2017年05月14日

2017年 5月12日(金)の「西新井大師」の「芍薬」(2)

前述のごとく、2017. 5.12(金)は東武鉄道「大師前駅」近くの「西新井大師」に「芍薬」の花の撮影に行ってきました。しかしながら、最盛期は過ぎていて、まだ、綺麗に咲いているものを選んでの撮影となってしまいました。

「第1牡丹園」の続きで、黄色いものです。

170514A.jpg

170514B.jpg

赤いものです。

170514C.jpg

白っぽいものです。

170514D.jpg

170514E.jpg

薄紫色のものです。

170514F.jpg

170514G.jpg

この後は大きな山門を過ぎた所にある「第3牡丹園」に行きます。

170514H.jpg

170514I.jpg

残念ながら、ここも第1牡丹園と同様に最盛期は過ぎていました。

170514J.jpg

170514K.jpg

と言うことで、芍薬の花って、もっと綺麗だと思っていたのですが、最盛期を過ぎていたことも関係あったとは思いますが、ちょっと、ガッカリしました。加えて、芍薬の花っぽくないのもありましたし。ううん、来年は芍薬の花を撮影することがあっても、ここではないと思います。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:西新井大師
posted by matsumo at 10:00| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西新井大師の、牡丹、芍薬見事ですね。
私は、どうしても白い花に惹かれて
しまいますね。
白い花は撮影が難しいです。
matsumoさんは綺麗に写されていますね。
あと、ほんとに色々なところの牡丹の
花を撮って歩いておられて、すごいですね。
Posted by 四季歩 at 2017年05月14日 19:43
四季歩さん、こんにちは

西新井大師の牡丹園、いいですね。有料でも文句を言う人は少ないと思います。

芍薬は都内だと、後、神代植物園が有名ですね。

でも、そろそろ、春バラの最盛期になると思いますが。生田緑地ばら園も谷津ばら園も五分咲き位だそうですし。

Posted by matsumo at 2017年05月14日 20:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック