2017年02月17日

2017年 2月17日(金)の「東京国立博物館」の「春日大社 千年の至宝」展

2017. 2.17(金)、上野駅近くの「東京国立博物館・平成館」にて「春日大社 千年の至宝」展を観てきました。と言うのは、2/14(火)〜2/19(日)は今回の展示の目玉の1つである4つの鎧が同時に展示されるからです。

170215ZA.jpg

9:30開館の15分前に門前に着いたのですが、既に50名程度が並んでいたので、私の並びます。私の後ろには次々と並んで行きます。列が長くなったと言うことで、9:20になり、門より入って、前庭の途中に並ぶようになります。そして、9:30になり、列が動き始め、平成館の前の行きます。まずは、先頭の30名位が中に入ります。しばらくして、第2陣の私も入り、改札口にて、東京国立博物館の「パスポート」に入場印を押してもらって、エスカレーターで2階に上がります。左折して、すぐに展示室に入りますが、まだ、観客は少ないので、じっくりと見ることができます。エスカレーターに向かって左側の部屋の3室を見終わった後は、右側の3室に行きますが、こちらは、更に観客が少ない感じです。しかしながら、作品としては、こちらの方が見応えのあるものが多いです。

さて、全体的な感想ですが、絵巻物は沢山あり、また、その保存状態が良いものが多かったのですが、製作年代をチェックすると、ほとんどが江戸時代のもだったのにはガッカリでした。一方、掛け軸は色が変色しているものが多く、残念ながら、私の趣味のものは無かったのですが、そちらは、鎌倉時代のものが多い印象でした。

と言うことで、個々のものの感想ですが、第1室では結構な大きさの「春日神鹿御正体」(銅像?)が素晴らしかったです。後、3方にある扉に絵が描かれている「春日厨子」も中々でした。

第2室は刀や弓等の武器があり、そちらは私の興味外でしたが、刀の鞘部分の装飾も中々でした。また、「蒔絵箏」も良かったです。後、平安時代の青銅鏡が結構な数、ありましたが、折角だったら、錆びたままではなく、磨いて人の顔が映るようにして欲しいと思いました。

第3室は「曼陀羅」が沢山ありましたが、保存状態が悪くて、見る価値は無しです。その代わりに、ほぼ人物位の大きさの「文殊菩薩騎獅像」が素晴らしく、これを見るだけでも来て良かったと思いました。

第4室・第5室は刀が結構、ありましたが、勿論、私の興味外です。後は、目玉の鎧4体です。しかしながら、どうやら、修復したばかりのようで、あまりに綺麗すぎて、これでは、今作ったように見えます。すなわち、これでは骨董的価値無しですね。

第6室は能衣装や能面がメインでしたが、これも私の興味外です。しかしながら、最後に木造の狛犬が4組ありました。これは春日大社の本殿にあったものだそうで、鎌倉・室町時代のものだそうですが、意外に小さいのには驚きました。おそらく、本殿自体がそれほど大きくないためだと思いますが。また、形が現代の狛犬に似ていることにも驚きました。私はもっと、顔が不細工で、胴も長い方が好きです。

その後、また、第1室から見ましたが、この時はもうかなりの人出になっており、背中越しに見る状態になっていました。

と言うことで、本日の収穫は

と言うことで、本日は「春日神鹿御正体」と「文殊菩薩騎獅像」でした。

なお、この展覧会、 1/17(火)〜3/12(日)で、その間に何回か、展示替えが行われるので、要注意ですが、行かれる方が良い展覧会だと思います。

また、私が持っている「パスポート」(年間4,100円で、特別展6回に入場できるほか、平常展は何回でも観ることができるもの)ですが、この発売は2/28(火)までで、その後は、「メンバーズプレミアムパス」(年間5,000円で特別展4回に入場できるほか、平常展は何回でも観ることができる)に改悪されますので、もし、4回以上行く予定があるのでしたら、2/28までに「パスポート」を入手することをお奨めします。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック