2017年04月17日

本「柊サナカ著 谷中レトロカメラ店の謎日和」

柊サナカ著「谷中レトロカメラ店の謎日和」(発行日:2015. 9.18、発行所:(株)宝島社)を読みました。これは宝島社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。これ、7編が収録されている短編集で、谷中の中古カメラ店での出来事と言うか、小事件を描いているものです。勿論、その中に中古カメラも登場してきます。この中で笑ってしまったものは、孫の写真を名前入りでインターネット上のブログに載せるおじいさんの話で、これを止めさせるために、何とそのコメント欄にその孫の写真を530枚も印刷して部屋中に貼っている旨、沢山の孫の写真を集めたハードディスクと添い寝している旨、そして、抱き枕に水着姿とワンピース姿を印刷する旨を書くと言うものでした。

それにしても、最後はガッカリで、アルバイトに来ている女性、何と、ものすごい年上の男と結婚していた未亡人と言うのでは、ちょっと、話が酷すぎるのではと思いました。女性の著者らしい、夢を持った男の読者への落とし入れでしょうね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:柊サナカ
posted by matsumo at 18:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック