2020年01月31日

「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(127)

インターネット上にあった「盤 奇録」氏による「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第127弾です。

チャールズ・ドレーパー(cl)(1ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1nAN9M8DpnLAl5_QHAxuKE0oVJiqODgWv?usp=sharing
posted by matsumo at 17:48| 東京 🌀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月 7日(金)の「名主の滝公園」の大きな写真

前述のごとく、2012.12. 7(金)は王子駅と東十条駅の間にある「名主の滝公園」に紅葉の撮影に行ってきました。そこで撮った写真3枚です。

200131ZC.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=f39641d8-9c93-429b-b504-a13b7f8e10ec

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:07| 東京 🌀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年 2月12日(月)の「南谷寺」

posted by matsumo at 16:34| 東京 🌀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

2017年 1月10日(火)の「虎ノ門・金刀比羅宮」の「初こんぴら祭」の映像(3)

2017. 1.10(火)は地下鉄「虎ノ門駅」近くの「虎ノ門・金刀比羅宮」で「初こんぴら祭」が開かれるので、撮影に行ってきました。

インターネット上の同宮の情報だと、境内にある神楽殿では「里神楽:10:30、13:00」とのことだったので、それに間に合うように、地下鉄に乗り、10:20頃に同宮に着くように行ったのですが、着く直前に太鼓をたたく音が聞こえたので、急いで、境内に入って、神楽殿の前に行くと、何と、既に、里神楽「三番叟」が始まっていました。すなわち、何と定刻の10分前に始まったと言う訳です。おそらく、11時からの七福神行列の人達もこの里神楽を行っている人達と同じで、その準備もあって早めに始めたのではないかと思いますが、ううん、それならば、「里神楽:10:20、13:00」と書くべきだと思いますが。早速、デジカメ「キヤノン:PowerShot SX20IS」を出して、映像の撮影を開始し、最後まで撮影しました。

と言うことで、里神楽「三番叟」全部を撮影できなかったので、その前に、神職達が拝殿に入る時の行列の映像を加えました。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:16| 東京 ☀| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・LD”レオンカヴァルロ:歌劇「道化師」”(モレルリ指揮)

アナログ式テープ録音以前の録音をCDやLDで販売したものの中では、雑音除去ソフト等の過度の使用で高音部や生気が無くなったものや音が鈍かったり痩せてしまったもの、あるいは、グラフィックイコライザーの使用等により元の音のバランスとは異なるのではと思われるものも結構、見受けられるのですが、真空管の歪みとして二次高調波が発生することを利用して、”LDプレーヤー「パイオニア:DVL909」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイル(24bit・48KHz)を作成し、パソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げて、高音部と生気を出すことを試みました。

その第117弾です。

<レオンカヴァルロ:歌劇「道化師」>
ジュゼッペ・モレルリ指揮NHK交響楽団
1961録音
LD キングレコード 873L10

<第1幕>
Leoncavallo_Pagliacci_Act1_Morelli_NHKso_1961A_TUBE01J+GEQ.flac(253MB)
https://38.gigafile.nu/0312-oa9b1e0ee6f8ab70653af6a5ae2b2e24a

<第2幕>
Leoncavallo_Pagliacci_Act2_Morelli_NHKso_1961A_TUBE01J+GEQ.flac(150MB)
https://38.gigafile.nu/0312-i2f42d6925eb15db2ec315cfbb3b1bbe7

<出演者・曲目>
出演者.jpg
https://5.gigafile.nu/0206-cc216ae02e7eaa15a9200a82e7339a427

曲目.jpg
https://5.gigafile.nu/0206-d1f1c67bcb0215de371b9e8c6b9e1d0d0

2020. 2. 6(木)削除予定
posted by matsumo at 17:35| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

2012年10月 1日(月)の「清澄庭園」の大きな写真

前述のごとく、2012.10. 1(月)は地下鉄「清澄白河駅」近くの「清澄庭園」に撮影に行きました。そこで撮った写真2枚です。

200129ZE.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=f1b244ed-69cc-4f32-b2e3-767c5ba42c52

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:43| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「ワーグナー:管弦楽曲集(1)」(ワルター指揮)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしましたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、これらのファイルは2/5(水)に削除予定です。

<ワーグナー:歌劇「ローエングリ−ン」第3幕前奏曲>
ブルーノ・ワルター指揮ニューヨークフィルハーモニック
1944年録音
LPレコード 日本ブルーノ・ワルター協会 BWS1027

Wagner_Lohengreen_Act3_Prelude_Walter_NewYork_po_1944A.flac(12.9MB)
https://32.gigafile.nu/0215-cb5b043b54445c3f7a403ea5ac02c22b0

<ワーグナー:ジークフリート牧歌>
ブルーノ・ワルター指揮ボストン交響楽団
1947年録音
LPレコード 日本ブルーノ・ワルター協会 BWS1027

Wagner_Siegfried-Idyll_Walter_Boston_so_1947A.flac(60.2MB)
https://29.gigafile.nu/0215-cf4adef3345e46574ad7edb66f22e1884

2020. 2. 5(水)削除予定
posted by matsumo at 16:59| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日(月)の「飛鳥山公園」

posted by matsumo at 16:49| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 1月29日(水)の「六義園」

posted by matsumo at 16:47| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

25cmLP”ベルディ:歌劇「椿姫」ハイライト”(ブリッツィオ指揮)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしましたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは2/4(火)に削除予定です。

<ベルディ:歌劇「椿姫」ハイライト>
Edoardo Brizio指揮Orchestra et choeus de l'Opera de Naples
Romana Righetti(S)、Veriano Lucchetti(T)、Attilio D'Orazi(Br)
1966年録音
25cmLP HACHETTE-FABBRI G.M.020-087/088 D.P.

<第1幕>
Verdi_Tarviatta_Hilight_Act1_Brizio_NaplesOperaTheaterO_1966A_B.flac(154MB)
https://17.gigafile.nu/0215-i863ba10c33d311c678ceb2a1d400eba1

<第2幕>
Verdi_Tarviatta_Hilight_Act2_Brizio_NaplesOperaTheaterO_1966C_D.flac(139MB)
https://5.gigafile.nu/0215-k6d49903179f342b020a5dd07b86312cc

2020. 2. 4(火)削除予定
posted by matsumo at 13:09| 東京 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 1月27日(月)の「滝野川会館プチコンサート」

2020. 1.27(月)、上中里駅近くの上中里駅近くの「滝野川会館・1階大ホール」にて「滝野川会館プチコンサート」を聴いてきました。

200128Z.jpg

聴衆の入りは合わせて160名程度と、いつもよりは多めの感じで、演奏された曲は以下です。

(1)クライスラー:愛のよろこび
(2)日本民謡:八木節
(3)ビバルディ:「四季」より「冬」第2楽章
(4)アンダーソン:シンコペイテッド・クロック
(5)アンダーソン:プリンク・クレンク・プランク
(6)アンダーソン:そり滑り
(7)チャイコフスキー:ノットゥルノ
(8)カザルス:鳥の歌
(9)モーツアルト:歌劇「フィガロの結婚」より「恋とはどんなものかしら」
(10)モーツアルト:喜遊曲第3番
小川浩史(vn)、太田麻紀子(vn)、小泉眞理子(va)、茂木新緑(vc)

さて、感想ですが、なぜか、全体的にあまり冴えない感じで、特に、第1バイオリンの小川氏は包丁で指を怪我したとのことで、音が微妙に合ってない箇所が幾つかありました。

しかしながら、それでも、よかったものもあり、特に(8)は素晴らしく、チェロの茂木氏は大したものだと思いました。

と言うことで、本日の収穫は(8)を聴けたことでした。これで、3日間、コンサートに続けて行ったことになりました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 13:00| 東京 ☔| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 1月 6日(月)の「豊島区立目白庭園」

posted by matsumo at 12:46| 東京 ☔| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

2017年 1月10日(火)の「虎ノ門・金刀比羅宮」の「初こんぴら祭」の映像(2)

2017. 1.10(火)は地下鉄「虎ノ門駅」近くの「虎ノ門・金刀比羅宮」で「初こんぴら祭」が開かれるので、撮影に行ってきました。

「七福神行列」は拝殿前から神楽殿の前に行き、七福神の内、恵比寿と大黒天以外とおかめ達はそこから去ります。

そして、ひょっとこ達による「ニンバ総踊り」、それが終わると、「恵比寿」による踊りですが、魚を釣る仕草をし、一度、失敗した後、大きな鯛を釣り上げます。糸にかかった鯛を、見物人に向かって投げるような感じでまわします。見物人はその鯛に手で触ろうとします。すなわち、縁起物です。

今度は大黒天による踊りが始まり、途中、打出の小槌の中に入ったお菓子を見物人に向かって撒きます。そして、大黒天も去って、七福神行列が終わりとなります。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:38| 東京 ☁| Comment(2) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 1月26日(日)の「アンサンブル・テゾーロ 第1回室内楽演奏会」

2020. 1.26(日)、京成電鉄「青砥駅」近くの「かつしかシンフォニーヒルズ・アイリスホール」にて「アンサンブル・テゾーロ 第1回室内楽演奏会」を聴いてきました。

200127ZK.JPG

聴衆の入りは合わせて200名程度で、演奏された曲は以下です。

(1)シュスタコーヴィチ:2つのバイオリンとピアノのための5つの賞品
  柳芳紀(vn)、関場亮太(vn)、柳さくら(pf)
(2)シューマン:3つのロマンス
  権藤泉(vn)、柳さくら(pf)
(3)ドボルザーク:弦楽四重奏曲第12番
  堀歳李(vn)、渡辺寛幸(vn)、柳芳紀(va)、深谷剛(vc)
(4)ハルヴォルセン:ヘンデルの主題によりパッサカリア
  権藤泉(vn)、深谷剛(vc)
(5)シューマン:ピアノ五重奏曲
(6)中島みゆき:糸
  関場亮太(vn)、堀歳李(vn)、、柳芳紀(va)、深谷剛(vc)、柳さくら(pf)

このホール、初めて入りましたが、音はともかく、平土間の部分が大きすぎていて、一番、音が良さそうな場所に座ると、舞台が非常に見難いです。勿論、かなり後ろの席に座れば、その辺りは斜めに高くなっているので、見ることができるとは思いますが。ここに比べれば、東京文化会館の小ホールの方が遙かによくできていると思います。

さて、感想ですが、素晴らしい演奏会でした。こう言うのでしたら、毎日、聴きたいくらいです。

(1)は勿論、初めて聴いた曲で、全く期待していなかったのですが、ショスタコーヴィッチでもこのようなロマンチックな感じの旋律の曲を作ることができたのだと驚きました。

(2)は思った程はよくなかったです。原曲の通り、オーボエとピアノで演奏されていたら変わったとは思いますが、バイオリンとオーボエとでは音色が異なりすぎです。

(3)も期待していたのですが、期待した程ではありませんでした。と言っても、後半は中々のものでした。

(4)も初めて聴いた曲ですが、バッハ風の曲で、えっ、こんな良い曲があったのかと驚きました。これ、ヘンデルの曲を編曲したものらしいのですが、バッハの曲と言われれば、信じてしまったと思います。

(5)は「ルドルフ・ゼルキン、ブタペスト弦楽四重奏団」や「ルドルフ・ゼルキン、ブッシュ弦楽奏団」で聴いていたこともあり、つい、それと比較してしまうのですが、これらと比べると、かなり劣った感じでした。それでも、後半の2楽章は素晴らしかったです。

(6)は勿論、アンコール曲で、今までの曲調とは異なり、ウェットな感じで、やはり、日本のこの手の曲と随分、異なるなあと思いましたが、それでも、素晴らしい演奏でした。

と言うことで、本日は行って良かった演奏会で、次回も行きたいです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:07| 東京 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 1月13日(月)の「向島百花園」(2)

posted by matsumo at 17:56| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 1月13日(月)の「向島百花園」(1)

posted by matsumo at 17:52| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

最近の入手品

最近の入手品です。

200126ZN.jpg

すなわち、「新宿文化センター・大ホール」のコンサートを聴いた後、新宿駅近くの中古レコード店「ディスクユニオン」に寄って、税込み450円と100円で入手したCDです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:35| 東京 ☁| Comment(0) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 1月25日(土)の「新宿交響楽団 第58回定期演奏会」

2020. 1.25(土)、地下鉄「東新宿駅」近くの「新宿文化センター・大ホール」にて、「新宿交響楽団 第58回定期演奏会」を聴いてきました。

200126ZM.jpg

聴衆の入りは1階席は座席の95%程度、私が座っていた2階席は座席の6割程度と
盛況でした。さて、演奏された曲は以下です。

(1)シベリウス:交響詩「フィンランディア」
(2)R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
(3)ベートーベン:交響曲第5番
(4)J.S.バッハ:「管弦楽組曲第3番」より「エア」
小松拓人指揮新宿交響楽団

さて、感想ですが、(1)はまあまあでしたが、もっと、北欧っぽい感じのものが欲しかったです。(2)もまあまあでしたが、この曲、やはり、中年男の精力を感じさせるものが欲しかったです。

(3)は第1・第2楽章は低空飛行でしたが、第3楽章になり、ようやく目を覚ました感じとなり、第4楽章は素晴らしい演奏になりました。

(4)は勿論、アンコール曲で、今までの音の大きさから急に静かな曲となりましたが、こちらは、高貴で静かな感じで、素晴らしい演奏になりました。改めて、バッハの偉大さを感じました。

と言うことで、本日は(4)を聴けたことが収穫でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:32| 東京 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年 3月14日(木)の「高尾梅郷」(5)

posted by matsumo at 17:50| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

2020年 1月 3日(木)の「旧芝離宮恩賜庭園」の「旧芝離宮で祝うお正月 初春三番叟」の生録音

前述のごとく、2020. 1. 3(木)はまず、駒込駅近くの「六義園」で行われた「目黒流 貫井囃子保存会」の映像を撮影に行きましたが、その後は、浜松町駅近くの旧芝離宮恩賜庭園に行き、そこの弓道場で行われる正月イベント「旧芝離宮で祝うお正月 初春三番叟」を生録音してきました。

200125U.jpg

演奏されたのは以下です。

(1)囃子「翁千歳三番叟」(唄・鼓)
(2)長唄「雛鶴三番叟」(唄・鼓・三味線・横笛)
(3)長唄「越後獅子」(唄・鼓・三味線)
(4)詩吟「大田道灌」(唄)
(5)わらべ歌「ずいずいずっころばし」(唄・三味線・横笛・鈴)
(6)岡野貞一「ふるさと」(唄・胡弓・横笛・鈴)
(7)上真行「一月一日 年の始めのためしとて」(唄・胡弓・横笛)

全部の曲を録音しましたが、これらの演奏には著作隣接権があるので、どのような演奏であったかの確認と言うことで、(3)の1分弱を以下のURLにupしましたので、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://1drv.ms/u/s!AjXnHAhItsT1v1cIInSarf8B54dA?e=lnJgz6
posted by matsumo at 09:21| 東京 ☁| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日(木)の「国営昭和記念公園」の大きな写真(2)

前述のごとく、2012.12.27(木)は西立川駅近くの「国営昭和記念公園」に行き、気温が0℃以下の時に、植物「しもばしら」の枯れた茎の土付近にできる「シモバシラ」等を撮影してきました。そこで撮った写真13枚です。

200125T.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=e69a9a1a-092e-4693-8a10-3c4f5e0db962

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 08:46| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年 1月16日(木)の「旧古河庭園」

posted by matsumo at 08:40| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

2020年 1月24日(金)の映画「東京オリンピック」

2020. 1.24(金)、都電荒川線「荒川区役所前停留所」近くの「サンパール荒川・大ホール」で、映画「東京オリンピック」(総監督:市川崑)を観てきました。これ、私はてっきり、プロジェクターを使ったデジタル映像の上映会と思ったら、そうではなくて、映写機2台を使ったフィルムによるものでした。観客の入りは座席の7割程度と昼間に行われた上映会としては盛況でした。

それにしても、映画館やホールで映画を観るの、10年ぶり以上です。加えて、現在の映画館ではフィルムによる上映ではなく、デジタル映像データをプロジェクターで上映するものだそうですから、今回のフィルムにより上映は貴重なものでした。DVDやブレーレィ等のデジタル映像になれていると、フィルムでは、画像がキッチリしたものではなく、柔らかく、かつ、ブレみたいな感じがありますね。

さて、この映画、実は50年以上前の公開時に観たので、これで2回目ですが、当時、観た内容は結構、覚えていました。あ、私は東京オリンピック、15日間の中で唯一雨が降った日に、国立競技場で観たのですが、最も高い場所の席だったので、遠くで選手が何かやっているなあと言う感じだったことを覚えています。

さて、感想ですが、これ、ものすごい熱気を感じさせる映画ですね。雰囲気が独特な感じです。特に素晴らしかったのが、(1)冒頭の大きな鉄球がビルを壊す場面、(2)開会式での入場行進と聖火の場面、(3)女子バレー決勝戦の場面、(4)マラソンの場面、(5)閉会式の場面 で、(2)や(5)は演奏されている音楽の力もあるでしょうが、観ていて涙が出てきました。また、(3)は緊迫感がすごいですし、(4)は選手達がわざわざ、行っているのではないでしょうが、実質的にユーモラスな場面が面白かったです。

と言う訳で、わざわざ、荒川区のホールまで行った甲斐がありました。

それにしても、この映画に写されたオリンピック選手達は20歳代がほとんどだと思いますが、あれから55年程経ったわけで、すると、20歳でも75歳、ううん、おそらく、選手達の半分位はもう亡くなっているのでしょうね。また、観客達の平均年齢は30歳以上だと思いますが、こちらは大部分の人が亡くなってしまったのではと思います。こう言うことを考えると、映画って、その時代を映しているのですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:46| 東京 ☁| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(126)

インターネット上にあった「盤 奇録」氏による「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第126弾です。

モーリス・マレシャル(vc)(3ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1uwCnDS7Vl_pGQwaQtN-GoZCiK6MdKk6o?usp=sharing
posted by matsumo at 18:19| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする