2019年10月31日

「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「ブラームス:クラリネット三重奏曲 イ短調」(ウラッハ)

アナログ式テープ録音以前の録音をCDやLDで販売したものの中では、雑音除去ソフト等の過度の使用で高音部や生気が無くなったものや音が鈍かったり痩せてしまったもの、あるいは、グラフィックイコライザーの使用等により元の音のバランスとは異なるのではと思われるものも結構、見受けられるのですが、真空管の歪みとして二次高調波が発生することを利用して、”CDプレーヤー「SONY:CDP-XE700」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイル(24bit・48KHz)を作成し、パソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げて、高音部と生気を出すことを試みました。

その第102弾です。

<ブラームス:クラリネット三重奏曲 イ短調>
レオポルド・ウラッハ(cl)、フランツ・クヴァルダ(vc)、フランツ・ホレチェク(pf)

Brahms_ClarinetTrio_Wlach_Holetschek_Walda_1950_Tube01J+GEQ.flac(227MB)
https://23.gigafile.nu/1205-jfe5b838b8424fa4ff25e86b95bd975ff

1950録音
MCA Records 32XK-1

2019.11. 7(木)削除予定
posted by matsumo at 15:19| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 8月13日(日)の「富岡八幡宮」の「例大祭」の氏子各町内の「神輿連合渡御」の映像(1)

2017. 8.11(金)〜8/13(日)は地下鉄「門前仲町駅」近くの「富岡八幡宮」の例大祭で、8/13(日)は氏子各町内の「神輿連合渡御」が行われると言うことで、コンパクトデジカメ「キヤノン:PowerShot SX20IS」の動画機能を使用して映像の撮影に行ってきました。この例大祭、渡御が行われるのは、「富岡八幡宮(7:30〜9:00)→永代通り→沢海橋→大門通り→深川江戸資料館通り→亥之堀橋→深川江戸資料館→清洲橋通り→清洲橋→湊橋→永代橋→永代橋通り→富岡八幡宮(13:30〜15:30)」と言うルートで、時刻に幅があるのはこれに参加するのは55ヶ町の55基と言うものすごい数なので、1基目と55基目の時刻を書いています。

また、この祭りは、神輿や担ぎ手に向かって水をかけるのが特徴なのだそうです。水は本来はお浄めだと思いますが、真夏ですので、水を担ぎ手にかけて熱射病を防ぐと言うこともあるのだと思います。

と言うことで、いつもより早めに家を出て、7:45頃に木場駅に着きました。すぐに外の永代通りに出て西方向、すなわち、富岡八幡宮方向に進みます。道路には、消防ホースが何本も置かれており、ビニール製のプールみたいなものに水が溜められているのがいくつもあります。どうやら、この溜められた水をポリバケツ等でかけるようです。ううん、おそらく地域の消防団が消火栓から水を供給しているのだと思いますが、てっきり、家庭の水道から水を供給していると思っていた私には驚きでした。

結局、首都高速道路が永代通りを横切っているそばで、最初の神輿がくるのを待ちます。あ、ここは東に15m程、西に15m程進んだ所、すなわち、両側に水が溜められた大きな容器があり、神輿に水をかける用意ができていますが、とりあえあず、私のいる場所までは水がかからなそうなので、安全地帯です。やはり、カメラに水をかけられては堪りませんので。

7:50先頭の警察の自動車、先導車、そして、最初の町内が現れました。先頭は何と大きな旗を持っております。ううん、このような形を見るの、初めてです。次が半被半を来た沢山の女性達による「金棒引き」が続きますが、提灯を持っている人もいますので、「手古舞」も兼ねているのでしょうか。その後ろが町会役員、そして、神輿です。担ぎ手は結構な数がいます。また、ここの神輿の担ぎ棒は断面が四角いものではなく、丸い丸棒です。なお、富岡八幡宮を出るときは鳶職達による木遣りが謡われたようで、鳶職の人たちも結構な数でした。

あまり間隔が開かない状態で、次の町内が現れ、更に、次の町内が現れます。形態は先頭の町内と同様ですが、金棒引きがいない町内もいます。また、下町の祭りでよく見られる派手な衣装を着た手古舞は全く現れません。と言うことで、神輿をメインに撮影することとしますが、その神輿も、中神輿ではないかと思うような小さなもののあります。また、纏を振っている町内もありました。ともかく、この神輿連合渡御は地味な感じですが、ようやく、少しは華やかな感じになりました。

神輿3基でも神輿連合渡御を謳っている渡御も多いと言うのに、この神社の連合渡御は神輿が55基も参加するので、ともかく、時間がかかります。このため、同じような写真を撮るのに飽きてしまったので、少し、西方向に行きます。ここには町内会の神酒所があり、その前で大部分の神輿が止まって、90度曲がって、神酒所に向かって神輿を上に上げたり、上下に揉んだりします。勿論、この時に、水がかけられます。そして、9:45、ようやく55基目の神輿が通り過ぎ、ここでの撮影を終了としました。

と言うことで、首都高速道路が永代通りを横切っている場所からの映像です。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:15| 東京 ☀| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年 8月 8日(木)の「不忍池」

posted by matsumo at 15:11| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日(水)の「生田緑地ばら苑」(1)

posted by matsumo at 14:51| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

2017年 5月 7日(日)の「下谷神社」の「大祭」の「氏子町内の神輿渡御」の映像

前述のごとく、2017. 5. 5(金)〜5/7(日)は上野駅近くの「下谷神社」(東京都台東区東上野3-29-8)の大祭で、と言っても、今年は陰祭りなのですが、最終日の2017. 5. 7(日)は「本社神輿山車巡行」が9時から行われるとのことで、映像の撮影に行ってきました。その撮影後は、氏子町内の神輿渡御も撮影しようと思って、上野駅近くの両大師橋のそばに行くと、10時より両大師橋近くの氏子町内の大人の神輿の渡御が始まったので、コンパクトデジカメ「キヤノン:PowerShot SX20IS」の動画撮影機能を使用して、こちらも映像で撮影しました。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP”マーラー:歌曲集「亡き子をしのぶ歌」”(フォスター)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしましたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは11/6(水)に削除予定です。

<マーラー:歌曲集「亡き子をしのぶ歌」>
(いま太陽は輝きのぼる/なぜみんな暗いまなざしで/おまえに母さんがはいって/こどもたちはちょっと出かけているだけだ/こんな嵐に)
ノーマン・フォスター(BsBr)、ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮バンベルク交響楽団
1955年録音
LPレコード 日本コロンビア HR-1528-VX

Mahler_KinderTotenLieder_NormanFoster_JaschaHorenstein_Bamberg_so_1955A.flacc(85.0MB)
https://10.gigafile.nu/1205-j1347837f28616101d7442fca34a127d8
2019.11. 6(水)削除予定
posted by matsumo at 18:38| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

LP「ジョスカン・デ・プレ:八つの世俗曲」(ケープ指揮)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしましたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは11/5(火)に削除予定です。

<ジョスカン・デ・プレ:八つの世俗曲>
(大いなる苦しみ/ヨハネ・オケゲムの死を悼む挽歌/幸せはわがもの/サヴォアの羊飼い娘/
深い悲しみ/スカラメッラ/金がないのは何よりつらい/わが恋人よ、くちづけをたまえ)
サフォード・ケープ指揮プロ・ムジカ・アンティクゥ

JpsquinDesprez_8WeltlicheWerke_SaffordCape_ProMusicaAntiqua_1960B.flac(109MB)
https://www.dropbox.com/s/7pb1ysnbff5ui8q/JpsquinDesprez_8WeltlicheWerke_SaffordCape_ProMusicaAntiqua_1960B.flac?dl=0

1960年録音
LPレコード 日本グラモフォン 198171

2019.11. 5(火)削除予定
posted by matsumo at 11:08| 東京 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日(月)の「滝野川会館プチコンサート」

2019.10.28(月)、上中里駅近くの「滝野川会館・1F大ホール」にて、「滝野川会館プチコンサート」を聴いてきました。

191029ZD.jpg

聴衆の入りは150名程度といつもの通りで、演奏された曲は以下です。

(1)ショパン:即興曲第3番 変ト長調
(2)ショパン:幻想即興曲(遺作)第4番 嬰ハ短調
(3)ショパン:舟歌 嬰ヘ長調
(4)シューベルト:ピアノソナタ第20番
南部芙美(pf)

当日は、まず、地下鉄「光が丘駅」近くの「光が丘公園」と「四季の香公園」に行き、その後に地下鉄「西ヶ原駅」より同ホ−ルに行ったのですが、電車の待ち時間が予定外に長くて、結局、ホールに着いたのは(2)を演奏している途中でした。と言うことで、この曲をドア付近で立って聴いたのですが、いやあ、この場所は響きが豊かなのには驚きました。(2)の終了後、いつも座っている席付近に移動したのですが、ドア付近の方が遥かに音が良いです。

と言うことで、感想ですが、(2)は途中から聴いたのですが、やはり、素晴らしいです。逆に(3)は長すぎると思いました。

(4)は期待していた曲ですが、何と40分弱かかると言う長大な曲で、やはり、シューベルトのピアノソナタは私には合わないと思いました。歌曲や室内楽曲、あるいは、交響曲等は大好きなのですが。

と言うことで、本日は立って聴いた(2)が収穫でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 11:04| 東京 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「ドボルザーク:森の静けさ」(フォイアマン)

アナログ式テープ録音以前の録音をCDやLDで販売したものの中では、雑音除去ソフト等の過度の使用で高音部や生気が無くなったものや音が鈍かったり痩せてしまったもの、あるいは、グラフィックイコライザーの使用等により元の音のバランスとは異なるのではと思われるものも結構、見受けられるのですが、真空管の歪みとして二次高調波が発生することを利用して、”CDプレーヤー「SONY:CDP-XE700」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイル(24bit・48KHz)を作成し、パソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げて、高音部と生気を出すことを試みました。

その第101弾です。

<ドボルザーク:森の静けさ>
エマヌエル・フォイアマン(vc)、レオン・バージン指揮ナショナル・オーケストラル・アソシエーション

Dvorak_SilentWood_Feuermann_Barzin_NationalOrchestralAssociation_1941_Tube01J+GEQ.flac(54.0MB)
https://31.gigafile.nu/1205-k964b208db81efdb808f7364c06d75825

1941録音
日本フォノグラム 30CD-3069

2019.11. 4(月)削除予定
posted by matsumo at 18:39| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月 7日(日)の「下谷神社」の「大祭」の「本社神輿山車巡行」の映像

前述のごとく、2017. 5. 5(金)〜5/7(日)は上野駅近くの「下谷神社」(東京都台東区東上野3-29-8)の大祭で、と言っても、今年は陰祭りなのですが、最終日の2017. 5. 7(日)は「本社神輿山車巡行」が9時から行われるとのことで、撮影に行ってきました。本社の神輿は2年毎の本祭りの際は氏子の人達に担がれて氏子町内を渡御するのですが、陰祭りの時は山車の上に乗せられて巡行するのだそうで、今年はそれに当たると言う訳です。

「本社神輿山車巡行」の行列は9時に神社を出発し、行列は、細い道をつづれ折れ状態に進みながら、徐々に南下して行きます。行列の構成ですが、まずは、大きな太鼓、幡、神職、賽銭箱、山車に乗せた本社神輿(山車には祭囃子を演奏する人達も乗っています)、最後が神主さんです。

と言うことで、陰祭りだから地味なのは仕方がないかもしれませんが、天狗(猿田彦)はおりませんし、また、神主さんも馬に乗っていません。

この様子をコンパクトデジカメ「キヤノン:PowerShot SX20IS」の動画撮影機能を使用して、映像で撮影しました。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:26| 東京 ☀| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

2017年 5月21日(日)の「浅草神社・三社祭」の「本社神輿渡御」の映像(3)

前述のごとく、2017. 5.19(金)〜5/21(日)は、鴬谷駅近くの「元三島神社」、「小野照崎神社」及び「浅草神社」の大祭で、5/21(日)は、「小野照崎神社」では氏子町内神輿の連合渡御が、「浅草神社」では「本社神輿各町渡御」が行われたので、各々、コンパクトデジカメ「キヤノン:PowerShot SX20IS」の動画撮影機能を使用して、映像で撮影しました。内、浅草神社の本社神輿渡御の映像です。

ここの本社神輿渡御は、3基の本社神輿、すなわち、一之宮、二之宮及び三之宮がそれぞれ、西部、南部、東部地区をまわるので、鶯谷駅に近い場所をまわる一之宮を撮影することとしました。すなわち、8:45頃に、国際通りで花やしき通りからの延長線の交差点に着くと、ちょうど、一之宮の担ぎ手が交代している所でした。さすがに人は多いですが、それでも、いつもより少な目な感じです。8:50頃に神輿は発進し、国際通りを南下し、右折して、今度はかっぱ橋本通りを西方向に進みます。

行列の先頭は、天狗(猿田彦)、賽銭箱、大きな太鼓で、その後ろが町会役員、そして、本社神輿(一之宮)です。途中で担ぎ手の交代、すなわち、氏子町内から隣の氏子町内への引き渡しが行われますが、その際、神輿に飾られている紙垂(しで)が鳶職により交換されます。神輿はその後、かっぱ橋道具街の通りに出て、右折し、今度は北上しますが、そこで、10時近くなったので、撮影を終了としました。

と言うことで、かっぱ橋本通りより出て、かっぱ橋道具街を渡御している一之宮の映像です。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:04| 東京 ☀| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(111)

インターネット上にあった「盤 奇録」氏による「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第111弾です。

ジャック・ティボー(vn)(7ファイル)
https://drive.google.com/drive/folders/1byoT7TZiquIRi-fgi7sDuvrYO2-lEopE?usp=sharing
posted by matsumo at 17:50| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日(土)の「本郷給水所公苑」

posted by matsumo at 17:39| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

本「アレキサンドロ・デュマ著、鈴木力衛訳 ダルタニャン物語 将軍と2つの影」

アレキサンドロ・デュマ著、鈴木力衛訳「ダルタニャン物語 将軍と2つの影」(発行日:2001. 4.10、発行所:ブッキング)を読みました。

この本、単行本が大昔に出て、その後、文庫化されたのですが、そのいずれも入手できなくなったとのことで、ブッキングと言う所が購入者をつどって、そして、最初の出版社からのデータ(印刷版?)を使って、印刷・製本したもののようです。

と言うことで、今まで何回も読んだことがある本ですが、やはり、面白かったです。すなわち、これ、活劇なのですね。あ、話は追放されてしまった英国の王家を、ダルタニャン達が復活させると言うものです。

この話、どこまで史実を書いているのかわかりませんが、ともかく、読んでいて痛快ですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月21日(日)の「浅草神社・三社祭」の「本社神輿渡御」(一之宮)の映像(2)

前述のごとく、2017. 5.19(金)〜5/21(日)は、鴬谷駅近くの「元三島神社」、「小野照崎神社」及び「浅草神社」の大祭で、5/21(日)は、「小野照崎神社」では氏子町内神輿の連合渡御が、「浅草神社」では「本社神輿各町渡御」が行われたので、各々、コンパクトデジカメ「キヤノン:PowerShot SX20IS」の動画撮影機能を使用して、映像で撮影しました。内、浅草神社の本社神輿渡御の映像です。

ここの本社神輿渡御は、3基の本社神輿、すなわち、一之宮、二之宮及び三之宮がそれぞれ、西部、南部、東部地区をまわるので、鶯谷駅に近い場所をまわる一之宮を撮影することとしました。すなわち、8:45頃に、国際通りで花やしき通りからの延長線の交差点に着くと、ちょうど、一之宮の担ぎ手が交代している所でした。さすがに人は多いですが、それでも、いつもより少な目な感じです。8:50頃に神輿は発進し、国際通りを南下し、右折して、今度は合羽橋本通りを西方向に進みます。

行列の先頭は、天狗(猿田彦)、賽銭箱、大きな太鼓で、その後ろが町会役員、そして、本社神輿(一之宮)です。途中で担ぎ手の交代、すなわち、氏子町内から隣の氏子町内への引き渡しが行われますが、その際、神輿に飾られている紙垂(しで)が鳶職により交換されます。神輿はその後、合羽橋道具街の通りに出て、右折し、今度は北上しますが、そこで、10時近くなったので、撮影を終了としました。

と言うことで、合羽橋本通りを渡御している一之宮の映像です。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:53| 東京 ☀| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月 5日(土)の「国営昭和記念公園」(9)

posted by matsumo at 15:48| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月 5日(土)の「国営昭和記念公園」(8)

posted by matsumo at 15:45| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

本「野寺治孝+MOSH books著 今すぐ使える簡単mini Canon EOS R 基本&応用 撮影ガイド」

野寺治孝+MOSH books著「今すぐ使える簡単mini Canon EOS R 基本&応用 撮影ガイド」(発行日:2019. 5.25、発行所:(株)技術評論社)を読みました。

前述のごとく、私はこのミラーレスデジカメ「キヤノン:EOS R」の下位機種の「キヤノン:EOS RP」を持っているので、その使い方の参考にならないかと思って読んだのですが、やはり、下位機種と言うことで、削減された機能が結構あることと、また、メニューが結構、異なっていることより、期待した程の参考にはなりませんでした。

唯一、役にたったのは、メニューの深い階層、すなわち、「カルタム→C.RnIII操作・その他→7レンズなしレリーズ」にあるので、それがどこにあるのか、さっぱりわからなかったのが、この本を読んでわかったことでした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 12:58| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「メンデルスゾーン:バセット・ホルン、クラリネット及びピアノのための演奏会用小品第2番」(ウラッハ)

アナログ式テープ録音以前の録音をCDやLDで販売したものの中では、雑音除去ソフト等の過度の使用で高音部や生気が無くなったものや音が鈍かったり痩せてしまったもの、あるいは、グラフィックイコライザーの使用等により元の音のバランスとは異なるのではと思われるものも結構、見受けられるのですが、真空管の歪みとして二次高調波が発生することを利用して、”CDプレーヤー「SONY:CDP-XE700」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイル(24bit・48KHz)を作成し、パソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げて、高音部と生気を出すことを試みました。

その第100弾です。

<メンデルスゾーン:バセット・ホルン、クラリネット及びピアノのための演奏会用小品第2番>
フランツ・バルトセーク(バセットHr)、レオポルド・ウラッハ(cl)、イエルク・デムス(pf)

Mendelsshn_CocertoPieces_for_BassetHorn_Clarinet_Piano_No2_Wlach_Bartosek_Demus_1950_Tube01J+GEQ.flac(76.9MB)
https://27.gigafile.nu/1205-i81b21ea2eeddbfe4ca182f58d5c048ec

1950録音
MCA Records 32XK-2

2019.11. 1(金)削除予定
posted by matsumo at 12:26| 東京 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 9月24日(日)の「向島百花園」(2)

posted by matsumo at 12:23| 東京 ☔| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

本「かげはら史帆著 ベートーヴェン捏造 -名プロデューサーは嘘をつく-」

かげはら史帆著「ベートーヴェン捏造 -名プロデューサーは嘘をつく-」(発行日:2018.10.15、発行所:柏書房(株))を読みました。

さて、感想ですが、つまらなかったです。と言うか、ベートーベンの秘書みたいな者だったシンドラーが、氏が表したベートーベンの伝記等で如何に嘘をついていたか、また、ベートーベンの会話帳を如何に改変したのかと言うことを読みたくてこの本を読んだのですが、シンドラーはベートーベンを理想の人物として売り出すために種々の改変や創作を行い、そのためもあってベートーベンがその死後でも演奏されるようになった、すなわち、名プロデューサーであったと言う結論では、読んでいてガッカリです。私は、会話帳をどのように改変を行い、あるいは、ベートーベンの暗い部分、すなわち、偉大な作曲家と言うイメージを損なうものとしてどのようなことが書かれていたのかと言うことを知りたかったのですが、そのようなことは「運命の主題」の説明は嘘であった等、多少は書かれていましたが、その量が圧倒的に少なすぎです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:32| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・LD”ジョルダーノ:歌劇「アンドレア・シェニエ」”(カプアーナ指揮)

アナログ式テープ録音以前の録音をCDやLDで販売したものの中では、雑音除去ソフト等の過度の使用で高音部や生気が無くなったものや音が鈍かったり痩せてしまったもの、あるいは、グラフィックイコライザーの使用等により元の音のバランスとは異なるのではと思われるものも結構、見受けられるのですが、真空管の歪みとして二次高調波が発生することを利用して、”LDプレーヤー「パイオニア:DVL909」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイル(24bit・48KHz)を作成し、パソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げて、高音部と生気を出すことを試みました。

その第99弾です。

<ジョルダーノ:歌劇「アンドレア・シェニエ」>
フランコ・カプアーナ指揮NHK交響楽団

<第1幕>
Giordano_AndreaChenier_Act1_FrancoCapuana_NHKso_1961A_Tube01J+GEQ.flac(310MB)
https://23.gigafile.nu/1205-j10eafe0e645f0baebd1ad045079eebb4

<第2幕>
Giordano_AndreaChenier_Act2_FrancoCapuana_NHKso_1961A_Tube01J+GEQ.flac(291MB)
https://23.gigafile.nu/1205-je4465739ede1ae4d8252c336896c329c

<第3幕>
Giordano_AndreaChenier_Act3_FrancoCapuana_NHKso_1961B_Tube01J+GEQ.flac(411MB)
https://23.gigafile.nu/1205-kc75809e2e16d5f26cbceb946210f7f25

<第4幕>
Giordano_AndreaChenier_Act4_FrancoCapuana_NHKso_1961B_Tube01J+GEQ.flac(152MB)
https://23.gigafile.nu/1205-m7172340cd303534a2113fdbb92a855b9

<出演者>
https://7.gigafile.nu/1031-d700b1b82df9a65be53c845557348e628

<曲目>
https://7.gigafile.nu/1031-c59bcb4bd7802cb8268d4fca848b9379e

1961録音
キングレコード 873L16

2019.10.31(木)削除予定
posted by matsumo at 17:08| 東京 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月 5日(土)の「国営昭和記念公園」(7)

posted by matsumo at 16:02| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする