2020年10月08日

本「喜多喜久著 科警研のホームズ」

喜多喜久著「科警研のホームズ」(発行日:2018.11.20、発行所:(株)宝島社)を読みました。これは宝島社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、まあまあと言ったところと言うか、まあまあ以下のところでしょうか。これ、短編集で「残光のメッセージ」、「楽園へのナビゲーター」、「惜別のロマンチシズム」、「伝播するエクスタシー」の4編が収録されています。いずれも、科捜研ならぬ科警研の分室にいる3名が、「科警研のホームズ」との綽名がある科警研の元研究室長で、現在は大学教授のイヤイヤながらの助言を得て、難事件を解決していくと言うものです。しかしながら、表題とは異なり、科警研のホームズの出番は非常に少なく、主人公は3名の方と言う訳で、「看板に偽り有り」と言う感じで物足りないです。加えて、事件の解決に色々な科学的手法が出てくるのですが、こちらも浅い感じですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:46| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の入手品

最近の入手品です。

201008ZL.jpg

すなわち、タワーレコードの通信販売にて、送料・税込み1,181円で入手した7枚組CDと、神田神保町の中古レコード店「富士レコード社」にて、税込み2,500円で入手した3枚組CDです。

前者、あまり興味がわかなかったのですが、それでもあまりに安いので、つい、入手してしまいました(苦笑)。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:44| 東京 ☔| Comment(0) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 9月28日(月)の「国営昭和記念公園」(4)

posted by matsumo at 15:34| 東京 ☔| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする