2019年09月30日

2019年 9月28日(土)の”第266回 まちかどコンサート 山田武彦 ピアノ・リサイタル”

2019. 9.28(土)、上中里駅近くの「滝野川会館・1階大ホール」にて、”第266回 まちかどコンサート 山田武彦 ピアノ・リサイタル「サロン的な小品集」 〜音楽とそれにまつわるストーリー〜”を聴いてきました。

190930ZD.jpg

聴衆の入りは150名位で、演奏された曲は以下です。

(1)エルガー:愛の挨拶
(2)ウェーバー:舞踏への勧誘
(3)ショパン:ピアノ曲集
(4)オネゲル:パシフィック231(山田武彦編)
(5)リスト:メフェスト・ワルツ第1番
(6)ドゥーセ:ショピナータ
山田武彦(pf)

さて、感想ですが、(1)(2)はまあまあの演奏で、(3)は山田氏のおしゃべりと解説が多いため、幾つか演奏されたショパンの曲は前の方だけの状態で、1曲でも良いから、全曲を聴かせて欲しいと思いました。

(4)(5)はあまり私の趣味ではないのですが、技巧的にはすごかったです。

(6)はアンコール曲ですが、ショパンの曲の旋律をうまく利用したもので、ショパンの旋律を知っている者にとっては、聴いていてニコニコしてしまう曲でした。

と言うことで、本日は(6)を聴けて良かったです。なお、この曲、私は初めて聴いたのですが、山田氏によると極めて珍しい曲とのことでしたが、Youtubeに結構、演奏がupされていました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:16| 東京 ☀| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の入手品

最近の入手品です。

190930ZE.jpg

まずは、秋葉原のヨドバシカメラで、税込み18,930円で入手したキヤノンのEFマウント用の単焦点交換レンズ「EF40mmF2.8 STM」です。これ、日本amazonでは送料税込み17,380円ですので、ヨドバシですと、ポイントが10%付くので、実質、17,037円と300円程、安くなります。

190930ZF.jpg

日本amazonより、送料税込み11,676円で入手した、キヤノンのEFマウントのレンズを、先日、入手したレンズ交換式ミラーレスデジカメ「キヤノン:EOS RP」で使用するためのマウントアダプターです。使う状態にしたところです。

190930ZG.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:10| 東京 ☀| Comment(2) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年 9月27日(金)の「権現堂堤」(2)

posted by matsumo at 15:01| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

2019年10月 1日(火)は「都民の日」で、以下の有料施設が無料です

2019.10. 1(火)は「都民の日」で、都民以外の方を含めて、以下の都立の有料施設が無料になります。その際、身分証明書等は不要です。

<庭園>
浜離宮恩賜庭園、旧芝離宮恩賜庭園、六義園、小石川後楽園、旧岩崎邸庭園、向島百花園、清澄庭園、旧古河庭園、殿ヶ谷戸庭園

<動物園・植物園・水族館>
上野動物園、多摩動物公園、葛西臨海水族園、井の頭自然文化園、神代植物公園、夢の島熱帯植物館、東京港野鳥公園

<美術館・博物館等>
東京都美術館(「伊庭靖子展 まなざしのあわい」)、東京都庭園美術館(庭園)、東京都写真美術館(「TOPコレクション」、「しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像」、「イメージの洞窟」)、東京都現代美術館(「MOTコレクション」)、江戸東京博物館(常設展)、江戸東京たてもの園

しかしながら、来週の天気はあまり期待できないようですので、10/1(火)はもしかして雨が降っているかもしれません。

なお、上記とは別な話ですが、「国営昭和記念公園」は10/20(日)と10/27(日)は「秋の都市緑化月間」と言うことで入園料無料で、「葛西臨海水族園」は10/10(木)が「開園記念日」で入園料無料です。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 09:40| 東京 ☁| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の入手品

最近の入手品です。

190929ZG.jpg

すなわち、日本amazonより送料税込み2,200円で入手したマウントアダプター「GUTTY:M42- EOS RF」です。これ、勿論、先日、入手したフルサイズ・ミラーレスデジカメ「キヤノン:EOS RP」に、旭光学等のM42スクリューマウントのレンズを取り付けて撮影するためです。

190929ZH.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 09:36| 東京 ☁| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年 9月28日(土)の「旧古河庭園」

posted by matsumo at 09:18| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

2019年 9月23日(水)の「滝野川会館プチコンサート」

2019. 9.23(月)、上中里駅近くの「滝野川会館・1階大ホール」にて、「滝野川会館プチコンサート」を聴いてきました。

190928ZS.jpg

聴衆の入りは150名程度で、演奏された曲は以下です。

(1)シューマン:子供の情景
(2)シューマン:ピアノソナタ第2番
横山理恵(pf)

さて、感想ですが、(1)は全曲ではなく、その一部と言うか、半分位を演奏した方が良いと思いました。すなわち、半分位にすれば、良い曲になるのにと思いました。

(2)は多分、初めて聴いた曲ではないかと思いますが、ソナタとは思えないような曲ですね。すなわち、ベートーベンのピアノソナタとは全く異なります。確かにシューマンらしいと言えばシューマンらしい曲だと思いますが、残念ながら私の趣味ではありませんでした。

と言うことで、本日は(1)の一部を聴けたことが収穫でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:49| 東京 ☀| Comment(2) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年 9月25日(水)の「コ−トールド美術館展 魅惑の印象派」

2019. 9. 25(水)、上野駅近くの「東京都美術館」にて、「コ−トールド美術館展 魅惑の印象派」を観てきました。

190928ZQ.jpg

開館の10分前の9:20頃に着いたのですが、入口付近で待っていたのは20人程で、そこに並んで待ちます。

190928ZR.jpg

9:25に開館、列のままエスカレーターで下って、地下1階の館内に入りましたが、そこで10名程が切符売場に並んだり、他の美術展の会場に行ったりしたので、結局、「コ−トールド美術館展 魅惑の印象派」に並ぶと、9番目になっていました。そして、9:31に開場、早速、中に入ります。会場は地下1階、1階、2階の3つ分かれ、エスカレーターで上に上っていく仕組みになっています。

さて、感想ですが、地下1階は私があまり好きではないセザンヌのものがメインで、まあ、我慢できるかなあと思ったのは「セザンヌ:カード遊びをする人々」位でした。

エスカレーターで1階に上ると、こちらはルノアール等がメインで、地下1階に比べてまともな絵が多く、この階のものが一番でした。すなわち、大きな絵「マネ:フォリー=ベルジェールのバー」は描かれている女性は私の趣味ではありませんが、鏡に写っている背景を含めてまあまあだと思います。後、「ルノアール:桟敷席」、これはこの展覧会では最も良かったです。「ドガ:舞台上の二人の踊り子」も中々、良かったです。「ルノアール:靴紐を結ぶ女」も良かったです。このほか、「マネ:草上の昼食」、これ、ルーブルにあるものの習作とされているものだそうですが、こちらは女性が気持ち悪く描かれてます。そして、エスカレーターで2階に行きますが、こちらにはゴーギャン等の気持ち悪い絵のほか、ロダンによる青銅の像もありました。

と言うことで、本展覧会、あまり私の趣味に合う絵は無かったのですが、感性は人によって異なりますので、良いと言われる方も沢山、いらっしゃると思います。この展覧会、12/15(日)まで行われているので、ご興味ある方は、行かれて下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:26| 東京 ☀| Comment(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

本「逢坂剛著 平蔵狩り」

逢坂剛著「平蔵狩り」(発行所:2016.12.10、発行所:(株)文藝春秋)を読みました。これは文春文庫の1冊で、、「寄場の女」、「刀の錆」、「仏の玄庵」、「平蔵狩り」、「鬼殺し」、「黒法師」の7編の短編が収録されています。

さて、感想ですが、前回、読んだ「平蔵の首」で慣れたためか、結構、楽しく読むことができました。こちらも、「平蔵の首」と同様に、平蔵は人に顔が見られないように基本的に役宅に籠もっていて、部下達に取り締まりをやらせていると言う設定です。池上正太郎のだと、平蔵は刀を持って戦うのでTVドラマにしやすいのでしょうが、この逢坂版では難しいでしょうね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:36| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年 9月25日(水)の「東京文化会館 上野 de クラシック Vol.33」

2019. 9.25(水)m上野駅近くの「東京文化会館・小ホール」にて、「東京文化会館 上野 de クラシック Vol.33」を聴いてきました。

190928ZE.jpg

聴衆の入りはほぼ満席で、演奏された曲は以下です。

(1)ロッシーニ:饗宴
(2)ロッシーニ:亡命者
(3)ベッリーニ:追憶
(4)ロッシーニ:踊り
(5)ロッシーニ:歌劇「アルジェのイタリア女」より「愛する人に恋焦がれ」
(6)ドニゼッティ:歌劇「ラ・ファヴォリータ」より「清らかな天使」
(7)ロッシーニ:歌劇「泥棒かささぎ」より「おいで、この腕の中に」
(8)ドニゼッティ:歌劇「連隊の娘」より「ああ友よ、なんと素晴らしい日」
(9)小林秀雄:落葉松
 小堀勇介(T)、久保山菜摘(pf)

(1)〜(8)はベルカント唱法で力一杯歌うと言う感じの歌で、いずれも素晴らしい演奏でした。ともかく、聴いていて気持ちが良くなる演奏でした。

(9)は勿論、アンコール曲で、日本人歌手による日本歌曲は気持ち発声であることが多いのですが、小堀氏の歌は日本語の発声で素晴らしい演奏でした。

と言うことで、本日は聴きに行って良かった演奏会でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:20| 東京 ☀| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年 9月27日(金)の「権現堂堤」(1)

posted by matsumo at 15:57| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

2019年 6月 9日(日)の「鳥越神社」の「鳥越祭」の氏子町内「宮元」の神輿渡御の映像

前述のごとく、2019. 6. 8(土)及び6/9(日)は地下鉄「蔵前駅」近くの「鳥越神社」(東京都台東区鳥越2-4-1)の大祭「鳥越祭」で、6/9(日)は千貫神輿と言われている4トン近い重量の本社の神輿が氏子町内全部をまわるほか、氏子町内の神輿もその氏子町内をまわるので、鳥越神社近くの宮元の大人神輿をアクションカメラ「HDCool:HCN5000」を使用して、映像を撮影しました。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:05| 東京 ☁| Comment(2) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年 9月26日(木)の「皇居東御苑」(1)

posted by matsumo at 17:58| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

本「逢坂剛著 平蔵の首」

逢坂剛著「平蔵の首」(発行日:2014. 9.10、発行所:(株)文藝春秋)を読みました。これは文春文庫の1冊で、「平蔵の顔」、「平蔵の首」、「お役者菊松」、「繭玉おりん」、「風雷小僧」、「野火止」の6つの短編が収録されていました。

さて、「長谷川平蔵」物としては、池上正太郎の著作「鬼平犯科帳」が有名ですが、どうしても、それと比較してしまいます。両者を比較すると、池上氏のは明るく開放的な感じで、平蔵は刀を持って盗賊達をやつけるのですが、逢坂氏のは非常に固い感じの上、平蔵は部下に平蔵役をやらせて、自分は陰に隠れていると言う設定なのが違和感です。折角、書くのでしたら、池上氏の続編と言う形の方が良かったと思いました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:35| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP”ベルディ:歌劇「仮面舞踏会」”(セラフィン指揮)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしましたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは10/2(水)に削除予定です。

<ベルディ:歌劇「仮面舞踏会」>
トゥリオ・セラフィン指揮ローマ歌劇場管弦楽団
1943年録音
LPレコード SERAPHIM IB-6026

<第1幕>
Verdi_Un_ballo_in_maschera_Act1_TullioSerafin_RomeOperaHouseO_1943A_B.flac(174MB)
https://15.gigafile.nu/1030-o972ca0d4367720e0fdee67d10cb78421

<第2幕>
Verdi_Un_ballo_in_maschera_Act2_TullioSerafin_RomeOperaHouseO_1943B_C.flac(99.6MB)
https://15.gigafile.nu/1030-ce6ac22e0d35c40ad5a47e5a10a679cc5

<第3幕>
Verdi_Un_ballo_in_maschera_Act3_TullioSerafin_RomeOperaHouseO_1943C_D.flac(166MB)
https://8.gigafile.nu/1030-idf994800d4b7d32ad2b09ba707dd21ec

出演者
https://6.gigafile.nu/1002-d21aad072aca7b65e207da1c0f106456b

2019.10. 2(水)削除予定
posted by matsumo at 18:13| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年 9月15日(日)の「小石川後楽園」

posted by matsumo at 18:06| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

LP”シューベルト:劇音楽「ロザムンデ」抜粋”(モントゥー指揮)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしましたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは10/1(火)に削除予定です。

<シューベルト:劇音楽「ロザムンデ」抜粋>
(序曲・間奏曲変ロ長調・舞踊音楽第1番・舞踊音楽第2番)
ピエール・モントゥー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
1957年録音
LPレコード キングレコード GT9031

Schubert_Rosamunde_Highlight_Monteus_Vienna_po_1957A.flac(116MB)
https://www.dropbox.com/s/yhvm44b9hmkhx91/Schubert_Rosamunde_Highlight_Monteus_Vienna_po_1957A.flac?dl=0
2019.10. 1(火)削除予定
posted by matsumo at 16:49| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年 9月24日(火)の「向島百花園」(1)

posted by matsumo at 16:43| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

25cmLP・10枚組ボックス「こどもクラシック」を入手

秋葉原のジャンク街にある「ハードオフ」ジャンク館にて、送料税込み108円で25cmLP・10枚組ボックス「こどもクラシック」(発売:学習研究社。PLS-1041/50)を入手しました。

こどものクラシック10枚組LP01.jpg

こどものクラシック10枚組LP02.jpg

これ、曲目や演奏者等はLPのレーベルにしか記載されていないので、これではわかりにくいので、全10枚に収録されている曲のリスト「こどものクラシック.jtd」を作成しました。
これはワープロソフト「一太郎」で作成したものですが、もし、本LPボックスをお持ちで、まだ、リストを作られていない方がいらっしゃいましたら、以下のフォルダ内にありますので、ダウンロードの上、印刷してお使い下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/1ZhOrI0Jnabb3hhx_RBmweedCAOTrSkph?usp=sharing
posted by matsumo at 15:56| 東京 ☀| Comment(2) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

フルサイズミラーレスデジカメ「キヤノン:EOS RP」に取り付けるRFマウントレンズのリアキャップ4個を入手

最近の入手品です。

190922ZI.jpg

すなわち、フルサイズミラーレスデジカメ「キヤノン:EOS RP」に取り付けるRFマウントレンズのリアキャップ4個で、秋葉原のヨドバシカメラにて税込み387円×4個=1,548円で入手したものです。

私はペンタックスKマウントやライカMマウントレンズをEOS RPで使用するためのマウントアダプターを持っていますが、入手した時は本体のみで、リアキャップ等が付いていなかったため、レンズにマウントアダプターを付けて持ち歩く場合、リアキャップが無いとゴミ等が入ってしまうため、それを予防するために入手しました。

それにしても、このリアキャップの大きさには驚きました。私が沢山持っているKマウント用のレンズリアキャップの直径は52mm程ですが、このRFマウント用の直径は15mmも大きな67mm程もあります。ソニーのフルサイズ用のEマウントの直径は小さすぎるので有名ですが、キヤノンのRFマウントはおそらくフルサイズ用で最も大きな直径ではないかと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:11| 東京 ☀| Comment(2) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする