2017年06月15日

2017年 6月 2日(金)の「北区飛鳥山博物館春期企画展 浮世絵の愉しみ」

前述のごとく、王子駅近くの「北区飛鳥山博物館」では、「2017. 3.11(土)〜6/18(日)」に同館で所蔵する北区関連の浮世絵系風景版画160点を4回に分けて展示する「北区飛鳥山博物館春期企画展 浮世絵の愉しみ 異なる主題による4回の展示実践」が行われていますが、その最終回である「第4回 絵師:広重が見た北区の名所」を2017. 6. 2(金)に観てきました。

170615ZJ.jpg

さて、感想ですが、素晴らしかったです! 全4回の内の最高の展示だと思います。広重の浮世絵、他と質が全く異なると言う感じです。ともかく、今までのものと比較して、段違いの素晴らしさです。前回までは、展示してあるものの内、素晴らしいのは数枚でしたが、今回はそのほとんどが素晴らしいです。また、ここに描かれている滝野川や飛鳥山の素晴らしさ、江戸時代はこんなに素晴らしかった場所だったのですね。今の風景からは信じられない素晴らしさです。

この展覧会、6/18(日)まで行っているので、近い内に、再度、訪れたいと思っています。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:飛鳥山博物館
posted by matsumo at 19:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この展覧会、知らなかったです。
残念です。
私も広重の名所浮世絵には目が
ないというのに。
18日までは予定が全部入っていて、
行けません。
matsumoさんがうらやましいいですね。
また楽しんできてください。
Posted by 四季歩 at 2017年06月15日 20:56
四季歩さん、こんにちは

お忙しそうですね。忙しいことは良いことだと思います。私などは、本日は何をしようかと言う状態ですので(笑)

そう言えば、家は読売新聞を購読しているのですが、数年前、2年間に渡って、広重の東海道53次が、購読料を取りに来るときに配布されたので、全部、綺麗な形で持っています。
Posted by matsumo at 2017年06月16日 20:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック