2016年07月14日

2016年 7月12日(火)の「開館50周年記念 美の祝典 III.江戸絵画の華やぎ」展

2016. 7.12(火)、有楽町駅近くの「出光美術館」にて、「開館50周年記念 美の祝典 III.江戸絵画の華やぎ」展を観てきました。

160714A.jpg

この展覧会、「4/9(土)〜5/8(日):I.やまと絵の四季」、「5/13(金)〜6/12(日):II.水墨の壮美」、「6/17(金)〜7/18(月):III.江戸絵画の華やぎ」と3回に分けて行われたのですが、水墨画はあまり好きではないので、「II.水墨の壮美」は行かず、「I.やまと絵の四季」に続いて、観に行きました。

と言うことで感想ですが、全体的にはまあまあでした。この展覧会の目玉は10年振りに公開された国宝「伴大納言絵巻」(全3巻)ですが、「I.やまと絵の四季」で上巻を観た時と同様に、今回観た下巻も私の趣味ではありませんでした。

それ以外では、掛け軸「葛飾北斎:春秋二美人図」は、やはり、美人画は着物だなあと思いました。「作者不詳:祇園祭礼図屏風」は経年変化により暗い感じになっていることもあり、現在の祇園祭の行列の方が余程、良いと思いました。「作者不詳:洛中洛外図屏風」には二条城や伏見城が描かれていましたが、その天守閣がガッシリしておらず、痩せて見えるのには驚きました。「作者不詳:江戸名所図屏風」は以前に観た記憶がありますが、なるほど、江戸時代の寺社や芝居小屋等はこんな形だったのかと思いましたが、やはり、遠近法がおかしいのが気になりました。「酒井抱一:紅白梅図屏風」は金屏風ならぬ銀屏風で、片方が白梅、もう片方が紅梅が描かれているものですが、紅梅は紅梅に色が変だったので私の趣味では無かったのですが、白梅の方は中々良かったです。そして、「酒井抱一:風神雷神図屏風」はやはり、中々のものだと思いました。今まで何回か観た「酒井抱一:八ッ橋図屏風」はこの展覧会で最高のものだと思いました。そして、「鈴木其一:四季花木図屏風」は金屏風でしたが、まあまあでした。

と言うことで、本日は「酒井抱一:八ッ橋図屏風」を観ることができたことが最大の収穫だと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック