2020年11月19日

本”小宮信夫著 見てわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか”

小宮信夫著”見てわかる犯罪地図 なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか”(発行日:2015. 6.15、発行所:(株)青春出版社)を読みました。これは青春新書INTELLIGENCEの1冊です。

さて、感想ですが、読んでいて腹がたってきました。と言うのは、著者は「破れ窓理論」の信奉者で、どうやら、「犯罪はやりやすい場所で起こるので、その場所を無くせば、犯罪は起こらない」と考えているようです。しかしながら、確かに、犯罪を起こりにくい場所にすれば、衝動的に犯罪を起こす人は減るかもしれませんが、職業として行っている人は、それ以外の場所に行って犯罪を行うと思います。すなわち、著者が言うようなことを行っても、犯罪件数は減らないと言うことになります。やはり、犯罪を減らすには、みんなが精神的にも物理的にも裕福にならないと無理なのではと思います。

それにしても、著者は日本で犯罪が増えるのを喜んでいるように見えるのには腹がたちました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:11| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする