2020年08月23日

本「山村美紗著 扇形のアリバイ 女検視官・江夏冬子」

山村美紗著「扇形のアリバイ 女検視官・江夏冬子」(発行日:1997.12.31、発行所:(株)講談社)を再読しました。これ、以前、「山村美紗・長編推理選集」第七巻で読んだのですが、今回はTOKUMA NOVELSの1冊で読みました。

さて、感想ですが、まあまあでした。と言うのは、あまりに殺人がおこりすぎで

面白かったです。ただし、殺人が次々と起こり、そのたびに登場人物が増えてくるので、それを覚えるのが大変で、私のように名前を覚えるのが苦手の者にとっては、読んでいて、あれ、誰だっけと言うことになってしまいます。その上、話がミスリードされているので、余計にそう言う感じがあります。なお、ちょっと驚いたのは、京都府警の橋口部長刑事が出てくるのですが、いつも必ず出てくる狩矢警部が出てこないことです。私は狩矢警部のファンですので。それにしても、この小説、前半はブシの毒での殺人が何回か出てくるのですが、ううん、この毒、そんなに入手しやすいとは思えないのですが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 14:14| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 8月12日(水)の「旧古河庭園」

posted by matsumo at 10:30| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 8月10日(月)の「国営昭和記念公園」(5)

posted by matsumo at 10:28| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする