2010年01月08日

2010年 1月 7日(木)の「小石川七福神」めぐり(上)

2010. 1. 7(木)、本日は「七草」で、正月もこれで終わりですから、七福神めぐりのお寺や神社でのご神体のご開帳も、本日でほとんどが終わりとなります。その上、朝から青空だったので、本日は家から結構近い場所にある「小石川七福神」をめぐってきました。

すなわち、家を8:50に出て、9:23「小石川植物園」の前を通り、「吹上坂」に。すぐに、右側に鉄筋コンクリートの「宗慶寺」(東京都文京区小石川4-15-17)があります(9:27)。

100108A.jpg

「寿老人」はここに祭られているようです。右の方の少し下がった所に石仏が安置されています。

100108B.jpg

9:31ここを発ち、少し進み、マンションの庭みたいな所を過ぎた所に右に行く細い道があり、右折して、マンションの敷地の中に入ると、木造の祠(やしろ)があり、それが「極楽水」(東京都文京区小石川4-16)です(9:33)。

100108C.jpg

祠の中には、黒い岩に巻き付いた石の蛇が祭られており、それが「弁財天」です。

100108D.jpg

9:37ここを発ち、更に進むとマンションの前に出て、そこは桜並木の大通り「播磨坂」です。左折し、進みますが、この大通りはすぐ交差する「春日通り」で終わりますが、信号を渡り、播磨坂の延長線の細い通りを進みます。ここは下り坂で、下りきったY字路の左に「藤寺(伝明寺)」(東京都文京区小日向4-3-11)があります(9:44)。

100108E.jpg

ここの入口前に庚申塚と地蔵尊が安置されており、また、中に入ると、井戸と地蔵尊が安置されているほか、多数の石仏もありました。

9:48ここを発ち、地下鉄のガードをくぐり、右方向に進むと、左に「拓殖大学」があり、その前(右)が「深光寺」(東京都文京区小日向4-9-5)です(9:49)。坂を少し上った左に多数の石仏が安置されています。坂を登りきった所に本堂があり、

100108F.jpg

その前右に恵比寿の大きな石像が祭られています。

100108G.jpg

9:57ここを発ち、更に進むと、9:58「林泉寺」(東京都文京区小日向4-7-2)に着きました。ここには「しばられ地蔵」のほか、石仏がものすごい数あります。

100108H.jpg

10:02ここを発ち、春日通りまで戻り、左折し、少し進むと、左に「徳雲寺」(東京都文京区小日向4-4-1)があります(10:08)。

100108I.jpg

本堂前に木造の「弁天堂」があり、

100108J.jpg

その前には水が流れています。ここもお堂の中が拝見でき、顔がある石の蛇が安置されています。

100108K.jpg

matsumo(http://homepage3.nifty.com/matsumo2/
ラベル:小石川七福神
posted by matsumo at 18:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 七福神巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック