2020年09月12日

本「佐藤大輔著 信長新記 (1)本能寺炎上」

佐藤大輔著「信長新記 (1)本能寺炎上」(発行日:2004.5.15、発行所:(株)徳間書店)を読みました。と言うか、半分過ぎたところまで読みました。これは徳間文庫の1冊です。

私は所謂、太閤記が好きで、色々と読んでいますが、この本もそれの一種だと思って読み始めたら、最初から変なのです。と言うのは、大和民国、中華連合共和国、大韓帝国 なんて言う聞いたことも無い国の名前が出てきて、こりゃあ、何だ、作者は日本人のふりをしているが、日本人ではなくて、〇〇人なのかと思って読んでいたら、今度は、本能寺で信長も信忠も死ななかった、そして、その後、影の人物として活動すると言う話になって、余計に何だ、こりゃあと言う気分が強くなり、我慢できなくなって、半分強、すなわち、全397ページ中の206ページで止めたと言う訳です。

と言う訳で、ガッカリな1冊でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp


posted by matsumo at 19:33| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月28日(日)の「六義園」(3)

posted by matsumo at 19:07| 東京 ☔| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 9月11日(金)の「六義園」の赤外線写真

posted by matsumo at 18:52| 東京 ☔| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする