2020年10月07日

本「喜多喜久著 リケジョ探偵の謎解きラボ 彼女の推理と決断」

喜多喜久著「リケジョ探偵の謎解きラボ 彼女の推理と決断」(発行日:2019. 4.18、発行所:(株)宝島社)を読みました。これは宝島社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。これ、喜多喜久著「リケジョ探偵の謎解きラボ」の続きで、「契約と選択」、「死の階段」、「失踪の巣つる地」、「生命の未来予想図」の4編が収められた短編集です。

これも、勿論、生命保険の違法請求の調査の話で、蜂が寄ってくるフォルモンを塗布することによる殺人、夫の高血圧薬をビタミン剤等にすり替えることによる殺人、妻に崖から突き落とされたが、生きていて、失踪してしまう話等が書かれていましたが、ちょっと面白かったのは、抗がん薬の臨床試験に適した患者を選ぶために、患者の癌が大きくなるのを待っている医者の話です。勿論、その際、患者には癌で無いことを告げる訳で。ううん、こんなことをされたら、患者はどうしようもないですね。と言っても、今の臨床試験は院長先生しかいないような医院では実質的にできないので、この話自体、無理がありすぎですが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:06| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「モーツアルト:バイオリンとビオラのための協奏交響曲変ホ長調」(バリリ)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしましたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは10/14(水)に削除予定です。

<モーツアルト:バイオリンとビオラのための協奏交響曲変ホ長調>
ワルター・バリリ(vn),パウル・ドクトール(va),フェリックス・プロハスカ指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団
1951年録音
LPレコード 日本コロンビア  OC-8015-AW

Mozart_Vn_Vc_Sinfonia_Concertanto_Barylli_Doktor_Prohaska_1951A.flac(121MB)
https://21.gigafile.nu/1030-e5dc79fa022f3b82005c3ace3163d24a7

Mozart_Vn_Vc_Sinfonia_Concertanto_Barylli_Doktor_Prohaska_1951A_effect.flac(146MB)
https://21.gigafile.nu/1030-m88a76f397db1695f14c4414d742cadeb
2020.10.14(水)削除予定
posted by matsumo at 17:05| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする