2020年11月21日

スマートウォッチ「製造:型番 不明」を入手(1)

2020.11. 9(月)、日本amazonより送料・税込み2,480円で、スマートウォッチ「製造:型番 不明」を入手しました。これ、日本amazonのホームページには、「スマートウォッチ メンズ レディース 2020 スマートブレスレット GPS IP67防水 活動量計 歩数計 多機能腕時計 Line/Facebook/Twitter/着信通知 iPhone&Android対応 日本語 ブルー」、「ブランド: RAYROW」、「販売元 YokohashiYokohashi」、「メーカー:RAYROW」、「商品モデル番号:P8」等の記載がありましたが、実際に着いた商品のパッケージや説明書には会社名や製品番号あるいは製品名みたいな記載はありませんでした。おそらく、これ、中国のどこかで作られ、それが製品名や会社名が無い状態で、商社みたいな所に卸されているもの、すなわち、OEMの一種ではないかと思います。

さて、これ何で入手したかと言うと、「スマートウォッチ」と言う言葉に惹かれたからです。ただし、スマートウォッチはスマホと連携と言うか、スマホに送られてきたメール等に関して、会議中等でスマホの到着音を出せない場所にいる場合、「来た」と言うことを知らせるためのもの、それに加えて、歩いているあるいは走っている時の歩数を調べたり、心拍数や血圧、血液中の酸素飽和度等を測定できるものと言う認識でした。メール等の通知に関しては私には不要ですが、大昔、万歩計を使ってiいて、1日で何歩歩いたか調べていましたが、それが2年間程の使用で壊れてしまった後、計ったことがなかったので、それを調べる気になったからです。ただし、最初期のスマートウォッチであるアップルウオッチは電気食いで、内蔵電池が1日しか保たなかったと言うことは知っていたので、最低でも1週間は充電する必要が無いものが欲しかったです。

と言う訳で、日本amazonで、女性用の腕時計みたいな形ではなく、普通の男性用腕時計の形で、安い物、加えて、電池の保ちの良いものと言う条件で探して上記を見つけたと言う訳です。これならば、使い物にならなくても、我慢できる範囲ですし。そして、2020.11. 7(土)に発注し、11/9(月)に到着したと言う訳です。

まずは、外箱と、

201121ZO.jpg

中身です。

201121ZP.jpg

すなわち、8.5×9.3×4.7cmの小さな箱に、本体のほか、充電のための器具、簡素な日本語・米語の説明書と、中国語・米語の説明書が入っているだけでした。また、日本語はインターネット上の翻訳サイトで日本語表示にしたような感じの一部、変な日本語になっていました。加えて、中身も大したことは書かれていません。

とりあえず、充電することとし、充電専用器具をいつも使っているAC-USBアダプター(これは、このスマートウォッチにはついていませんでした)に接続し、そして、スマートウィッチの後面にある接点と、充電専用器具の接点を接触させるように挟み込みます。

201121ZQ.jpg

201121ZR.jpg

201121ZS.jpg

そして、2時間程度で充電が終了しました。その間に、スマホ「Blackview:A80Pro」で説明書にあったQRコードを読み込んで、汎用のスマートウォッチ用アプリらしい「Da Fit」をインストールします。

Da Fitを起動し、指示に従って、BruetoothをONにすると、スマートウォッチとの通信が自動的行われるようになり、まずは、画面下の3つのアイコンの内の最も右側をクリックすると、プロフィール画面となるので、「プロフィール設定」をクリックして、性別、誕生年、新潮、体重、歩幅を入力します。なお、誕生年ですが、このアプリ、完全な日本語化は行っていないため、例えば、「31 8月, 1990」となります。次に「目標設定」を入力します。これは1日に何歩歩くかの設定で、私の場合は、とりあえず、「10000」歩としました。この10000万歩を達成すると、スマートウォッチがバイブレーションします。

プロフィールの設定はこれで終わりで、最初の画面に戻り、今度は画面下の中央のアイコンをクリックします、まず、「メイン画面」をクリックすると、スマートウィッチで最初に表示される画面を選ぶ設定になります。ものすごい数の画面が表示されましたが、私はシンプルなアナログ時計を選択しました。

201121ZT.jpg

次の電話やメール等が来た時の「通知」、「目覚まし時計」、スマホのカメラをスハホのシャッターボタンではなく、少し離れた所からシャッターボタンを押すようにできる機能「遠隔撮影」、スマホの機能を使って天気情報を表示する「天気情報」等の設定がありますが、私は興味が無いので、全て、使用せずの状態です。ただし、腕にスマートウォッチをはめた状態で、時刻を見るために腕を少し回転させると画面が表示される「腕振り起動」は「ON」にしました。

これで設定はほぼ終了です。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする