2020年10月15日

本「笹川左保著 軍師 竹中半兵衛(上)」

笹川左保著「軍師 竹中半兵衛(上)」(発行日:2013. 8.25、発行所:(株)角川書店)を読みました。これは角川文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。勿論、私はこれを太閤記の一種として読んだのですが、今まで読んだものと、かなり、異なっている部分があります。すなわち、半兵衛が信長の妹のお市に恋していることです。また、太閤記だと秀吉の手柄だったことが半兵衛の手柄になっています。また、肺結核だったこともあり、かなり暗いイメージと言うか、人格的にどうかと言う所もあるのが気になりますが、全体的には読んで良かったです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:58| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月14日(水)の「東京国立博物館」の「桃山 天下人の100年」展

前述のごとく、2020.10.14(水)は上野駅近くの「東京国立博物館」にて「桃山 天下人の100年」展を観てきました。前回、ここに行ったのは1/7(火)でしたので、実に10ヶ月ぶりです。勿論、これは武漢肺炎ウィルスの流行のために3ヶ月間程、休館になっていたためと、ここ数年間、入っていた年間パスポート「プレミアムパス」の有効期限が1/4(土)で切れてしまったためですが、その後に開かれる特別展で行きたいものが無かったことより、その後にプレミアムパスを入手していなかったことがあります。

と言うことで、ようやく、観たくなった特別展「桃山 天下人の100年」が始まったため、10/13(火)にプレミアムパスを入手したと言う訳です。しかしながら、東京国立博物館は開館しているとは言え、今までとは異なり、入館するためには、インターネット上で「日時指定券」を入手する必要があることから、家に戻ってからすぐにインターネット上の同博物館のページにアクセスして、入手しました。日時指定券は開館時刻の9:30から30分毎に一定人数(150名位?)発行するようになっており、9:30と10:00の回が残り68名、これ以外は126名と表示されていたので、9:30の回を選択しました。そして、メールアドレス、氏名、住所、電話番号、年齢等を入力して、Enterキーを押して終わりです。すぐに、メールが来るので、それを開け、そこに書かれているURLにアクセスすると、QRコードがある日時指定券が表示されました。これを印刷しても良いのですが、そのメールをスマートフォンに転送して、表示する形にしました。

翌日、家から歩いて、同博物館前に9:28頃着いたのですが、門前に並んでいる人はいなかったので、門から入ろうとすると、係員が「向こうに並んで下さい」と言うので、入場券売場と売店との間に行くと、何と、70名近くの人が並んでいました! 列の最後に並ぶと、入場が始まりました。そして、スマホの画面とプレミアムパスで入手した特別展観覧券を係員に見せ、係員が手の所に体温を測り(35.6℃とのことでした)、前庭を進んで、特別展の会場である平成館に向かいます。中に入って、また、係員に観覧券とスマホの画面を見せると、係員がQRコードを機械で読み取り、エスカレーターを使って2階に上がり、左折して特別展会場に入りました。

さて、感想ですが、素晴らしい展覧会です! ともかく、展示してあるものが今できたばかりではないかと思うほど、保存状態の良いものばかりで、また、名品ばかりと言う感じです。加えて、大きな屏風が沢山、あるのが良いです。あ、展示されているのは、屏風のほか、陶磁器、刀、鎧等ですが、陶磁器や刀、鎧は私の興味の範囲外なので、メインに観たのは屏風です。また、観客が少ないので、ゆっくりと観られることも良いです。

この中で、特に素晴らしいと思ったのは、洛中洛外図屏風(上杉家本)、豊公吉野花見図屏風、岩佐又兵衛筆:豊国祭礼図屏風、園城寺・日吉山王社図屏風、関ヶ原合戦図屏風 の5点でした。このほか、阿国歌舞伎図屏風、狩野永徳筆:織田信長像、伝狩野光信筆:豊臣秀吉像画稿、土佐光吉筆:源氏物語手鑑・空蝉が興味深いものでした。このほか、南蛮画の聖フランシスコ・ザビエル像(絵)、日本図・世界図屏風、南蛮人渡来図屏風、泰西王侯騎馬図屏風もなるほど、当時の船はこんな形だったのか、ううん、よくぞ、このような西洋風の絵を描いたものだと感心しました。

と言うことで、この展覧会、価格は高い上(何と2,400円!)、その入場券には日時・時刻が記載されると言う二重苦のものですが、その内容は素晴らしいですので、行かれることをお薦めします。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp

posted by matsumo at 16:30| 東京 ☁| Comment(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 9月28日(月)の「国営昭和記念公園」(7)

posted by matsumo at 15:59| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする