2017年04月18日

2017年 4月13日(木)の「赤羽八幡神社」と「宝幢院」

前述のごとく、2017. 4.13(木)は「浮間舟渡駅」近くの「浮間公園」に行ってきました。 「赤羽緑道公園」を出て、更に、東方向に進むと、新幹線の高架にぶつかりますが、そこを左折して、新幹線のトンネルの入口の上にある小山の所が「赤羽八幡神社」(東京都北区赤羽台4-1-6)です。急坂を登ると、境内に入りますが、ここの特長は、境内に「花海棠」の木が何本かあることで、今は満開です。

170418A.jpg

170418B.jpg

170418C.jpg

勿論、拝殿があり、

170418D.jpg

170418E.jpg

狛犬がいます。

170418F.jpg

170418G.jpg

この左に末社があり、

170418H.jpg

そこの狛犬は先程のものより古い感じです。

170418I.jpg

170418J.jpg

先程の道路まで戻り、高架に沿って僅かに何かして、左折して、新幹線の高架をくぐった所が「宝幢院」(東京都北区赤羽3-4-2)です。

170418K.jpg

本堂の前の左右にある桜は終わりに近いのが残念です。

170418L.jpg

170418M.jpg

このほか、境内には石仏がありました。

170418N.jpg

ここより、線路に沿って南下し、赤羽駅、東十条駅、王子駅と過ぎ、「飛鳥山公園」に行きます。枝垂れ桜がほぼ満開に近い状態です。

170418O.jpg

ここより更に南下して、家まで戻りました。

と言うことで、できれば、青空の下、満開の状態の八重桜の浮間公園に行きたいですが、果たして、天気と満開の同時の時に行けるでしょうか。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック