだったので、撮影します(他の2つは、他の美術館からの借り物です)。

170619ZG.jpg

さて、感想ですが、この屏風の中の風神・雷神ともユーモラスな感じですね。そこが面白いです。しかしながら、それより、「洛中洛外図屏風」の方が、なるほど、当時の京都はこのような感じだったのかと、興味深かったです。

なお、この部屋以外の部屋のものですが、山王日枝神社の神幸祭の様子を描いた浮世絵があり、京都の祇園祭の背の高い山車を中心にした行列で、現在の山王日枝神社の神幸祭の行列とはあまりに違うのに驚きました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「風神雷神図屏風」を撮影できたのは
よかったですね。
私も大好きな屏風です。
「洛中洛外図屏風」はいいですよね。
私も大好きです。
佐倉の国立民俗博物館には、「洛中洛外図屏風」
をジオラマにしたものがあって、
とても面白かったです。
「洛中洛外図屏風」は細かいところが実に
面白くて、みていて飽きません。
Posted by 四季歩 at 2017年06月19日 20:36
四季歩さん、こんにちは

洛中洛外図屏風って、何種類かあるとは思いますが、いずれにしろ、当時の京都の様子が描かれていて面白いですよね。また、類似のものとして、江戸を描いたものがありますが、こちらも、現在、ある寺社の建物と全く違うのが面白いです。
Posted by matsumo at 2017年06月19日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック