2020年08月16日

本「山村美紗著 宮崎旅行の殺人 女検視官・江夏冬子」

山村美紗著「宮崎旅行の殺人 女検視官・江夏冬子」(発行日:1996. 9.30、発行所:徳間書店)を読みました。これはTOKUMA NOVELSの1冊です。

さて、感想ですが、期待した程、面白くは無かったです。この江夏冬子シリーズ、既に何冊か読み、結構、面白い話が多いのですが、これは全くの期待外れでした。これ、京都伏見稲荷で、晴れ着姿の若い女性の死体が発見され、それが同僚刑事の妹であることが判明。彼女は婚約中で、婚約者も行方が分からない。手がかりは旅先で撮った写真のみで、そこから捜査が進むのですが、その写真に写っている1人は半年前にひき逃げに遭い、死亡。更に、婚約者も死体で見つかると言うものですが、最後に犯人がベラベラとしゃべるので、いい加減にしてくれと言いたくなりました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:29| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 8月15日(土)の「日光」(2)

posted by matsumo at 15:29| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 8月15日(土)の「日光」(1)

posted by matsumo at 15:26| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする