2019年04月30日

本「鶴我裕子著 バイオリニストは弾いていない」

鶴我裕子著「バイオリニストは弾いていない」(発行日:2016.11.30、発行所:河出書房新社)を読みました。

さて、感想ですが、まあまあでした。著者の鶴我はNHK交響楽団のバイオリン奏者だった人ですが、定年退団後は全く、バイオリンを弾いていないそうで、この辺り、ウィーンフィルの楽員の人達が定年退団後も方々で弾いているのと随分違っている、すなわち、もしかして、鶴我氏は当初はバイオリンが好きだったが、止める頃には嫌いになっていたのかなあ、ううん、残念なことだと思いました。

あ、この本の内容はNHK交響楽団を退職した後の生活状況と、昔の思い出が書かれているもので、「昔は良かった、奏者は今ほどは技術的にうまくはなかったが、偉い指揮者の下で真剣に演奏していた、今の指揮者はフレンドリーになりすぎで、指揮者は偉い人であって欲しい」と言うのはもっともだと思いました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:44| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP”ジョスカン・デ・プレ:ミサ「パンジェ・リングア」”(ケープ指揮)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしましたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは5/8(水)に自動的に削除されます。

<ジョスカン・デ・プレ:ミサ「パンジェ・リングア(舌よ、褒めたたえよ)」>
サフォード・ケープ指揮プロ・ムジカ・アンティクゥ

JpsquinDesprez_MissaPangeLingua_SaffordCape_ProMusicaAntiqua_1960A.flac(122MB)
https://1.bitsend.jp/download/b29c18b15674c6fcbffa3459981981c9.html

1960年録音
LPレコード 日本グラモフォン 198171

2019. 5. 8(水)自動削除見込

上記のURLをクリックしてもダウンロード画面にならない場合は、時間を置いて同様の操作をして下さい。
posted by matsumo at 15:31| 東京 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(80)

インターネット上にあった「盤 奇録」氏による「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第80弾です。

ファニー・ディビーズ(pf)(1ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1q4Ro33wFBrEGeGBjbLbhTyRK8YnSL3WN?usp=sharing
posted by matsumo at 18:36| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学校の英語教科書のソノシートのWAVEファイル化

私はソノシート、すなわち、直径17cm・20cm位で厚さが0.5〜1mm位のLPレコードを収集しており、合わせてせて200枚以上ありそれらのWAVEファイル化を行っています。また、きちんと管理しなければまずいと思って、現在、その目録を作っている最中です。この一環で、20年振り位に、押入に入っている段ボール箱を開けたら、何と、中学校の英語の教科書をソノシートにしたものが見つかりました。と言っても、私が中学生の時に入手したものではなく、大人になってから、神田神保町の古本屋さんで入手したもので、そのことをすっかり、忘れていました。

これ、2分冊になっており、第1巻には17cm両面ソノシートが22枚、第2巻には17cm両面ソノシートが20枚入っているものでしたが、

190429ZP.jpg

190429ZQ.jpg

ソノシートが入っている透明ビニール袋の経年変化により、袋部分から可塑剤らしいものが染み出て、ソノシートが油で濡れたような感じになっていました。このため、2日間ほどかけて、まずは、無水アルコールで盤面を拭き、見かけを綺麗にしてから、LPプレーヤーで再生し、

190429ZR.jpg

それをプリアンプのフォノイコライザーを通して、WAVEレコーダーに録音して、WAVEファイル化しました。そのWAVEファイルをパソコンに移動し、音声ファイル編集ソフトの「Audacity」と「Sound it!」で盤面の傷やゴミによるクリックノイズを取り除いて、音声ファイル84個が完成しました。

さすがに中学生用のものですので、英語の発音もクリアーで聴きやすいです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:05| 東京 ☁| Comment(2) | オーディオ・AV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

2011年10月14日(金)の「赤羽自然観察公園」の大きな写真

前述のごとく、2011.10.14(金)は赤羽駅の西側で、駅より徒歩20分位の所にある「赤羽自然観察公園」に行き、茅葺き屋根の農家をソフトフォーカスレンズで撮影しました。その写真2枚です。

190428ZF.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=c085630b-a393-4c47-b736-268bd89146fd

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:29| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(79)

インターネット上にあった「盤 奇録」氏による「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第79弾です。

フランシス・プランテ(pf)(2ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1JXB972XV7tIjqDucVc8Cg54aAt87jcD3?usp=sharing
posted by matsumo at 18:19| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年 4月27日(土)の「小石川後楽園」

posted by matsumo at 17:04| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

2011年10月27日(木)の「高尾山→紅葉台→一丁平→小仏城山」の大きな写真

前述のごとく、2011.10.27(木)は、「京王電鉄・高尾山口駅→高尾山→紅葉台→一丁平→小仏城山→京王電鉄・高尾駅」と歩きましたが、その途中で撮った写真3枚と赤外線写真9枚です。

190427ZG.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=53889aa5-6d5c-4bd8-8459-33dc39633094

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:34| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「レオ・スレザークの素敵な世界」のup音源ファイル(78)

インターネット上にあった「盤 奇録」氏による「レオ・スレザークの素敵な世界」にupされていた音源ファイルの第78弾です。

ワンダ・ランドフスカ(hpsi)(5ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1PnDgTumDepAc4HPHFYSZKG4UqTdeggQ4?usp=sharing
posted by matsumo at 18:32| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年 4月25日(木)の「六義園」(3)

posted by matsumo at 18:07| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年 4月25日(木)の「六義園」(2)

posted by matsumo at 15:40| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

本「石井正則著 駄カメラ大百科」

石井正則著「駄カメラ大百科」(発行日:2018. 7.31、発行所:(株)徳間書店)を読みました。

さて、感想ですが、まあまあでしとた。これ、著者が「駄カメラ」と称するカメラを紹介したものすごく分厚い文庫本です。この駄カメラと言うのは「ダメなカメラ」と言う意味ではなく、「駄菓子」に通じるもので、著者の定義だと、3000円以下で入手できる中古のフィルム式カメラだそうです。

でも、私に言わせれば、1000円以下で入手できる中古のフィルム使用のコンパクトカメラとした方が良いのではと思いました。と言うのは、今時、フィルム式のコンパクトカメラを3000円で入手ではあまりに高過ぎです。

加えて、この本で紹介されていた駄カメラの中には、プラスティック製のコンパクトカメラ以外に、一眼レフカメラの「ミノルタ:α9xi」、「ミノルタ:α3xi」及び「コニカ:FS-1」も入っており、これらいくら3000円以下で入手できたとは言え、駄カメラに分類するのはひどすぎるのではと思いました。

しかしながら、私にとってはショックだったのが、私も持っていると言うか、発売当時に新品で入手した「リコー:R1S」が入っていたことで、これ、当時もおそらく今も、フィルム式コンパクトカメラで最も薄いもので、また、ちょっと手を加えることにより、準広角レンズでの写真も撮れると言うものなのですが、デザインも悪くないのに、駄カメラとして紹介されていたからです。

ううん、この手の本、やはり、自分が持っているカメラは褒めて欲しいですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:27| 東京 🌁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月 3日(月)の「上野公園」内の「上野大仏」がある小山の斜面の大きな写真

前述のごとく、2011.10. 3(月)は上野駅近くの「上野公園」に行き、「上野大仏」がある小山の斜面に行くと、沢山の「彼岸花」が咲いていました。

190426ZN.jpg

そこで撮った普通の写真4枚です。

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=728034b7-7183-4e3d-a3c8-f3877a99747a

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

なお、ここの彼岸花はこの年が最高で、その次の年からはドンドン、減り続け、今は見る影も無くなってしまいました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:10| 東京 🌁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年 4月25日(木)の「六義園」(1)

posted by matsumo at 18:54| 東京 🌁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

本「福知怜著 新装版 タイタニック号99の謎」

福知怜著「新装版 タイタニック号99の謎」(発行日:2012. 4.10、発行所:(株)二見書房)を読みました。これは二見文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。確かにタイタニック号には色々な謎があるようで、特に、タイタニック号の船長は、それまでに座礁等も起こしたことがある人だったようで、そのような前歴の船長が、よくぞ、タイタニック号の船長になれたのだと感心しました。後、映画「タイタニック」でも描かれていたと思いますが、船の中は1等、2等、3等と分かれており、それぞれに行き来は原則、できないようになっており、タイタニック号が氷山にぶつかった時も、3等の客が他の所に行く扉は閉められ、1等、2等の区域を通って避難することはできない仕組みになっていたのだそうです。船賃は1等で575万円相当に比較して、3等は3万円相当だったのだそうですので、仕方がないのかもしれませんが。緊急の場合でも、やはり、高い金を払ったものを優先するのは当たり前だと思いますし。

また、客の半分は3等だったのだそうで、タイタニック号は豪華客船と言うイメージが強いのですが、実際は移民船と言っても良い感じだったのですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:07| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD”ラフマニノフ:交響詩「死の島」”(ミトロプーロス指揮)

アナログ式テープ録音以前の録音をCDやLDで販売したものの中では、雑音除去ソフト等の過度の使用で高音部や生気が無くなったものや音が鈍かったり痩せてしまったもの、あるいは、グラフィックイコライザーの使用等により元の音のバランスとは異なるのではと思われるものも結構、見受けられるのですが、真空管の歪みとして二次高調波が発生することを利用して、”CDプレーヤー「SONY:CDP-XE700」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイル(24bit・48KHz)を作成し、パソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げて、高音部と生気を出すことを試みました。

その第74弾です。

<ラフマニノフ:交響詩「死の島」>
ドィミトリ・ミトロプーロス指揮ミネアポリス交響楽団
1945録音
SONY MUSIC 88883732732

Rachmaninoff_TheIsle_of_theDead_Mitropoulos_Minneapolis_so_1945_Tube01J+GEQ.flac(197MB)
https://www.dropbox.com/s/tjek4uryfjf3bmz/Rachmaninoff_TheIsle_of_theDead_Mitropoulos_Minneapolis_so_1945_Tube01J%2BGEQ.flac?dl=0

2019. 5. 2(木)削除予定

<上記のflacファイルのダウンロード方法>
上記のURLをクリックして、DropBoxのページに行き、画面に表示されている「ダウンロードボタン」をクリック、更に、「直接ダウンロード」をクリックすると、DropBoxログイン画面が表示されますが、それを無視して、再度、「ダウンロードボタン」をクリックすれば、flacファイルがダウンロードできます。
posted by matsumo at 15:47| 東京 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

2011年12月25日(日)の「板橋区立赤塚植物園」の「シモバシラ」の大きな写真

前述のごとく、2011.12.25(日)は地下鉄「地下鉄赤塚駅」より20分程、北上した所にある進んだの「板橋区立赤塚植物園」に行き、朝方にできた「シモバシラ」の撮影をしてきました。

190424ZB.jpg

そこで撮った普通の写真10枚です。

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=eaec90df-ab7d-4e47-8ebf-268ed354a4c9

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:31| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「ケルビーニ:レクイエム ハ短調」(トスカニーニ指揮)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしましたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは5/8(水)に自動的に削除されます。

<ケルビーニ:レクイエム>
アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団、ロバート・ショウ合唱団
1950年録音
LPレコード 日本ビクター VRA-2043

Cherubini_Requiem_Toscanini_NBCso_1950A_B.flac(154MB)(録音時のハム音有り)
https://1.bitsend.jp/download/c4c6a643268d91555509d879c9ada3ab.html
2019. 5. 8(水)自動削除見込み

上記のURLをクリックしてもダウンロード画面にならない場合は、時間を置いて同様の操作をして下さい。
posted by matsumo at 18:07| 東京 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

2018年10月10日(水)の「虎ノ門 金刀比羅宮」の「大祭」で奉納された「和太鼓」の映像

前述のごとく、2018.10.10(水)は地下鉄「虎ノ門駅」近くの「虎ノ門 金刀比羅宮」(東京都港区虎ノ門1-2-7)の大祭で、「大祭式」が12時、「おかめ・ひょっとこ民踊行列」が11時・14時、「里神楽奉納」が10時・13時・16時から行われました。

まずは、13時から神楽殿で行われる「里神楽奉納」ですが、拝殿内で行われている「大祭式」が長引いていることから、始まりません。そして、13:10頃にようやく大祭式が終わったので、やれやれ、ようやく始まるのかと思っていたら、何と、民謡が奉納されるとのことで、神楽殿で踊りが始まったので、映像を撮影します。民謡による1人踊りは4曲が奉納されました(踊った人はそれぞれ、別人です)。

13:30頃からようやく、本日の目的の1つの里神楽が始まります。今回、演じられたのは「稲荷山」の一部で、演じているのはいつもの通り、「相模流 里神楽 萩原正義」一座です。13:55頃に終わり、14時より「おかめ・ひょっとこ民踊行列」が始まります。先頭は、銅鑼をもった白っぽい衣装と袴を着た人、その次が天狗(猿田彦)、 恵比寿天、 大黒天、白狐、 楽隊、 そして、ひょっとことおかめです。行列は大通りに面した鳥居より始まり、境内を横切って虎ノ門病院がある通りまで進み、少し、戻って、拝殿前に行き、先頭の4名が並んでお参りし、その後、縁起物として、撮影タイムになります。その後、行列は神楽殿前に進み、「ひょっとこの踊り・にんば総踊り」が始まります。

次に、神楽殿前にて、先程、民謡を踊った人達により、今度は集団での民謡踊りが、3曲踊られます。これで終わって、大黒の踊りに行くのかと思っていたら、今度は神楽殿の舞台上で和太鼓の演奏が始まり、こちらも3曲が演奏されます。こちらは舞台での演奏ですので、コンパクトデジカメ「キヤノン:PowerShot SX20IS」の動画撮影機能を使って映像を撮影しました。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:37| 東京 ☀| Comment(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「シェーンベルク:浄められた夜」(セバスチャン指揮)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしましたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、これらのファイルは4/30(火)に削除予定です。

<シェーンベルク:浄められた夜>
Schoenberg_VerklarteNacht_GeorgeSebastian_Gewandhaus_O_1965A.flac(135MB)
https://www.dropbox.com/s/uvupps2xz67jyiv/Schoenberg_VerklarteNacht_GeorgeSebastian_Gewandhaus_O_1965A.flac?dl=0

ジョルジュ・セバスティアン指揮ゲヴァントハウス管弦楽団
1965年録音
LPレコード  東芝音楽工業 AA7631

2019. 4.30(火)削除予定

<上記のflacファイルのダウンロード方法>
上記のURLをクリックして、DropBoxのページに行き、画面に表示されている「ダウンロードボタン」をクリック、更に、「直接ダウンロード」をクリックすると、DropBoxログイン画面が表示されます。それを無視して、再度、「ダウンロードボタン」をクリックすれば、flacファイルがダウンロードできます。
posted by matsumo at 18:09| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする