2020年07月31日

2013年 3月17日(日)の「水戸偕楽園」の大きな写真[1]

前述のごとく、2013. 3.17(日)は常磐線・偕楽園臨時駅近くの「水戸偕楽園」に撮影に行ってきました。そこで撮った写真17枚です。

200731ZL.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://drive.google.com/drive/folders/1xw0m4iia1M_pDHDfhn_mKMGZJv69JMxr?usp=sharing

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:06| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームページ、7/31(金)付にて追加・改訂しました

本日(7/31)付にて、私のホームページを追加・改訂しました。

200731ZK.jpg

今回の追加・改訂箇所に関しては、以下のページをご覧下さい。

http://matsumo.my.coocan.jp/whatnew04.htm
posted by matsumo at 15:30| 東京 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年 1月22日(火)の「旧古河庭園」

posted by matsumo at 15:06| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家の屋上の防水工事

posted by matsumo at 15:04| 東京 ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

2013年 3月16日(土)の「新宿御苑」の大きな写真[2]

前述のごとく、2013. 3.16(土)は新宿駅近くの「新宿御苑」に撮影に行ってきました。そこで撮った写真19枚です。

200730ZC.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://drive.google.com/drive/folders/10f3JJKbm5MOetnrhacETa8gMXrGoOafX?usp=sharing

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:56| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 6月24日(水)の「旧古河庭園」(2)

posted by matsumo at 15:53| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 6月24日(水)の「旧古河庭園」(1)

posted by matsumo at 15:51| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

2013年 3月16日(土)の「新宿御苑」の大きな写真[1]

前述のごとく、2013. 3.16(土)は新宿駅近くの「新宿御苑」に撮影に行ってきました。そこで撮った写真19枚です。

200729W.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://drive.google.com/drive/folders/1VWsjaCOJDQaVvAwiKDJuEPlvXF3WYdmQ?usp=sharing

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:25| 東京 🌁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「シューベルト:弦楽四重奏曲第15番」(コンツェルトハウスSQ)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしましたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは8/5(水)に削除予定です。

<シューベルト:弦楽四重奏曲第15番>
ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
1950年録音
LPレコード 東芝音楽工業 IMC-47008

Schubert_StringQuartet_No15_KonzerthausSQ_1950A.flac(94.1MB)
https://9.gigafile.nu/0829-cfb498d510821afe4e4608f9eea5add84

Schubert_StringQuartet_No15_KonzerthausSQ_1950B.flac(72.6MB)
https://9.gigafile.nu/0829-be275cbc3726c2e328251a0889ead9f08
2020. 8. 5(水)削除予定
posted by matsumo at 16:21| 東京 🌁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

2013年 3月14日(木)の「青梅市 梅の公園」及びその近所の大きな写真

前述のごとく、2013. 3.14(木)は、青梅線「日向和田駅」より「青梅市 梅の公園」の梅の花の撮影に行ってきました。梅の公園、及び、駅と公園の往復の際に撮った撮った写真18枚です。

200728ZA.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://drive.google.com/drive/folders/1fYSB7wcyd8nD2Dga2qGp0zrWhzjueHIL?usp=sharing

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:59| 東京 ☁| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP”メンデルスゾーン:劇音楽「真夏の夜の夢」抜粋”(モントゥー指揮)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしましたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは8/4(火)に削除予定です。

<メンデルスゾーン:劇音楽「真夏の夜の夢」抜粋>
序曲・スケルツオ・夜想曲・結婚行進曲
Mendelssohn_A_MidsummerNight'sDream_Highlight_Monteux_Vienna_po_1957B.flac(125MB)
https://9.gigafile.nu/0829-j85081e746d0c5c1f79e4a7c37892bf2a

ピエール・モントゥー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
1957年録音
LPレコード キングレコード GT9031
2020. 8. 4(火)削除予定
posted by matsumo at 16:57| 東京 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日(月)の「旧古河庭園」(2)

posted by matsumo at 16:55| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日(月)の「旧古河庭園」(1)

posted by matsumo at 16:53| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

2013年 3月11日(月)の「小田原城」の大きな写真

前述のごとく、2013. 3.11(月)は、青春18きっぷを使用して、東京駅より普通列車に乗って東海道本線「湯河原駅」に行き、バスにて「湯河原梅林」に行った後、東海道本線にて湯河原駅より「小田原駅」まで行き、そこより歩いて「小田原城」に行ってきました。小田原城で撮った写真4枚です。

200727Z.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://drive.google.com/drive/folders/1DKRx47tmlnL6jQHzfe9fwbdVrcEJW1Mh?usp=sharing

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:22| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 7月26日(日)の20時過ぎに家の近所に消防自動車が

2020. 7.26(日)、20時過ぎだったと思いますが、雨の中、サイレンを鳴らした沢山の消防車が集まりました。もしかして、火事かと思ったのですが、家の窓から見た限りではその気配はありません。しかしながら、まだ、雨が降っているので、出かけて確認する気にはならなかったので、その代わりに、携帯情報機器「VERTEX STANDARD:VR-120」を取り出して、

200727Y.jpg

「消防/救急無線」の内の「第五消防方面署活系共通波」を聴いてみると、「豊島署」の周波数で報告してみたいのが聞こえましたが、この署活系共通波は消火に来ている消防車同士での会話のために使われているのか、近くでしか電波が届かないようで、しゃべっている内容はよくわかりませんでした。

その後、伝え聞いたところによると、火災報知器の誤報だそうで、結局、火事はなかったと言うことだったので、良かったです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:31| 東京 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 7月26日(日)の「六義園」

posted by matsumo at 16:56| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

2013年 3月 9日(土)の「不忍池」の大きな写真

前述のごとく、2013. 3. 9(土)は、家より歩いて、上野駅近くの「不忍池」に行き、寒緋桜、河津桜、梅の撮影してきました。そこで撮った写真6枚です。

200726S.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://drive.google.com/drive/folders/1WGs1mCwqoGjWMXUcvpvrkUm1gvFcEE8_?usp=sharing

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:11| 東京 ☔| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

本「森桂子著 オペレッタの幕開け オッフェンバックと日本近代」

森桂子著「オペレッタの幕開け オッフェンバックと日本近代」(発行日:2017. 3. 3、発行所:(株)青弓社)を読みました。

さて、感想ですが、面白かったです。これ、オペレッタ作曲家のオッフェンバックの生涯や作品についてのほか、オペレッタ全般や日本でのオペレッタの上演状況について書かれているものです。

それにしても、オッフェンバックがフランスの作曲家だと言うことは知っていましたが、まさか、劇場経営までやっていたとは初めて知りました。また、当時は検閲がすごい上、劇場毎に、上演できる歌劇やオペレッタ、レビュー、また、舞台に上がる人数等まで決められていたこと、初めて知りました。

オッフェンバックと言えば、私にとっては「天国と地獄」の中の「カンカン踊り」ですが、そのカンカン踊りも当初と現在では大きく異なるのだそうです。勿論、現在の方がよりショー的になっているのだと思いますが。

また、氏は最後にオペレッタではなく、歌劇を作曲するのですが、途中で亡くなってしまったため、別人が補筆して完成させたのだそうですが、その際、劇場支配人により台本まで手を入れられたため、当初とは大きく異なった形で上演されていたのだそうで、それが、1980年位から、新しい資料が見つかるごとに、当初のものに変わってきているのだそうです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 13:57| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年 3月 6日(水)の「谷田川通り」の大きな写真

前述のごとく、2013. 3. 6(水)は、駒込駅より上野動物園まで通じている「谷田川通り」を南下して、その途中の「臨江寺」(東京都台東区谷中1-4-13)及び「本壽寺」(東京都台東区谷中1-4-9)等を撮影してきました。そこで撮った写真10枚です。

200725M.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://drive.google.com/drive/folders/1TdNE0zLTKtgiBB_g1ARYV9bf_TKH4L0V?usp=sharing

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 13:38| 東京 ☔| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年 9月15日(日)の「小石川後楽園」(続)

posted by matsumo at 13:00| 東京 ☔| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

本「小島一志著 添野義二 極真鎮魂歌 大山倍達外伝」

小島一志著「添野義二 極真鎮魂歌 大山倍達外伝」(発行日:2018. 2.25、発行所:(株)新潮社)を読みました。

さて、感想ですが、面白かったです。表題の「添野義二」氏は漫画「空手バカ一代」(原作:梶原一騎、漫画化:影丸譲也)で、ケンカ十段の「芦原英幸」と共に準主役となっていた極真空手の高弟で、いずれも、あまりに能力があったため、大山氏より破門されています。

私は梶原一騎氏がプロデュースした映画のVHD「地上最強のカラテ -総集編-」・「キョクシン」の2本を観て、加えて、漫画「空手バカ一代」をみて、手加減をしない、すなわち、寸止め空手ではない極真空手のファンになったのですが、実は、映画を観てて、違和感を覚えていました。すなわち、それは、漫画では高潔な人間のように見えた大山氏が、映画ではまるで、暴力団の親分みたく見えたこと、そして、おそらく、当時、最も強かったと思われるウィリー・ウィリアムスが、極真空手が主催した世界大会で反則負けになったことから、何か、おかしいと思っていましたが、この本を読んで、その理由がよくわかりました。

すなわち、大山氏は朝鮮生まれで、45歳になって日本国籍をとったにも関わらず、漫画でも映画でもそれが全く描かれていなかったこと、ものすごく、お金に執着していたこと、言っていることに一貫性がなかったこと、添野氏に指示して、敵と考えられる人達を襲わせようとしたり、殺そうとしたこと、世界大会において、ウィリーが優勝しないように画策したこと等、ともかく、映画や漫画で描かれていた人とは全く異なる人物であったようです。すなわち、漫画も映画もノンフィクションではなく、フィクションであったと言う訳ですね。これでは、芦原氏や添野氏が離反するのもよくわかると思いました。

matsumo(http://matsumo.seesaa.net
posted by matsumo at 18:52| 東京 ☁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年 3月11日(月)の「湯河原梅林」の大きな写真

前述のごとく、2013. 3.11(月)は、東海道本線「湯河原駅」よりバスで15分位の所にある「湯河原梅林」に行ってきました。そこで撮った写真17枚です。

200724ZH.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://drive.google.com/drive/folders/1-Z5OMtVSQt3l3SKr8RA_YVbtamnKuU0r?usp=sharing

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:08| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日(木)の「東京国立博物館」

posted by matsumo at 17:10| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

本「花村萬月著 續 信長私記」

花村萬月著「續 信長私記」(発行日:2017.11.15、発行所:(株)講談社)を読みました。これは講談社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、つまらなかったです。これ、所謂、太閤記の一種で、と言っても、信長が桶狭間で勝ち、本能寺で死ぬ直前まで、描かれているものですが、小説の単なるあらすじを書いているような感じの本です。ですから、読んでいても、ワクワク感が全く感じられないと言う代物でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:40| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする