2017年04月07日

2017年 4月 7日(金)の「北区飛鳥山博物館春期企画展 浮世絵の愉しみ」

前述のごとく、王子駅近くの「北区飛鳥山博物館」では、「2017. 3.11(土)〜6/18(日)」に同館で所蔵する北区関連の浮世絵系風景版画160点を4回に分けて展示する「北区飛鳥山博物館春期企画展 浮世絵の愉しみ 異なる主題による4回の展示実践」が行われており、「第1回 時間:北区の名所浮世絵の展開」は先日の3/23(木)に観てきたのですが、2017. 4. 7(金)、「第2回 空間:王子・飛鳥山・滝野川」(4/4(火)〜4/30(日))を観てきました。

170407Z.jpg

さて、感想ですが、素晴らしかったです。今回は全部で浮世絵は30点程しか展示されていなかったのですが、その半分以上は中々の作品の上、いずれも、保存状態が良いものばかりでした。その中で最も素晴らしかったのは「尾形月耕:花美人名所合 滝の川乃紅葉」(1896)で、これは普通の版画を2枚合わせたような感じの横長のものでした。それ以外に「揚斎延一:滝乃川紅葉の三曲」(1893)、「井上安治:東京真画名所図解 滝ノ川紅葉」(1882〜1887)、「小林清親:武蔵百景之内 王子瀧の川」(1884)、「月岡芳年:東京自慢十二ケ月 十月 滝ノ川の紅葉」(1880)も明治時代のものですが、素晴らしかったです。このほか、「初代歌川広重:東都名所 王子瀧の川」(1839)及び「小林清親:滝の川 池の橋」(1878)も素晴らしかったです。

それにしても、明治時代までの滝野川って素晴らしかったのですね。今の滝野川しか知らない者にとって、信じられない程、美しかったようです。

この第2回の展覧会、4/30(日)までですが、この博物館がある「飛鳥山博物館」は「飛鳥山公園」内にあり、この飛鳥山公園は現在、染井吉野が満開状態ですので、今週の日曜日までに行くのが吉ではと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:飛鳥山博物館
posted by matsumo at 17:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
飛鳥山は、去年花見をしました。
そして三つの博物館も全部見ました。
この時期の飛鳥山周辺は、とても
いいですよね。
素晴らしいと思います。
浮世絵展、とてもよさそうですね。
私も行きたいと思いました。
Posted by 四季歩 at 2017年04月07日 19:43
四季歩さん、こんにちは

浮世絵、素晴らしいものが展示されていますし、また、無料ですので、ぜひ、いらして下さい。それにしても、この辺りの明治時代まではものすごい美しさだったようです。
Posted by matsumo at 2017年04月07日 20:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック